責任販売制

責任販売制(せきにんはんばいせい)」とは、出版に関わる三者(出版社・取次・書店)が仕入れや返品について一定の条件を守らなかった際にペナルティを課すという取り決め。

それぞれが取り決めを守るため、一般的に書店側に仕入れや返品について一定の条件を課す代わりに、マージンの引き上げや希望数を出荷するなどを与える取引方法のことを指す。

一般的な委託販売制度(書店側が売れない本は取次へ自由に返品できる制度)は書店側にリスクはないが、返品の増大は出版社に負担を強いる事となっていた。
そこで出てきたのが責任販売制である。
責任販売制はSCM銘柄を指定し、出版社・取次・書店が返品率や利益率などを取り決める。

出版・書店用語出版取次用語本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。現在の目標は1日1冊、洋書を読むこと。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー