ブックパスの解約(退会)方法を解説!アプリから解約できないので要注意

ブックパスの解約(退会)方法を解説!アプリから解約できないので要注意 ブックパス

ブックパスの解約(退会)方法について解説します。

ブックパスをアプリやブラウザで開いても、解約することはできません。

退会専用ページへ行って手続きをする必要があるので、くわしく見ていきましょう。

ブックパスは退会の専用ページでしか手続きできない

早速、ブックパスの退会方法を見ていきましょう。

まずはブックパスの退会ページに進みます。 ブックパスの退会ページ

すると、以下のようなページになるので、下にスクロールしてブックパスの【退会】ボタンを押します。

ブックパスの退会・解約方法

次に、読み放題プラン総合コースとマガジンコースどちらかの【退会手続きへ】を押します。

ブックパスの退会・解約方法2

すると、最終確認画面が出てきますので【退会する】ボタンを押しましょう。無料期間中の人は、残りの無料期間が表示されます。

ブックパスの退会・解約方法3

これで退会は終了です。わりと簡単に解約できますが、アプリやブラウザの会員ページから解約できないのは不便ですね。

月の途中で退会しても日割り計算による返金はない

ブックパスは月の途中で退会しても、1ヶ月分の料金がまるまる発生します。つまり、返金はありません。

ですから、少しでも損をしたくないのであれば、更新日の直前で解約したほうが良いでしょう。

とはいえ、退会日にこだわっていると、手続きを忘れてしまい自動更新になってしまう可能性もあります。

多少損でも、思い立ったときにすぐ退会手続きをしてしまったほうが、結果的に丸く収まるのではないかな、と個人的には思います。

ブックパスの無料期間が残っていても、退会すると使えなくなる

ブックパスは初回30日間無料でお試しができますが、無料期間に退会することもできます。

退会する場合、無料期間が残っていても退会手続きが完了した時点で使えなくなってしまうので注意しましょう。

通常の退会と同じように、少しでも無料期間でブックパスを堪能したいなら、更新日の直前に解約をしましょう。

無料期間終了後は自動で課金がスタートするので注意

ブックパスは30日間の無料お試しが終わると、自動的に有料課金がスタートしてしまいます。

「無料お試しだけで退会しようと思ったのに、料金が発生してしまった」というケースは非常に多いですから、更新日には十分注意しましょう。

ちなみに、ブックパスに限らず、こうした定額サービスのほとんどが「自動で有料課金が始まる」という仕組みを取っています。

定額サービスを使うときは、無料期間がいつ終わるのかしっかり把握しておくようにしたいですね。

ブックパスよりもおすすめの雑誌読み放題サービス

わたしはブックパスを使ってみて使い勝手がかなり悪かったので、無料期間ですぐに解約してしまいました。

そもそもブックパスは最初の登録がわかりにくい時点で印象は悪く、使い方もわかりにくかったですね。

もし他の雑誌読み放題サービスを検討しているのであれば、わたしは断然dマガジンをおすすめします。

「とにかく月額料金が安いほうが良い!」という人は、楽天マガジンもありだと思います。

【dマガジンと楽天マガジンを比較】私が圧倒的にdマガジンをおすすめする理由
雑誌読み放題サービスの「dマガジン」と「楽天マガジン」を実際に使って比較してみました。料金、読める雑誌数などをくわしくレビューします。使った感想から言うと、dマガジンが断然おすすめです。

読みたいコンテンツがあることも大切ですが、やっぱり使い勝手が良いサービスじゃないと長く使いたいとは思えないですよね。

操作性や月額料金、さらには雑誌のラインナップも充実しているので、dマガジンや楽天マガジンはおすすめです。

「マンガ読み放題も合ったほうが良い」という人は、Kindle Unlimitedがおすすめです。

Kindle Unlimitedは雑誌、コミック、小説、ビジネス書など幅広いジャンルの本が読み放題になります。

ちなみに私はKindle Unlimitedとdマガジンを併用しています。両方あわせて毎月1500円くらいかかりますが、元は十分取れていますし、なにより満足度が高いのでおすすめです。

  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 記事別ランキング読める
  • ○ 独自の特集がおもしろい
  • ○ 月額400円(税別)で読み放題
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ dポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 操作しづらいと感じる人も多い
  • ✕ 読み込みが遅い
  • ○ 雑誌定額サービス最安の月額380円(税別)
  • ○ 年額プランなら960円値引き(年額3,600円)
  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ 楽天ポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブック放題
  • ○ 雑誌200誌以上、マンガ20,000冊以上が読み放題
  • ○ 旅行ガイド「るるぶ」が100冊以上読める
  • ○ 月額500円(税別)と料金が安い
  • ○ 1ヶ月の無料お試し期間あり
  • ✕ コミックのラインナップがイマイチ
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブックパス雑誌定額サービス
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー