【今日の英語】助動詞 could で「可能性」や「願望」を表現する方法

【今日の英語】助動詞 could をどう使い分けるか?意味を正確に理解する毎日の英語学習記録
  • 【2020/06/06 今日の英語学習記録】
  • ・English Grammar in Use  Unit 26〜30
  • ・瞬間英作文アプリ 36〜40
  • ・Polyglotsで音読
  • 学習時間合計:2時間33分

今日の最大のトピックは、なんといっても助動詞。特にcouldには苦戦させられた。

couldは一般的にcanの過去形で「〜できた」と訳されることが多い。

でも、実際の会話ではcouldをcanの過去形で使うことは少ないらしい。

実際にはいろいろな意味を持っているので、「could = 〜できた」で覚えていると、会話はもちろん英語の文章も正確には読めないだろう。

というか、English Grammar in Useを読んで初めて知る用法が多すぎる。ここに来て、これまで受けてきた学校の授業は何だったんだろう?と思わずにいられない。日本の英語教育にますます不信感が募る…。

肝心のcouldについてだけど、用法がたくさんある。今日は特に「現実味のない可能性」についてまとめておく。

English Grammar in Useには could の用法として以下のような説明がある。

We also use could (not can) for actions that are not realistic.

これはつまり、realistic ではないときの行動を表すときに could が使えるということ。

  • For example,
  • ▪ I’m so tired. I could sleep for a week.
  • ▪ This is a wonderful place. I could stay here forever.

どららも現実的にありえない可能性(願望)ついての述べている。

もしこれを「〜できた」という意味で訳そうとしても、意味不明な文になってしまう。

もう一つ、could have についてもなかなか理解するのがむずかしい。

  • ▪ Why did you stay at a hotel? You could have stayed with me.
  • ▪ David was lucky. He could have hurt himself when he fell, but he’s OK.

どちらも、実際には起きなかったことを could have で表現している。日本語で訳すなら「〜すればよかったのに」「〜かもしれなかった」という感じだろうか。

さらに他にも could で悩まされる英文がある。

  • ▪ It couldn’t be better.

これを見た瞬間、多くの人が否定文で訳すと思う。

たしかに、could not で可能性を否定しているんだけど、そのあとに better がある点に注意したい。

つまり、【better より良い状態はない = 最高、絶好調】という意味になる。

この表現は日常会話でもけっこう使われていて、How are you? と聞かれて、 It couldn’t be better. と答える感じ。

これまで洋書とかを読むときに could が出てくると途端に意味がつかめなくなってたんだけど、English Grammar in Useを読んでその理由がはっきりした。

could を簡単に理解することは不可能だ。こればかりは反復して何度も解説を読み、なおかつcould を使って自分でいろんな英文を作ってみるしかないと思う。

could を使いこなせるようになれば、英語で表現できる幅がグッと広がると思うので、身につける価値は大いにあるはず。というか、could から逃げずにがんばるしかない。

今日は自分で決めてスケジュール通りに英語の勉強ができたのでいい気分。眠くなったり集中力が切れたら場所を変える。これだけで学習効率が格段にアップしたと思う。

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

毎日の英語学習記録
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。毎日、英語の勉強してます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB