活版印刷

活版印刷(かっぱんいんさつ)」とは、活版で印刷すること。また、その印刷物のこと。
活版印刷はドイツのヨハネス・グーテンベルクが発明したと言われている。
活版印刷の発明はルネサンスの三大発明とも言われている。
活版印刷の普及以前は、書物は写本による複製が一般的であったが、活版印刷の普及によって書物が広く読まれるようになった。

出版・書店用語本の用語編集・製作の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

読書コーディネーター。1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む、無類の読書好き。書店と出版社での仕事を経験後、読書コーディネーターとしてWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー