【短期間でもOK】DMM英会話を使って最短で効果を上げる3つのポイント

DMM英会話を使って最短で効果を上げる3つのポイント DMM英会話

DMM英会話は1ヶ月単位でレッスンを受けられます。

短期間でも高い効果を得るためにはなにが必要なのでしょうか?

DMM英会話を使って短期間で英語力をアップさせる方法について考えてみました。

スポンサーリンク

①まずはDMM英会話でなにを学び、身につけたいか決める

短期間で効果を求める前に、まずはDMM英会話のレッスンで何を学び、なにを身につけたいかを決めましょう。

わかりやすくいえば、目的と目標を決めることです。

DMM英会話は非常によくできていますが、「なんのためにオンライン英会話をやるのか?」という意識がないまま、ダラダラとレッスンを受けても意味がありません。

人によって目的や目標は異なりますが、たとえば、

  • ① 1ヶ月後の海外転勤に向けて最低限のあいさつを身につける
  • ② 外資企業への転職に向けて、面接で使える英語を身につける
  • ③ 明確な目的はないけど、1ヶ月だけ期間を決めてやってみる

仕事や留学で英語が急きょ必要になったという人も多いと思います。そんな人は、DMM英会話を使って英語に慣れる努力をしましょう。

一方で、③のように「仕事で英語を使うわけじゃないけど、なんとなく英語を勉強しておきたい」という人は、とりあえず期間を区切って短期間だけDMM英会話を受講してみましょう。

わたしも仕事で英語を使うわけではありませんが、英語が好きなので英語を勉強しています。

いまは不定期でオンライン英会話を使っていますが、最初のころは1ヶ月間だけ期間を決めてみっちりレッスンを受講しました。

期間を決めずにダラダラやるよりも、1ヶ月だけなら1ヶ月だけと決めたほうが、濃密なレッスンを受けられるので明らかに効果が高まります。

また、DMM英会話は初めての人は初月無料でレッスンを受けられるので、まずは1ヶ月という短期間だけレッスンを受けてみるのがおすすめです。

② 予習と復習は不可欠。とっても大切

短期間でDMM英会話の効果を実感するには、レッスンに向かう姿勢がとても大切です。

具体的には予習と復習をしっかりと行いましょう。

予習と復習はよく耳にしますし、当たり前すぎてその重要性を忘れている人も多いと思います。

特に英会話ともなれば、予習や復習をせずに、レッスンを受けっぱなしにしている人もいるのではないでしょうか。

予習も復習もせず、レッスンを受けっぱなしで終えてしまうと、ほとんど効果が得られません。

【予習】DMMで使う教材にあらかじめ目を通しておこう

DMM英会話は無料で使える教材が豊富です。

レッスンを予約するときに使う教材も指定するので、受講開始時間までにあらかじめ教材に目を通しておきましょう

時間がとれない人は5分程度でザッと目を通すだけでもかまいませんが、少なくとも30分は予習時間に充てたいところ。

わたしはレッスン開始1時間前から教材を実際に解いてみて、質疑応答がある場合はあらかじめ文章を作っています。

英会話はその場で生まれるやり取りも大事ですが、初心者のうちは「あらかじめ作っておいた文章を、実際に使ってみる」というほうが効率的ですし、英語力が身につきます。

予習をしておかないとレッスンでなにも理解できない可能性があり、短期間で英語力をアップさせることはむずかしくなります。

【復習】なにが理解できて、なにが理解できなかったか振り返る

レッスン終了後の30分は、そのまま復習の時間に充てましょう。

可能であればレッスンを録画(あるいは録音)しておいて、講師とのやり取りを振り返ることができればベストです。

復習は、自分はなにが理解できて、なにが理解できなかったのかを振り返る時間です。

たとえば、「講師からの質問は聞き取れたけど、言いたいことが英語で言えなかった」という場合があります。

これは、リスニングはできているけど、英作文能力が足りなかったという例ですね。

その場合、そもそも文法が弱いのか、それとも言いたい英単語が出てこなかったのか、細かく分解してみましょう。

復習をすることで自分の弱点が明らかになります。次回のレッスンに向けてその弱点を克服する学習メニューに取り組みましょう。

③なるべく同じ講師のレッスンを予約する

DMM英会話は講師を自由に選ぶことができます。

講師ごとの口コミと五つ星による評価も見られるので、非常に参考になります。

もし短期間で結果を出したいのであれば、お気に入りの講師を見つけて、なるべく同じ講師のレッスンを予約しましょう。

なぜか?その理由は3つあります。

  • 1. 自己紹介の時間が省略できる
  • 2. お互いの情報を知ってるから、深い話がしやすい
  • 3. 講師選びで失敗するリスクが減らせる

1. 自己紹介の時間が省略できる

英会話において自己紹介はとても大切な能力です。とはいえ、毎回のレッスンでやる必要はありません。

毎回ちがう初対面の講師だと、ほぼ確実に自己紹介が求められます。正直、時間がもったいないです。

同じ講師であれば、2回目以降は自己紹介が不要になるので、教材を使ったレッスンにたっぷり時間を使うことができます。

2. お互いの情報を知ってるから、深い話がしやすい

初対面の人との会話と、仲が良い人との会話を比べたとき、会話の内容はおおきくちがうはずです。

やはり親しんだ人のほうが、会話もはずむし、有意義な時間を過ごせますよね。

英会話でもそれは同じで、やはり何回かレッスンを重ねていくうちに、講師との良い関係性が築けるようになります。

たとえばお互いの趣味について深い話ができたり、英語学習について相談したりなんてこともあります。

3.講師選びで失敗するリスクが減らせる

これはわたしの実体験から言えることですが、どんなに口コミで評判が良い講師でも、相性が合わないことがあります。

わたしは以前、五つ星評価で4.9という高評価を受けている講師を予約しましたが、どうもレッスンがイマイチで失敗した経験があります。

つまり、講師でもハズレは一定数いますし、評価が高くても相性が必ず合うとは限りません

毎回講師を変えているとハズレを引く可能性も出てきますし、初対面なので無駄に緊張が増幅します。

講師選びに失敗するリスクを減らすためにも、短期間であればやはり同じ講師のレッスンを受けるのがおすすめです。

人気の講師は予約が取れないことも多いので、2〜3人がベスト

とはいえ、毎回同じ講師を予約するのがむずかしいこともあります。

そもそも講師が稼働してないこともありますし、人気講師だと自分が取りたい時間に予約が埋まっている場合もあります。

ですから、講師は1名に絞るのではなく、2〜3名ほどピックアップしておくのがおすすめ。

わたしはレッスンを受けてみて「この先生いいな」と思ったら、すぐにDMM英会話の【お気に入り機能】で登録するようにしています。

DMM英会話で短期間で効果を得る方法【まとめ】

  • ① 英会話を学ぶ、目的と目標を決める
  • ② 予習復習は欠かさない
  • ③ なるべく同じ講師を予約する

ちなみにDMM英会話は1回のレッスンが25分となっていて、コースが3つに分かれています。

  • ・1日1レッスンコース(1日25分)
  • ・1日2レッスンコース(1日50分)
  • ・1日3レッスンコース(1日75分)

短期間で成果をあげるには、1日3レッスンコース(1日75分)を選んだほうがいいのは間違いありません。

ただ、仕事や勉強で時間を確保できない人も多いと思うので、とりあえず1日2レッスンコース(1日50分)の選択がおすすめです。

1日2レッスンコース(1日50分)は、英会話のレッスン時間が多いというメリット以外にも「人気講師の予約が取りやすい」というメリットがあります。

1日2レッスンまで受講が可能ですが、翌日以降の予約も取れるので、早めに人気講師のレッスンを予約してくことが可能です。

いずれのコースを選ぶとしても、DMM英会話は初月無料です。

まずは試してみて、自分にあるレッスン量とお気に入りの講師を見つけてみましょう。

DMM英会話オンライン英会話
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー