買い切り

買い切り」とは書店が取次や出版社から仕入れを返品不可の条件で買い取ること。
委託販売制度では返品ができるが通常だが、一部の出版社(岩波書店など)や書籍は買い切り条件で仕入れることがある。
買い切りの商品は客注品にも適用される。客注品は読者が注文した商品のため、書店員の判断で仕入れたものでない。そのため不良在庫となる可能性がある。

また、出版社は委託制度による資金繰りをしているため、新刊を出すことにより自転車操業を行っている出版社にとっては買いきり制度が導入されると危機に陥る可能性がある。

出版・書店用語 出版取次用語 書店実務 本の用語
この記事をシェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

読書ブロガー。文章を書くのが好きです。読んだ人のタメになる書評記事を心がけています。 銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。英語学習と洋書多読も継続中。1年間の読書量は100冊ほどです。おかげさまで、読書ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。
くわしいプロフィール

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB