【断言します】AudibleとKindle Unlimitedを比較すれば、どっちを使うべきかは明白

4.5
【断言します】AudibleとKindle Unlimitedを比較すれば、どっちを使うべきかは明白Audible

こんにちは、アユム(@kot_book)です。

ここ最近はもっぱらサブスクの読書についての記事ばかり書いています。

特に気に入っているのがKindle UnlimitedAudibleです。

僕が実際に使ってみて「どっちがいいのか?」という比較をしつつ、Kindle UnlimitedとAudibleのちがいについてもわかりやすく解説したいと思います。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

▷ 無料でAudibleを試してみる

【結論】読書をするならKindle Unlimitedがおすすめ

まずはいきなり結論からお伝えします。読書をするなら、Kindle Unlimitedを選びましょう。

最初に軽く説明しておくと、Kindle Unlimitedは定額料金で本が読み放題になるサービスです。

一方のAudibleは毎月1冊、音声化された本を聴くことができるオーディオブックです。

要するに、Kindle UnlimitedとAudibleは商品の性質が根本的に違います。

Kindle UnlimitedはKindleアプリを使って「目」で読むのに対して、Audibleは音楽と同じように「耳」で聴くサービスです。

Kindle UnlimitedとAudibleはそもそも戦う土俵が違います。

「本を目で読みたいか?耳で聴きたいか?」によってサービスを選ぶといのが正しい見方です。

それを踏まえたうえで僕の考えを書くと、「読書をする」ということに主眼を置くのであればKindle Unlimitedが断然おすすめです。

Audibleについては「ながら読書」できるのがメリットなので、Kindle Unlimitedのサブとして使うのがおすすめ。

このあとの記事でKindle UnlimitedとAudibleについてくわしく説明していきますが、「とりあえず定額読み放題サービスが使ってみたい」ということであれば、Kindle Unlimitedを使ってみましょう。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

Kindle Unlimitedは最強の読み放題サービス

Kindle Unlimited

あらためてKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)について説明します。

わかりやすくいえば、定額料金で書籍や雑誌、コミックが読み放題になるサービスです。

月額980円(税込)で120万冊以上の本が読み放題になります。ちなみに、30日間は無料でお試しが可能です。

僕が一番強調したいのは、月額980円(税込)と格安なのに、読める本のラインナップが充実しすぎ、ということです。

実際に使ってもらうとわかりますが、「この本も読み放題で読めちゃうの?」という作品がずらずら並んでいます。

  • 【書籍のラインナップ一例 (2020年3月時点)】
  • 『「学力」の経済学』
  • 『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』ROLAND
  • 『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』デイヴィッドSキダー他
  • 『私の財産告白』本多静六
  • 『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』小林昌平
  • 『犬にきいてみろ 花咲舞シリーズ』池井戸潤
  • 『罪と罰 1』ドストエフスキー
  • 『三国志 1』吉川英治
  • 『白い巨塔 1』山崎豊子
  • 『夜間飛行』サン・テグジュペリ
  • …and more

ここには書ききれませんが、ザッと拾っただけでもこれだけのラインナップが揃っています。

硬軟織り交ぜた、全方位的な本が読めるのがKindle Unlimitedの特徴です。

個人的には光文社古典新訳文庫が読めるのがけっこう嬉しいです。それと『三国志』も地味にありがたいですね。

安定の古典作品を読むのもいいですが、僕は「本屋では絶対に買わない」ような本を読むことも多いです。

本屋で買うのが恥ずかしいような本もそうですが、興味の埒外(らちがい)にあるジャンルの本を読めるのもKindle Unlimitedの面白いところです。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

雑誌数は最低限ながら、人気雑誌が揃っている

ここまでは書籍をメインに紹介してきましたが、Kindle Unlimitedは雑誌とコミックも読み放題の対象です。

雑誌の読み放題だけでいえばdマガジン楽天マガジンがおすすめ。

【dマガジンと楽天マガジンを比較】僕が圧倒的にdマガジンをおすすめする理由
雑誌読み放題サービスの「dマガジン」と「楽天マガジン」を実際に使って比較してみました。料金、読める雑誌数などをくわしくレビューします。使った感想から言うと、dマガジンが断然おすすめです。

Kindle Unlimitedは雑誌数は少ないものの、主要な人気雑誌は揃っています。

Kindle Unlimitedで読める雑誌 
FRIDAYザテレビジョン
Newsweek週刊ファミ通
サンデー毎日オレンジページ
週刊エコノミスト東京カレンダー
MacFanENGLISH JOURNAL
CG WORLDGoodsPress
withPen
ViViBRUTUS Casa
美的Tarzan
VoCEMONOQLO
GISELeGQ
Rayサイゾー
FIGAROGetNavi
Oggi2nd
25ansGOETHE
and GIRLMEN'S EX
minaFINEBOYS
レタスクラブBegin
POPEYEホットドッグ・プレス
※一部抜粋。2020年4月現在

上記がKindle Unlimitedで読める雑誌のラインナップです(入れ替わる可能性あり)。

Kindle Unlimitedはあくまでも書籍がメインのサービスなので、雑誌はオマケと考えたほうが良いのかもしれせん。しかし、料金や雑誌数を総合的に考えるともはやオマケとはいえないレベルだと思います。

僕は雑誌もしっかり読みたい派なのでdマガジンにも加入しているんですが、「たまにチラッと雑誌が読めればOK」という人はKindle Unlimitedだけも十分かなと。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

Kindle Unlimitedならコミックも読める

コミックのラインナップも見てみましょう。正直、読めるコミック作品はそこまで充実していません。

Kindle Unlimitedで読めるコミック
ゆるきゃん△
インベスターZ
日本の歴史
火の鳥
海猿
ブラックジャックによろしく
アドルフに告ぐ
賭博堕天録 カイジ 24億脱出編 1
ブッダ
史記 1 項羽と劉邦
弱虫ペダル
ブラックジャック
ジャングル大帝
※一部抜粋。2020年4月現在

有名どころだと手塚治虫作品が読めます。僕も『火の鳥』と『アドルフに告ぐ』はKindle Unlimitedで読みました。なんとなく、手塚治虫の作品は読んでおいたほうが良い気がするので。

コミック作品で注意が必要なのは、最初の1巻は読み放題の対象だけど、2巻目以降は単品購入が必要というパターンです。これはけっこう多いので、注意しましょう。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

Audibleは耳で聴く読書

耳で聞く読書なら「Audible」がおすすめ

次はAudibleを見ていきましょう。Audibleは音声化された本を聴くことができるオーディオブックのサービスです。

Kindle Unlimitedと同じようにAmazonが運営しています。

Audibleは最初の1冊が無料で読めるので、ひとまずどんなもんか試してみることができます。

月額1,500円で毎月1冊の本をダウンロードすることができます。1冊あたり1,500円換算なので、料金的には決して安くないです。

ただ、Audibleの魅力は「ながら読書」にあると僕は思っています。つまり、なにかをしながら読書ができるということ。

僕の場合、散歩をしながらAudibleを聴くことが多いです。あとは、車の運転中にも聴いたりします。

音楽を聴くように読書ができるので、両手がふさがっていても本が読めます。これはオーディオブックにしかできないことなんですよね。

Audibleで聴ける本のラインナップの一例は以下のとおりです。

Audibleで聴ける本の一例
『サピエンス全史 上 文明の構造と人類の幸福』ユヴァル・ノア・ハラリ, 柴田 裕之
『自分を操る超集中力』
メンタリスト DaiGo
『嫌われる勇気』岸見 一郎, 古賀 史健
『FACTFULNESS』ハンス・ロスリング 他
『人生がときめく片づけの魔法』近藤 麻理恵
『理由』宮部 みゆき
『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.ローリング, 松岡 佑子
『ホテルローヤル』桜木紫乃
『犬にきいてみろ』池井戸潤
『勝手にふるえてろ』綿矢りさ
『だれかのいとしい人』角田光代
『はだか』谷川俊太郎
『神保町奇譚』池井戸潤
『君の名は。』新海誠
『雨ニモマケズ』宮沢賢治
『コンビニ人間』村田沙耶香
『火花』又吉直樹

ここではビジネス書や実用書を中心に取り上げましたが、文学作品も豊富です。

あと、子ども向けの作品もあるので読み聞かせにAudibleを使う、なんて活用法もあります。

▷ 無料でAudibleを試してみる

料金は割高なので、数を読みたい人はKindle Unlimitedで

【1冊無料】Audibleは無料体験後の退会も簡単なので、とりあえず試してみるべき

さきほど説明したとおり、Audibleは月額1,500円で1冊の本が読める(聴ける)仕組みです。

そのため、コスパが良いとは言えないでしょう。Kindle Unlimitedは月額980円(税込)で120万冊以上が読み放題なわけですから、比較すると一目瞭然です。

ただ、最初にも説明したとおり、AudibleとKindle Unlimitedはそもそも土俵がちがいます。なので単純に比較するのはナンセンスです。

僕は基本的にKindle Unlimitedで本を読むようにしていて、外出先や両手がふさがっている状況ではAudibleを聴く、という感じで使い分けています。

Kindle Unlimitedは30日間無料で試せますし、Audibleは最初の1冊を無料で読めます。

僕はどちらのサービスもすごい気に入っているので、ぜひ試してみて欲しいです。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

▷ 無料でAudibleを試してみる

大量の雑誌を読んでるのに、雑誌代が安いワケ

僕は毎月50冊ほど雑誌を読んでいますが、雑誌を買うのにお金はほとんどかかっていません。

その理由は、雑誌の読み放題サービスを使っているからです。

僕は dマガジン を使っています。月額400円(税別)で450誌以上の雑誌が読み放題という圧倒的なコスパなので、もはや手放せません。

雑誌1冊の値段で450誌以上が読めるわけなので、2冊ぐらい読むだけでスグ元が取れてしまいます。

ちなみに、初めての人は31日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

31日間無料
dマガジンを試してみる ▶
 

Audible Kindle Unlimited 定額サービス(サブスク)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。車とキャンプのYouTubeもやってます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB