百田尚樹

「百田尚樹(ひゃくたなおき)」とは、日本の作家、小説家。
1956年2月23日、大阪市東淀川区生まれ。
同志社大学法学部中退後、放送作家となり『探偵!ナイトスクープ』のチーフ作家として番組制作を行っていた。

2006年の処女作『永遠の0』(太田出版、講談社)でデビューし、同作は100万部を突破し、映画化された。
2009年には『BOX!』(太田出版、講談社)を出版し、吉川英治文学新人賞にノミネートされ、第6回本屋大賞では5位に選ばれた。
2013年、『海賊と呼ばれた男』(講談社)で第10回本屋大賞を受賞した。

作家一覧出版・書店用語男性作家
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー