【1ヶ月無料お試しアリ】ブック放題の登録方法、料金、解約方法まで完全解説

【1ヶ月無料お試しアリ】ブック放題の登録方法、料金、解約方法まで完全解説 ブック放題

ブック放題は1ヶ月の無料お試し期間があるので、使ってみて良し悪しを判断できます。

使い勝手はなかなか良くて、アプリの操作性もいいのでブック放題は個人的にもけっこうおすすめです。

ブック放題の登録方法、料金、さらには解約方法までくわしく解説します。

1ヶ月無料なのはいいのですが、ブック放題の解約方法はちょっとわかりづらいのが難点です。使ってみて満足できない場合も当然あると思います。

記事のなかで解約方法についても解説しているので、会員登録前に必ず目を通しておいてください。

ブック放題は月額500円(税別)で雑誌やコミックが読み放題

ブック放題
料金500円(税別)
読める数雑誌200誌以上
るるぶ100冊以上
マンガ20,000冊以上
無料お試し期間初月無料
使える端末数最大5台

まずはブック放題とは何なのか?くわしく見ておきましょう。

ブック放題はソフトバンクが運営する読み放題サービスです。月額500円(税別)で雑誌200誌以上、コミックが20,000冊以上読めます。あと、旅行雑誌「るるぶ」も100誌以上が読み放題です。

はじめての人は1ヶ月無料でお試しが可能です。

ソフトバンクが運営していますが、ドコモやauの人でも使えます。もちろん、格安SIMでもOKです。

同じようなサービスは他の会社にもあって、dマガジン楽天マガジンがその筆頭でしょうか。

ただし、dマガジンや楽天マガジンは雑誌のみなので、ブック放題と完全なるライバル関係にあるとは言いがたいところではあります。

雑誌、書籍、コミックが読み放題という点においては、Kindle Unlimitedがブック放題とライバル関係にあるといえるでしょう。

【気になる評判も】Kindle Unlimitedを使い倒す私が、5つのおすすめポイントと使い方をご紹介
もうかれこれ、KindleUnlimitedを2年以上使ってます。使い倒してきたわかった、KindleUnlimitedのおすすめの使い方とメリット&デメリットをご紹介。評判も集めてみたので、これでKindleUnlimitedがわかるはず!

定額サービスについては、以下の表でくわしく比較してあるので参考にしてみてください。

サービス名月額料金読める雑誌数サービス内容
dマガジン400円250誌以上雑誌
楽天マガジン380円250誌以上雑誌
Kindle Unlimited980円雑誌、マンガ、書籍
ブック放題
500円200誌以上雑誌、マンガ、書籍
U-NEXT1,990円70誌以上雑誌、動画、マンガ、書籍
FODマガジン 888円100誌以上雑誌、マンガ、動画
マガジン☆WALKER500円80誌以上雑誌
タブホ500円800誌以上雑誌
Fujisan.co.jp
(富士山マガジンサービス)
無料5,000冊以上雑誌
(最新号試し読み+バックナンバー)
ブックパス562円300誌以上雑誌、マンガ、書籍

ブック放題を使うかどうかは、読みたいマンガの有無で決めよう

ブック放題で読めるマンガ作品

ブック放題は雑誌だけでなくコミックが読めるという点において、dマガジンや楽天マガジンと差別化を図っています。

ただ、そのぶんだけ月額料金が高いので注意が必要です。

結局のところ、ブック放題に入るかどうかは「読みたいコミック作品があるかどうか」で決まると思います。

わたしはブック放題のアプリが使いやすいと思うのでけっこう気に入ってはいるのですが、いかんせんラインナップに読みたいマンガが全然なかったので、有料課金には至ってません。

雑誌のラインナップだけでいえば、dマガジンや楽天マガジンのほうが充実しているし、月額料金も安いので、そちらを選んだほうが良いと思います。

【使ってみた】ブック放題とdマガジンを完全比較。やっぱりdマガジンをおすすめする理由
ブック放題とdマガジンを比較してみました。ブック放題は縦スクロールでページ送りができるなど、細かい配慮があって使いやすいです。ブック放題とdマガジンのおすすめポイントを比較してみましょう。
【dマガジンと楽天マガジンを比較】私が圧倒的にdマガジンをおすすめする理由
雑誌読み放題サービスの「dマガジン」と「楽天マガジン」を実際に使って比較してみました。料金、読める雑誌数などをくわしくレビューします。使った感想から言うと、dマガジンが断然おすすめです。

ブック放題のマンガのラインナップは常に変動しているので、くわしい作品の紹介については割愛します。

ひとつ言えるのは、ブック放題で読めるマンガ作品はけっこうマイナーなので、それなりにマンガが好きな人じゃないと響かないのではないかということです。

あくまでも個人的な見解ですが、ブック放題に有料課金するかどうかは、マンガのラインナップを確認してからのほうが良いと思います。

とりあえず1ヶ月は無料で使えるので、実際に使ってみて読みたいマンガがあるかチェックしてみるのがおすすめです。

無料でブック放題を試してみる

ブック放題の登録方法はいたって簡単

ブック放題の登録方法を見ていきましょう。

auのブックパスは登録方法がわかりにくくて面倒だったのですが、ソフトバンクのブック放題はとてもわかりやすく、明暗がはっきりわかれています。

ブック放題に登録してみましょう。まずは公式サイトに行きます。 ブック放題

【1ヶ月無料で試す】というボタンを押します↓

ブック放題【1ヶ月無料で試す】

すると、「会員登録の手続き方法」というページになるので、好きな方法で登録を行いましょう。「クレジットカードでお支払い」と書かれていますが、あくまでも無料期間が終わったあとの課金になるので、無料期間中に支払いが発生することはありません。わたしはLINEアカウントを使って登録しました

ボタンを押すと、以下のような画面が出てくるので【承認】ボタンを押します↓

ブック放題の承認

次に「会員登録の確認」という画面になるので、利用規約を読んで問題なければ「上記の利用規約に同意します。」にチェックを入れて、【申し込む】を押しましょう↓

ブック放題の利用規約

そのあと、「メールアドレスの新規登録」と「クレジットカードの新規登録」画面になるので、必要事項を入力して【登録】を押します(認証方法によって画面は異なります)↓

メールアドレスの新規登録と「クレジットカードの新規登録」

入力が終わると、お手続きが完了画面になります。あとはブラウザでそのまま読むか、アプリをインストールして読みましょう。

ブック放題の手続き完了画面

ブック放題の解約方法はわかりにくいので要注意

登録方法はわりと簡単なのですが、ブック放題の解約方法はちょっと面倒です。一瞬だけ「え、これ解約できないの?」と思わされる仕様になっています。

というのも、アプリやブラウザの会員情報画面から解約することができず、「よくある質問」にも解約方法が書いてないからです。

正直、これはかなり不親切で、退会を阻止したい意図が見え見えでマイナス評価です。

ブック放題を解約するには、解約専用ページに行く必要があります。 ブック放題の解約ページ(要ログイン)

そこで解約手続きを取るのですが、解約ページでも”解約を引き止めたい気持ち”が出すぎて、ドン引きです。

まず、退会するつもりで来てるのに、ページのトップに【退会をやめる】というボタンがある時点でユーザーにやさしくないですよね↓

ブック放題の退会(解約ページ)

さらに良くないのは、退会を引き止めるための”エサ”を越えて、1番下までスクロールしないと【退会する】というボタンが出てきません

ブック放題の解約画面

解約(退会)のしやすさって、そのサービスへの印象を大きく決定づけるポイントだと思うんですよね。解約しにくいと解約後の後味も悪いんで、企業イメージをも毀損すると思います。

その意味において、ブック放題の解約方法への印象は最悪レベルと言っていいかもしれません。

ブック放題の最大の魅力はアプリの使いやすさ

ブック放題の最大の魅力はアプリの使いやすさ

ブック放題の最大の魅力は、アプリやブラウザの使いやすさにあると思います。

ブック放題は会員登録が済めば、ブラウザ(SafariやChromeなど)で読むこともできますし、もちろん専用アプリで読むこともできます。

使ってみるとわかりますが、ブック放題は操作性が良いです。わたしが特に良いと思ったのは、縦スクロールで雑誌やコミックが読めるところでした。

つまり、ふだんWebページを読むような感覚で、下にスクロールしながら本を読むことができます。

「え、それってすごいことなの?」と思われるかもしれませんが、dマガジンも楽天マガジンも横スワイプでページ送りをする仕様になっていて、縦スクロールはできません。

縦か横か、このあたりも好き嫌いが分かれるところではありますが、ブック放題は縦スクロールと横スクロールを自由に選択できるので、心配いりません。

ブック放題は縦スクロールで読める

デメリットはコミックのラインナップと月額料金の高さ

デメリットはコミックのラインナップと月額料金の高さ

いくら操作性が良くても、結局読みたい本がないと登録する意味がありませんよね。

ブック放題は雑誌のラインナップは悪くありませんが、コミックについては評価が分かれるところだと思います。

さきほども説明したとおり、ラインナップが地味なので読みたいマンガがあるかどうか、人によって好みがかなり分かれると思います。

dマガジンや楽天マガジンと差別化を図るんだったら、マンガのラインナップをもっと充実して欲しいなーというのが正直な感想です。

あと、「るるぶ」も読み放題なのですが、るるぶを読む機会ってかなり少ないんですよね。特にわたしはそこまで旅行をするタイプではないので、るるぶが読み放題と言われてもあまり心が動きません。

コミックとるるぶが読み放題になっている分、dマガジンや楽天マガジンよりも月額料金が高いので、そのへんがデメリットになってしまうと思います。

あと、dマガジンはdポイントが、楽天マガジンは楽天ポイントが貯まりますが、ブック放題はポイントが貯まりません。ポイント好きの人は、要注意です。

ブック放題はこんな人におすすめ

  • アプリの使い勝手を重視したい人
  • (特に、縦スクロールで本を読みたい人)
  • ブック放題に読みたいと思えるマンガが見つかった人
  • 旅行好きの人、るるぶを読みまくりたい人

上記の条件にあてはまる人は、ブック放題の満足度は高いと思います。

反対に、読みたいマンガがなかったり、るるぶを読まない人はブック放題はやめておいて、他のサービスを使ったほうが良いです。

特に、雑誌を重要視するのであれば、ブック放題よりもdマガジン楽天マガジンをおすすめします。

いずれにしても、ブック放題は1ヶ月無料でお試しができるので、実際に使ってみて良し悪しを判断するのが確実だと思います。

無料でブック放題を試してみる

 

  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 記事別ランキング読める
  • ○ 独自の特集がおもしろい
  • ○ 月額400円(税別)で読み放題
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ dポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 操作しづらいと感じる人も多い
  • ✕ 読み込みが遅い
  • ○ 雑誌定額サービス最安の月額380円(税別)
  • ○ 年額プランなら960円値引き(年額3,600円)
  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ 楽天ポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブック放題
  • ○ 雑誌200誌以上、マンガ20,000冊以上が読み放題
  • ○ 旅行ガイド「るるぶ」が100冊以上読める
  • ○ 月額500円(税別)と料金が安い
  • ○ 1ヶ月の無料お試し期間あり
  • ✕ コミックのラインナップがイマイチ
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブック放題雑誌定額サービス
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

読書コーディネーター。1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む、無類の読書好き。書店と出版社での仕事を経験後、読書コーディネーターとしてWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー