正味

正味(しょうみ)」とは、書籍の仕入れ値のこと。
出版社が取次に販売(卸売り)する値段を「版元出し正味」、取次が書店に販売する値段を「出し正味」という。
例えば、正味が本体価格(1000円)の67%の場合、1000円の本を出版社が取次に卸すと670円が取次から出版社が支払われる。
この670円が出版社の取り分となる。

出版・書店用語出版取次用語本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー