2019年3月期の月間ベストセラーが発表。あの人の本が1位&2位を独占

月間ベストセラーランキング 書籍

2019年3月期の月間ベストセラーが発表されました(日販調べ)。

順位 書名 著者 定価 出版社
1 一切なりゆき 樹木希林のことば 樹木希林 864円 文藝春秋
2 樹木希林 120の遺言~死ぬときぐらい好きにさせてよ 樹木希林 1,296円 宝島社
3 妻のトリセツ (講談社+α新書) 黒川伊保子 864円 講談社
4 医者が考案した「長生きみそ汁」 小林弘幸 1,404円 アスコム
5 FACTFULNESS(ファクトフルネス) ハンス・ロスリング
オーラ・ロスリングほか
1,944円 日経BP社発行
日経BPマーケティング発売
6 メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) 前田裕二 1,512円 幻冬舎
7 ゼロトレ 石村友見 1,296円 サンマーク出版
8 麦本三歩の好きなもの 住野よる 1,512円 幻冬舎
9 小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 藤子・F・不二雄
辻村深月
864円 小学館
10 トラペジウム 高山一実 1,512円 KADOKAWA

まず目につくのは、トップ1,2を独占している樹木希林さんの本です。

樹木希林さんが亡くなってからわりとすぐに発売された本でして、そのときも初速から順調でした。

そのあと、夫の内田裕也さんも亡くなったことでさらに関心が高まり、本の売り上げをさらに押し上げたと言えるでしょう。

手に取りやすいサイズ&価格の新書というのも重要なポイントかもしれませんね。あと、表紙の樹木希林さんの笑顔がめっちゃ素敵。

他に注目すべきポイントとしては、ビジネス書が2作品ランクインしていることです。

5位のファクトフルネスは私も読みましたが、「統計データを正しく捉えて、世界を正しく理解する」という内容になっています。あまり他の本にはない切り口だったので、おもしろかったです。

6位「メモの魔力」はSHOWROOM株式会社代表取締役の前田裕二さんが書いた本です(石原さとみと噂になった人)。「世界一受けたい授業」や「シューイチ」などのテレビ番組で取り上げられたことで、女性客に多く買われていることが販売増につながっているようです。

書籍書籍ランキング
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
ライター
アユム

本のWebマガジン KOTB[コトビー]代表。
新宿で2年間書店員として勤務したあと、ビジネス書の出版社に転職。2年間、書店営業を経験し退職しました。現在はフリーライターとしてWebや雑誌で記事を書いています。本屋が大好きです。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー