B本(びーぼん)

B本」とは再販制度の流通にのらない、自由価格本のこと。バーゲンブック。
ゾッキ本

出版社が在庫過剰と判断して、見切り品として販売する本を指す。

バーゲンブックの正体 〜本当は怖い値引き本の話〜
原則、本屋は本を値引きして販売することが認められていません。 つまり、本屋が「この本、売れないから安く売っちゃおうかな...
よくわかる!再販売価格維持制度(再販制度)のメリットと仕組み
出版物(書籍や雑誌)の「再販売価格維持制度」についてわかりやすく解説します。なぜ再販維持制度は必要なのか?そのメリットとデメリットをくわしく説明します。
出版・書店用語 書店実務 本の用語
この記事をシェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

読書ブロガー。文章を書くのが好きです。読んだ人のタメになる書評記事を心がけています。 銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。英語学習と洋書多読も継続中。1年間の読書量は100冊ほどです。おかげさまで、読書ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。
くわしいプロフィール

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB