be doing と be going to〜で未来の予定を表す。違いは予定が確定してるか、してないか【今日の英語】

be doing と be going to〜で未来の予定を表す。違いは予定が確定してるか、してないか【今日の英語学習記録】毎日の英語学習記録
  • 【2020/06/04 今日の英語学習記録】
  • ・English Grammar in Use  Unit19〜25
  • ・瞬間英作文アプリ 30〜35
  • 学習時間合計:2時間32分

英文法は現在形と現在進行形をやった。これだけ聞くとめっちゃ簡単そうだけど、実際の使い分けはけっこう複雑でむずかしい。

たとえば、現在形というと今のことを表すのは当然なんだけど、未来のことを表すこともある。

具体的には交通機関の時間を言ったり、なにかのタイムテーブル(映画とか)の時間を言うときには現在形を使う。

  • ▪ I have to go. My train leaves at 11:30.
  • ▪ What time does the film start tonight?

ふつうに考えると、上記の文ってどっちも未来のことを言ってるからwill とか be going toを使っても良さそうなんだよね。なのに現在形で言うという決まり。

English Grammar in Useを読んで初めて知ったけど、これって学校で習ったのかな?

あともう一つ覚えておきたいのが、be doing〜と be goint to〜のちがい。

まず be doing〜については「〜している」という現在進行形がまず思い浮かぶけど、意外と忘れがちなのが「未来の予定」を表す使い方。

ポイントとなるのは、be doing〜が「すでに確定している予定」であるということ。

  • ▪ I’m leaving tomorrow. I’ve booked my flight.
  • ▪ What time are you meeting Ann this evening?

一方の be going to 〜は確定していても、確定していなくても未来の予定を言うことができる。

厳密には、やろうと決意しているけど確定してない予定について使う(やらない可能性もある、ということ)。

  • A: Your shoes are dirty.
  • B: Yes, I know. I’m going to clean them.

未来のことを表すときって、だいたいwill か be going to〜を使ってしまいがちだけど、じつは be doing〜 を使った未来表現もネイティブはけっこう使うっぽい。

be doing〜が出てきたら「〜している」と反射的に訳してしまうクセを早めに取り除いたほうがいいかもしれない。

  • 【be doing 〜 と be going to 〜】
  • ▪ be doing 〜 確定している予定を表す(すでに決まっている)
  • ▪ be going to 〜 未確定の予定を表す(やらない可能性もある)
  • ▶ ただし、入れ替え可能なことも多い。使い分けないネイティブもいる模様。

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

毎日の英語学習記録
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。毎日、英語の勉強してます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB