装丁(そうてい)

装丁(そうてい)」とは、製本の仕上げとして、書物の表紙・扉(とびら)・カバーなどを施し、本としての体裁を整えること。
また、表紙・裏表紙そのものを指すこともある。装丁を制作する人のことを「装丁家」などと呼ぶ。

出版・書店用語 本の用語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

読書ブロガー。 銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。英語学習と洋書多読も継続中。読んだ人のタメになる記事を心がけています。おかげさまで、読書ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。ビジネス書が好きです。

あゆむをフォローする



コトビー / KOTB