自費出版

「自費出版(じひしゅっぱん)」とは、書籍をはじめとするメディアにおいて、著者が自分で費用を出して出版すること。
いわゆる商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難である。
自由にコンテンツを出版することができるのが特長。

具体例としては、絵本や作品集・自分史などの出版に利用されることがある。自費出版を専門に扱う出版社も存在する。

自費出版は著者から料金を受け取り出版社が本を刊行することで収益を上げるビジネスモデルである。
商業出版とは違い、出版自体のリスクを著者が全て負うケースがほとんど。

出版・書店用語本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー