番線

番線」とは、書店が取次との取引に使う番号のこと。
取次会社が各書店に番号を割り振る。
基本的に書店にスタンプ(番線印)があり、取次が書店に書籍を納品するときに番線を伝えることで書店を識別して配本している。
書店営業を行った際には、注文票などに番線印を押してもらい、出版社はその番号を元に取次経由で納品を行う。

基本的には1つの書店に対して1つの番線が割り振られるが、規模の大きな書店ではジャンルやフロアごとで番線が異なる。
また、客注番線と呼ばれる、客注品のみに使用される番線も存在する。

出版・書店用語 出版取次用語 書店実務 本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー