面陳

面陳(めんちん)」とは書籍の表紙を見えるようにして陳列すること。
書店の本棚の形状によっては、平積みにして陳列される。新刊本や売り上げの好調な本を陳列することが多い。
反対に棚に差すことを「棚差し」、「差し」と呼ぶ。

面陳は書店でより目にとまりやすいので、販売を伸ばすために行われる。
棚差しと面陳では本の売り上げが大きく異なるため、書店は売りたい本を厳選し、読者の目にとまるようにしている。

出版・書店用語 書店実務 本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー