【asとwhenの意味と使い方】「〜しているとき」を表す英語表現のちがい

副詞

「〜しているとき」をあらわす英語表現はいくつかあります。
なかでも as と when はよく使われる単語で、その使い分けがよくわからないという人も多いと思います。
「〜しているとき」をあらわすときの as と when はなにがちがうのか?正しい使い方について解説します。

スポンサーリンク

as は”同時に起こる”というニュアンスがある

as は「AとBが同時に起こっている状態」をあらわすときに使われ、<同時>というニュアンスが強まります。
たとえば、
As I watched TV, I used my smart phone.
(テレビを見ながら、スマホをいじった。)
のようにテレビを見ながらスマートフォンを使うという同時性があります。このようなときには as を使うのが正しいです。

when は”順序”をあらわす

when は「Aが完了して、Bが起きる」という状態を伝えるときに使います。いわば、<順序>を示すことになります。
たとえば、
When I got home at night, I took a bath right away.
(夜、家に帰ってすぐにお風呂に入った。)
のように、「帰宅する」という事象が完了したあとに、お風呂に入るという順序をあらわすことになります。
「帰宅しながらお風呂に入る」ことはできないので、この文で as を使うのは不適当です。

「〜のあいだ」をあらわすwhile の使い方

 「〜しているとき」という日本語は、「〜のしているあいだ」と解釈することもできますよね。
while 「〜しているあいだ」 を as と同じような感覚で文章で使うこともできます。
たとえば、
I took a bath, while she was cooking.
(彼女が料理している間に、わたしはお風呂に入った。)
という文章をつくることができます。これも while を使うことによって<同時>のニュアンスを強めています。
ただし、<同時>をあらわすニュアンスは while よりも as のほうが強くなります。
そのため、もし<同時>を強めた文章を書くのであれば、 while よりも as を使ったほうがニュアンスは伝わりやすくなるでしょう。

副詞英文法
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー