【最悪の独裁者】なぜヒトラーの演説は国民を扇動できたのか?その理由が凄すぎた

4.5
【最悪の独裁者】なぜヒトラーの演説は国民を扇動できたのか?その理由が凄すぎたおすすめ本・書評

こんにちは、アユム(@kot_book)です。

僕が演説に興味を持ったのは小泉前首相の演説を見たことがキッカケです。

「人って、良くも悪くも演説一つで簡単に動いてしまうんだよな」と。

演説の力で大衆を魅了し、自分の思い通りに国を動かした歴史上の人物。その筆頭にあるのが、ドイツのアドルフ・ヒトラーではないでしょうか。

演説力という点においてのみ、僕はヒトラーに対して非常に興味があります。

なぜヒトラーの演説はドイツ国民を扇動できたのか?その謎を解明してくれるのが『ヒトラー演説 熱狂の真実』という本です。

伝えたいことを1つに絞り、何度も繰り返す

ヒトラーの演説テクニックはいくつもありますが、その中の一つに「演説で伝えたいポイントを1つに絞り、それを何度も繰り返す」というものがあります。

「最も単純な概念を1000回繰り返して初めて、大衆はその概念を記憶することができる」

「ごくわずかなポイントだけに絞り、そのポイントをスローガンのように利用する。その言葉を聞けば誰でもそのことばが指す内容をおもいうかべることができるようにせねばならない」

ヒトラーの演説方針の根本には「最も無知な人に合わせて、わかりやすい演説を行う」というものがあります。

つまり、インテリ層だけがわかるような難しい内容は一切排除して、聴衆の中で最も理解力が低い人間に内容を合わせるということです。

それに通じる部分が「ポイントを絞る」ということなのかもしれません。

演説というのは、文字を目で見ることができません。あくまでも音声とジェスチャーだけで感じとるものです。

だから、どんなに頭が良い人でも、いろんなことを言われたら理解できないわけです。

いろいろ詰め込み過ぎて、聴衆の頭の中になにも残らないのでは意味がありません。

それだったらいっそ、伝えたいことを一つに絞ってそれを繰り返すことで聴衆の頭のなかに染み込ませるほうが得策というわけです。

国民にスローガンを植え付けるためには、ポイントを絞る。わかりやすい言葉で伝える。これは日本の戦時中にも同じような現象が起きていた気がします。

ちなみに、ヒトラーの代名詞でもある「チョビヒゲ」ですが、これも視覚的なわかりやすさを意識して取られた戦略の一つだったと言われています。

悪いイメージの言葉を、良いイメージの言葉に言い換える

他にも、ヒトラーは細かい単語の使い方にも気を配っていました。

その一つが「言い換え」です。婉曲表現とも言えるかもしれません。

ナチ党が政権を掌握してから実際にそのような新名称によるみせかけが行われた例をいくつか挙げると、「企業家」を「従業員の指導者」、「独裁」を「より高次の民主主義」、「戦争準備」を「平和の確保」と呼び変えている。

「モノは言いよう」とはよく言いますが、ヒトラーの言い換えはまさにそれです。

特に「独裁」を「より高次の民主主義」と言ったり、「戦争準備」を「平和の確保」と言うあたりに独裁者としての巧みな言葉選びがうかがい知れます。

言葉が持つイメージと、それを受け手がどう感じるかをきちんと計算して演説を行う。このあたりの周到さは、一般的なヒトラーのイメージとはかけ離れているのではないでしょうか。

この言い換えを、さきほど紹介した「繰り返す」という手法で何度も聴衆に浴びせればどうなるか?

国民は、独裁を民主的なものだと勘違いし、戦争が平和への必要悪だと思ってしまうでしょう。

ヒトラーのジェスチャーや発声はプロによる訓練で磨かれた

Adolf Hitler, Rednerposen

画像:Bundesarchiv, Bild 102-10460 / Hoffmann, Heinrich

ヒトラーのイメージとして強いのが、大げさにも思えるようなジェスチャーではないでしょうか。

感情的に腕を大きく振り下ろしたり、斜め上を指差すしたり。こういったジェスチャーは僕のなかではヒトラーの代名詞になっています(あと、もちろんチョビヒゲと七三分けも)。

独裁者のことを「カリスマ」と言ったりもしますが、演説能力というのは持って生まれた才能のように思われがちです。

しかし、実際にはプロによる訓練を受け、何度も練習をすることで人を動かす演説ができるようになります。ヒトラーも例外ではありません。

事実、ヒトラーはオペラ歌手のデフリーントという人物に演説の訓練を受けています。

具体的には「発声法」と「ジェスチャー」についての訓練です。ここでは特に印象的な、ジェスチャーについて見てみましょう。

デフリーントはヒトラーのジェスチャーも矯正してみたいと思った。デフリーントは、「あなたの場合、動き、ジェスチャーが自己目的になっています。これは聴衆に媚びるだけです。聴衆にとって一番大事なのは聞くことであって、見ることではないのです」と、デフリーントは鋭く指摘した。

むやみに手を振り回したり、揺すったり、指さししたり、振ったりするのはもうやめるべきで、ジェスチャーは意味を明確にするものではないといけないという説明がなされた。

演説は視覚も重要で、それはすなわちジェスチャーが重要であることを意味します。

僕は昔から、日本の政治家の演説にすごく不満があります。「原稿ばかりみて、動きがまったくない」というのが大きな理由です。見ていてつまらない。

これではどんなに良いことを言っていても聞き手に伝わらないし、双方にとって時間の無駄でしかありません。

それに引き換え、ヒトラーの演説はジェスチャーがふんだんに取り入れられており、観るものを飽きさせません。

僕はてっきり、ヒトラーが感情に任せてジェスチャーをしているとばかり思っていたのですが、その裏にはプロによる的確な訓練があったわけです。これには驚かされました。

演説の始まりは、なるべく低い声で始める

他にもデフリーントのおもしろい助言があります。それは声の高さについてです。

「最初はできる限り低い声で語らなければいけません。可能な限り低い声で始めると、あとで高めるときに大きな溜めができるからです」

これは意外でした。ヒトラーの演説というと、常に激昂して叫んでいるようなイメージがあったからです。

しかし、僕らが目にする映像は長い演説の中から切り取られたワンシーンに過ぎず、実際のヒトラー演説では低い声も巧みに使って聴衆を惹きつけていたというわけです。

ヒトラーは感情だけで演説していたわけではない

ヒトラーというと、「独裁者」「ユダヤ人迫害」というイメージが強いかと思います。

そして、演説するときの激しく感情的な声とジェスチャーが印象的ですよね。

大きく手を振りかざして、感情のままに叫ぶ。そんなイメージが独裁者たらしめていて、悪い意味で独裁者としてのブランド価値を高めている気がします。

しかし、本書を読んでみるとヒトラーが決して感情まかせに演説しているわけではないことがよくわかります。

もちろん、感情的になることで聴衆を扇動している面もありますが、その裏には緻密に計算された原稿があり、訓練によって体得したジェスチャーと発声法があったのです。

ヒトラーと世界大戦のことを知るには格好の1冊

この本はヒトラーの演説を徹底的に分析しています。

ここではくわしく紹介しきれませんが、150万語(!)におよぶデータ分析を行い、ヒトラーが活躍した年代ごとにどんな言葉が多く使われてきたのかまで細かく解析されています。

これほどの分析をした著者の方には頭が上がりません。

そして、ヒトラー演説だけでなく、ヒトラーの幼少期から第二次世界大戦でドイツが敗北するまでの歴史について学ぶことができるのも本書の良いところです。

絶頂期のヒトラーだけでなく、ヒトラーが演説を回避しはじめ、聴衆の前に出ることを嫌がるようになるところまでリアルに解説されています(晩年のヒトラーは不眠症に悩まされていた)。

この手の本は歴史の知識を知っている前提で話が進みがちなんですが、本書は歴史用語の解説も丁寧なので比較的スラスラ読むことができました。

ヒトラーの演説を知りたい人はもちろん、世界大戦期に各国がどのようにドイツと関わってきたかを知りたい人にはぜひおすすめしたい1冊です。ほんとおもしろかった。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

おすすめ本・書評 歴史
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 散歩好き
銀行員→書店員→出版社での仕事を経験後、独立。2013年に読書ブログ「コトビー」を開始しました(月間約10万PV)。2017年に法人化。本と本屋が好きです。このブログでは読書や書評記事を書いています。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB