青空文庫

青空文庫」とは、日本国内において著作権が切れた作品を無料で読むことのできる、インターネット上の図書館。
著作権が切れていない場合でも、著作者が青空文庫へ使用を許諾すれば読むことができる。

青空文庫で閲覧できるのは、著者が亡くなって50年経過し、著作権が消滅した明治〜昭和初期にかけての蔵書が中心となっている。
作品はボランティアの手により電子化される。ファイル形式は青空文庫形式やHTML。
利用範囲はPCやPDA、携帯電話やスマートフォンなど幅広い。
モバイル端末ではiPhone、Android用にアプリが公開されている。

出版・書店用語 本の用語 電子書籍の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー