取次

取次(とりつぎ)」とは、出版社と書店の間をつなぐ流通業者。出版の卸売業。
出版社は取次に本を流通させ、書店は取次から本を仕入れるという委託販売制度を取り入れている。

国内の取次会社は100社あまりと推定されているが、実際のシェアは上位2社の日本出版販売(日販)トーハンで70%以上を占めている。

【国内主要取次会社】

404 NOT FOUND | 読書の記録
”読み手目線”の読書ブログ
帳合変更とは?あなたが知らない「出版取次」の仕事
日本では全国どこで本を買っても基本的に価格は同じです。 いまや当たり前になっている、この本の特徴も実は他の業界にはない特殊な制度や仕組みによって支えられています。 それが「取次」、「再販制度」、「委託販売制度」の3つです。 今回は「取次」と「再販制度」について、それぞれの仕組みと意味について考えてみたいと思います。 取次の主な役割とは? 出版業界は基本的に出版社・取次...