自費出版

「自費出版(じひしゅっぱん)」とは、書籍をはじめとするメディアにおいて、著者が自分で費用を出して出版すること。
いわゆる商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難である。
自由にコンテンツを出版することができるのが特長。

具体例としては、絵本や作品集・自分史などの出版に利用されることがある。自費出版を専門に扱う出版社も存在する。

自費出版は著者から料金を受け取り出版社が本を刊行することで収益を上げるビジネスモデルである。
商業出版とは違い、出版自体のリスクを著者が全て負うケースがほとんど。

出版・書店用語 本の用語
この記事をシェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

読書ブロガー。文章を書くのが好きです。読んだ人のタメになる書評記事を心がけています。 銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。英語学習と洋書多読も継続中。1年間の読書量は100冊ほどです。おかげさまで、読書ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。
くわしいプロフィール

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB