【今日の英語】助動詞 could で「可能性」や「願望」を表現する方法

【今日の英語】助動詞 could をどう使い分けるか?意味を正確に理解する毎日の英語学習記録
  • 【2020/06/06 今日の英語学習記録】
  • ・English Grammar in Use  Unit 26〜30
  • ・瞬間英作文アプリ 36〜40
  • ・Polyglotsで音読
  • 学習時間合計:2時間33分

今日の最大のトピックは、なんといっても助動詞。特にcouldには苦戦させられた。

couldは一般的にcanの過去形で「〜できた」と訳されることが多い。

でも、実際の会話ではcouldをcanの過去形で使うことは少ないらしい。

実際にはいろいろな意味を持っているので、「could = 〜できた」で覚えていると、会話はもちろん英語の文章も正確には読めないだろう。

というか、English Grammar in Useを読んで初めて知る用法が多すぎる。ここに来て、これまで受けてきた学校の授業は何だったんだろう?と思わずにいられない。日本の英語教育にますます不信感が募る…。

肝心のcouldについてだけど、用法がたくさんある。今日は特に「現実味のない可能性」についてまとめておく。

English Grammar in Useには could の用法として以下のような説明がある。

We also use could (not can) for actions that are not realistic.

これはつまり、realistic ではないときの行動を表すときに could が使えるということ。

  • For example,
  • ▪ I’m so tired. I could sleep for a week.
  • ▪ This is a wonderful place. I could stay here forever.

どららも現実的にありえない可能性(願望)ついての述べている。

もしこれを「〜できた」という意味で訳そうとしても、意味不明な文になってしまう。

もう一つ、could have についてもなかなか理解するのがむずかしい。

  • ▪ Why did you stay at a hotel? You could have stayed with me.
  • ▪ David was lucky. He could have hurt himself when he fell, but he’s OK.

どちらも、実際には起きなかったことを could have で表現している。日本語で訳すなら「〜すればよかったのに」「〜かもしれなかった」という感じだろうか。

さらに他にも could で悩まされる英文がある。

  • ▪ It couldn’t be better.

これを見た瞬間、多くの人が否定文で訳すと思う。

たしかに、could not で可能性を否定しているんだけど、そのあとに better がある点に注意したい。

つまり、【better より良い状態はない = 最高、絶好調】という意味になる。

この表現は日常会話でもけっこう使われていて、How are you? と聞かれて、 It couldn’t be better. と答える感じ。

これまで洋書とかを読むときに could が出てくると途端に意味がつかめなくなってたんだけど、English Grammar in Useを読んでその理由がはっきりした。

could を簡単に理解することは不可能だ。こればかりは反復して何度も解説を読み、なおかつcould を使って自分でいろんな英文を作ってみるしかないと思う。

could を使いこなせるようになれば、英語で表現できる幅がグッと広がると思うので、身につける価値は大いにあるはず。というか、could から逃げずにがんばるしかない。

今日は自分で決めてスケジュール通りに英語の勉強ができたのでいい気分。眠くなったり集中力が切れたら場所を変える。これだけで学習効率が格段にアップしたと思う。

毎日の英語学習記録
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

読書が好きなライターです。以前は書店員と出版社の仕事をしていました。2017年から㈱ミシェルベース代表。年間100冊ほど本を読みます。2013年から始めた読書ブログ「コトビー」は、おかげさまで累計読者が400万人を突破しました。趣味は「知らない街を散歩すること」

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB