見本出し

見本出し」とは、出版社が新刊を取次の仕入窓口へ提出すること。
出版社が「こういう本が新刊で出ますので、書店への配本をお願いします」と説明をしに行く。
取次の仕入窓口の担当者は、出版社からの仕入れ希望部数とその見本をもとに仕入部数を決定する。
仕入れ部数が決まると、取次は出版社に部決(部数決定)の連絡を行い、新刊の搬入となる。

出版・書店用語出版取次用語出版社本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー