【読み放題を比較】ブック放題の評判は?実際に使ってみた感想

【読み放題を比較】ブック放題の評判は?実際に使ってみた感想 ブック放題

ブック放題はマンガだけでなく、雑誌も読めます。

さらに旅行雑誌「るるぶ」が読めるとあって、一部ではかなり高い評価を受けています。

実際に私がブック放題を使ってみた感想をもとに、ほかの読み放題サービスと比較してみたいと思います。おもにdマガジンとの比較です。

無料でブック放題を試してみる

ブック放題で読める雑誌とマンガのラインナップ

ブック放題
料金500円(税別)
読める数雑誌200誌以上
るるぶ100冊以上
マンガ20,000冊以上
無料お試し期間初月無料
使える端末数最大5台

読み放題サービスで重要なのは、結局のところ「読みたい作品があるかどうか」です。

ブック放題は雑誌200誌以上、コミック20,000冊以上読むことができます。

他の読み放題サービスと比較して、特にメリットなのが「るるぶ」が読み放題ということです。

るるぶは紙の雑誌で買えば1冊500円以上しますから、かなりおトクなのがわかります。

ブック放題以外の読み放題サービスを比較するとこんな感じです↓

サービス名月額料金読める雑誌数サービス内容
dマガジン400円250誌以上雑誌
楽天マガジン380円250誌以上雑誌
Kindle Unlimited980円雑誌、マンガ、書籍
ブック放題
500円200誌以上雑誌、マンガ、書籍
U-NEXT1,990円70誌以上雑誌、動画、マンガ、書籍
FODマガジン 888円100誌以上雑誌、マンガ、動画
マガジン☆WALKER500円80誌以上雑誌
タブホ500円800誌以上雑誌
Fujisan.co.jp
(富士山マガジンサービス)
無料5,000冊以上雑誌
(最新号試し読み+バックナンバー)
ブックパス562円300誌以上雑誌、マンガ、書籍

読める雑誌は必要十分。芸能系がやや多め

雑誌については、有名どころはおおむね読めるので問題ないかと思います。

FRIDAYや週刊現代などの週刊誌、MOREやBAILAなどの女性ファッション誌、週刊ダイヤモンドや週刊東洋経済などのビジネス誌が読めます。

また、週刊実話、アサヒ芸能、実話ナックルズといった娯楽系雑誌が読めます。このあたりはdマガジンは読めない作品もあるので、比較すると強みになるでしょう。

一方、dマガジンで読める週刊文春や週刊新潮は読めません。

このあたりのラインナップのちがいや自分が読みたい雑誌があるかどうかは、実際に試してみたほうが早いと思います。

ブック放題は初月無料なので、使ってみてイマイチであれば自由にいつでも解約が可能です。解約は会員ページからワンタッチで完了します。

無料でブック放題を試してみる

マンガは読みたい作品がほとんどない

ブック放題のマンガ作品

ブック放題の特長としてマンガ読み放題があるのですが、正直読みたいと思えるマンガ作品がほとんどありません。

いずれも古い作品やまったく話題にもなってない無名の作品ばかり。もちろん人それぞれ好みがありますが、わたしにはちょっと物足りないラインナップです。

「目に入ったマンガは片っ端から読みたい!」という人はいいかもしれませんが、そうでなければマンガ読み放題に意義はないと思います。

マンガは講談社や集英社が人気作品を多く抱えていますが、どれも自社で囲い込んでサービスを提供しています(コミックDAYSや少年ジャンプ+など)。

そのため、これら大手のマンガ作品がブック放題で大々的に読めるようになる可能性はゼロに近いでしょう。

ランキングはいたって普通だが、視覚的にわかりづらい

雑誌にはランキングの項目があって、どの雑誌が人気なのかがわかります。

必要最低限のランキングといった感じで、シンプルに横並びになっているだけです。

必要十分ではありますが、dマガジンと比較すると大きく見劣りします。

dマガジンは記事別のランキングになっており、項目がかなり細かく分かれています。

パッとひと目見ただけでも視覚的にランキングがわかるので、使いやすいです。

ブック放題は雑誌のダウンロードが可能。でも操作がわかりづらい

ブック放題のダウンロード機能

ほかの雑誌読み放題でもあるように、ブック放題でも雑誌を自分の端末にダウンロードできます。

ダウンロードしておけばオフラインでも読めるため、地下鉄など電波が悪い場所でも役立ちます。

ただ、ブック放題の雑誌ダウンロードは少し操作がわかりづらい印象です。

タブレットでの操作方法になりますが、雑誌の表紙にある【詳しく▶】をタップすることでダウンロード画面に進みます。

かなり小さく、はじめて使う人はわからないと思います。

一回慣れてしまえば問題ないですが、もう少しユーザーインターフェースを考えて開発して欲しいところです。

ダウンロードもdマガジンと比較すると劣っていると言わざるを得ません。というのも、dマガジンのダウンロード方法はとても簡単だからです。

dマガジンのダウンロード方法は超簡単!オフラインでも雑誌を読む方法
dマガジンのダウンロード方法をくわしく解説。dマガジンはスマホやタブレットに記事をダウンロードできるので、電波が通じないオフラインでも雑誌を読めるので便利です。

dマガジンと比較するとブック放題はやや弱い

dマガジン

料金400円(税別)
読める雑誌数250誌以上
無料お試し期間31日間
使える端末数最大6台

雑誌に特化して読み放題を比べるのであれば、dマガジンとブック放題はどちらも250誌以上なので大きな差はありません。

実際に読める雑誌もちがいはあれど、どちらも人気雑誌をひととおりカバーしています。

dマガジンにはない、ブック放題の最大の特長はマンガ読み放題なのですが、さきほど説明したとおり読みたいと思える作品がほとんどありません。

つまり、ブック放題がdマガジンと差をつけるために力を入れるべきマンガ作品の充実度が低いため、これではブック放題のメリットは感じられません。

せめてブック放題がdマガジンより安ければよかったのですが、ブック放題は月額500円(税別)とdマガジンの月額400円(税別)よりも高い設定です。

ブック放題はどんな人にオススメできるか?

  • ・マンガ読み放題を使いたい人
  • ・芸能や娯楽雑誌を読みたい人
  • ・旅行好きで「るるぶ」を好きなだけ読みたい人

マンガや雑誌は随時あたらしいものが追加されますから、今後コンテンツが充実していく可能性もあります。

ブック放題は初月無料なので、とりあえず無料で試してみて、読みたいマンガや雑誌があるかチェックしてみるのがオススメです。

無料でブック放題を試してみる

  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 記事別ランキング読める
  • ○ 独自の特集がおもしろい
  • ○ 月額400円(税別)で読み放題
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ dポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 操作しづらいと感じる人も多い
  • ✕ 読み込みが遅い
  • ○ 雑誌定額サービス最安の月額380円(税別)
  • ○ 年額プランなら960円値引き(年額3,600円)
  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ 楽天ポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブック放題
  • ○ 雑誌200誌以上、マンガ20,000冊以上が読み放題
  • ○ 旅行ガイド「るるぶ」が100冊以上読める
  • ○ 月額500円(税別)と料金が安い
  • ○ 1ヶ月の無料お試し期間あり
  • ✕ コミックのラインナップがイマイチ
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブック放題雑誌定額サービス
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー