【今日の英語学習記録】合計2.5時間。早くも花粉症?薬飲んで英語学習をやり過ごす

【今日の英語学習記録】合計2.5時間。早くも花粉症?薬飲んで英語学習をやり過ごす 英語学習記録
  • 【今日の学習内容】
  • ・NOBU式トレーニングで瞬間英作文 1.5時間
  • ・文単で音読&シャドーイング 1時間
  • ・学習時間 → 2.5時間 / 3時間 (目標)

こんにちは、アユムです。

昨日、秋葉原と上野で一日中歩きまわっていたのが良くなかったのか、昨晩から鼻炎で苦しむことに(まだ花粉は飛散してないはずなのに…)。

寝れば治るっしょと期待したんだけど、今日の朝まで引きずっていて、泣く泣く鼻炎薬を飲みました。

症状はそれなりに治まったんだけど、薬の副作用のせいでボーッとした感じがなかなか抜けない。

集中力を欠いた状態で、ダラダラ勉強を続け、なんとか2.5時間の勉強時間を確保した感じ。

やることはいつもどおり、瞬間英作文と音読&シャドーイング。

瞬間英作文は be going to〜(〜するつもり)の範囲に入ったんだけど、この表現ってなにげに日常英会話でけっこう使う気がする。

しかも、学校では習わない発音をするから、これは早めに口に慣れさせておいたほうが絶対に良いと思う。

be going to〜は 「ゴーイングトゥー」って発音するんじゃなくて、「ガナビー」。

たとえば、What are you going to do after this?(このあと何するの?) という発音も「ワット アー ユー ゴーイング トゥ…」じゃなくて「ワーユーガナドゥ…」という感じ。

確固たる自信があるわけではないけど、ネイティブとかって十中八九「ガナビー」って言ってる気がする。

正直、ガナビーに慣れていないと、会話はおろかリスニングでも聞き取れないこと必至だと思う。

効果を実感。多聴多読マガジンは最高のリスニング&リーディング教材だった
『多聴多読マガジン』で英語リスニング&リーディング学習を続けていますが、効果を実感しています。具体的な効果と、どんなレベルの人におすすめなのか詳しく解説します。

一昨日から、文単(文で覚える英単語)を最初からスタートしたんだけど、なんだかんだでこれが3周目くらい。

同じテキストを何度も繰り返しやるのって飽きるし、つまらないと断言できる。

でも、いろんな本に手を出すと自分の血肉になりかけた英語表現が散らばってしまうと思うので(実際、いろんな本を買っちゃってるけど)、がんばって文単をやる。

同じテキストを何度も繰り返しやるのって、絶対効果的なんだけど、そのことを知らない人が多いし、なによりやる気が起きないと思う。

だから、1冊を何度もやることの効果に気づくこと+それをやり遂げるメンタリティを併せ持つことが、英語学習を継続しつつ、英語力を上げることにつながるのかもしれない。

1冊の英語教材を最後のページまでやり抜く「メンタル力」の作り方【+同じ本を何周もやる方法】
英語の勉強は挫折がつきもの。1冊の英語本を最後のページまでやり抜くのは簡単ではありません。でも、英語の教材は選び方さえ間違わなければ、最後まで続けられます。正しい英語教材を選んで、挫折なしで英語を身につける方法を解説します。

 


英語学習記録
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー