正味

正味(しょうみ)」とは、書籍の仕入れ値のこと。
出版社が取次に販売(卸売り)する値段を「版元出し正味」、取次が書店に販売する値段を「出し正味」という。
例えば、正味が本体価格(1000円)の67%の場合、1000円の本を出版社が取次に卸すと670円が取次から出版社が支払われる。
この670円が出版社の取り分となる。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

出版・書店用語 出版取次用語 本の用語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。車とキャンプのYouTubeもやってます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB