第151回芥川賞・直木賞の候補作が発表されました

芥川賞と直木賞文学賞

年に2回発表が行われる芥川賞直木賞の候補作が6月19日に発表されました。

芥川賞は新人の純文学作家が対象の文学賞。
芥川賞の候補作は以下のとおり。

  • ・戌井昭人「どろにやいと」(群像・1月号)
  • ・小林エリカ「マダム・キュリーと朝食を」(すばる・4月号)
  • ・柴崎友香「春の庭」(文學界・6月号)
  • ・羽田圭介「メタモルフォシス」(新潮・3月号)
  • ・横山悠太「吾輩ハ猫ニナル」(群像・6月号)

受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が贈呈されます。

一方の直木賞は大衆小説作品に贈られる文学賞で、現在は中堅作家を対象にしています。
直木賞の候補作は以下のとおり。

  • ・伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文藝春秋
  • ・黒川博行『破門』(KADOKAWA
  • ・千早茜『男ともだち』(文藝春秋)
  • ・貫井徳郎『私に似た人』(朝日新聞出版)
  • ・柚木麻子『本屋さんのダイアナ』(新潮社
  • ・米澤穂信『満願』(新潮社)

受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が贈呈されます。

両賞の選考会は7月17日、東京・築地の新喜楽という料亭で行われます。

(追記:芥川賞は柴崎友香「春の庭」、直木賞は黒川博行氏「破門」に決まりました)

[参考サイト]新文化オンライン

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

文学賞 書籍
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
本と英語のブログ「コトビー」(月間10万PV)を運営。書店員および出版社での仕事を経験後、独立しました。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。本と本屋が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / 本と英語のブログ