ブックパスの解約(退会)方法を解説!アプリから解約できないので要注意

2.5
ブックパスの解約(退会)方法を解説!アプリから解約できないので要注意ブックパス

こんにちは、アユムです。

ブックパスの解約(退会)方法について解説します。

ブックパスをアプリやブラウザで開いても、解約することはできません。

退会専用ページへ行って手続きをする必要があるので、くわしく見ていきましょう。

ブックパスは退会の専用ページでしか手続きできない

早速、ブックパスの退会方法を見ていきましょう。

まずはブックパスの退会ページに進みます。 ブックパスの退会ページ

すると、以下のようなページになるので、下にスクロールしてブックパスの【退会】ボタンを押します。

ブックパスの退会・解約方法

次に、読み放題プラン総合コースとマガジンコースどちらかの【退会手続きへ】を押します。

ブックパスの退会・解約方法2

すると、最終確認画面が出てきますので【退会する】ボタンを押しましょう。無料期間中の人は、残りの無料期間が表示されます。

ブックパスの退会・解約方法3

これで退会は終了です。わりと簡単に解約できますが、アプリやブラウザの会員ページから解約できないのは不便ですね。

月の途中で退会しても日割り計算による返金はない

ブックパスは月の途中で退会しても、1ヶ月分の料金がまるまる発生します。つまり、返金はありません。

ですから、少しでも損をしたくないのであれば、更新日の直前で解約したほうが良いでしょう。

とはいえ、退会日にこだわっていると、手続きを忘れてしまい自動更新になってしまう可能性もあります。

多少損でも、思い立ったときにすぐ退会手続きをしてしまったほうが、結果的に丸く収まるのではないかな、と個人的には思います。

ブックパスの無料期間が残っていても、退会すると使えなくなる

ブックパスは初回30日間無料でお試しができますが、無料期間に退会することもできます。

退会する場合、無料期間が残っていても退会手続きが完了した時点で使えなくなってしまうので注意しましょう。

通常の退会と同じように、少しでも無料期間でブックパスを堪能したいなら、更新日の直前に解約をしましょう。

無料期間終了後は自動で課金がスタートするので注意

ブックパスは30日間の無料お試しが終わると、自動的に有料課金がスタートしてしまいます。

「無料お試しだけで退会しようと思ったのに、料金が発生してしまった」というケースは非常に多いですから、更新日には十分注意しましょう。

ちなみに、ブックパスに限らず、こうした定額サービスのほとんどが「自動で有料課金が始まる」という仕組みを取っています。

定額サービスを使うときは、無料期間がいつ終わるのかしっかり把握しておくようにしたいですね。

ブックパスよりもおすすめの雑誌読み放題サービス

僕はブックパスを使ってみて使い勝手がかなり悪かったので、無料期間ですぐに解約してしまいました。

そもそもブックパスは最初の登録がわかりにくい時点で印象は悪く、使い方もわかりにくかったですね。

もし他の雑誌読み放題サービスを検討しているのであれば、僕は断然dマガジンをおすすめします。

「とにかく月額料金が安いほうが良い!」という人は、楽天マガジンもありだと思います。

 dマガジン楽天マガジン
料金(税別)400円380円
3,600円(年額プラン)
読める雑誌数500誌以上450誌以上
無料お試し期間31日間31日間
使える端末数最大6台最大7台
バックナンバー数1,700冊以上
クリッピング
(お気に入りページ)

(最大100件)
ダウンロード
ポイント付与dポイント
(100円で1ポイント)
楽天ポイント
(100円で1ポイント)
お気に入り雑誌の登録
【dマガジンと楽天マガジンを比較】僕が圧倒的にdマガジンをおすすめする理由
雑誌読み放題サービスの「dマガジン」と「楽天マガジン」を実際に使って比較してみました。料金、読める雑誌数などをくわしくレビューします。使った感想から言うと、dマガジンが断然おすすめです。

読みたいコンテンツがあることも大切ですが、やっぱり使い勝手が良いサービスじゃないと長く使いたいとは思えないですよね。

操作性や月額料金、さらには雑誌のラインナップも充実しているので、dマガジンや楽天マガジンはおすすめです。

「マンガ読み放題も合ったほうが良い」という人は、Kindle Unlimitedがおすすめです。

Kindle Unlimitedは雑誌、コミック、小説、ビジネス書など幅広いジャンルの本が読み放題になります。

ちなみに僕はKindle Unlimitedとdマガジンを併用しています。両方あわせて毎月1500円くらいかかりますが、元は十分取れていますし、なにより満足度が高いのでおすすめです。

マンガも雑誌も読み放題がいい!という人はぜひチェックしてみてください。

大量の雑誌を読んでるのに、雑誌代が安いワケ

僕は毎月50冊ほど雑誌を読んでいますが、雑誌を買うのにお金はほとんどかかっていません。

その理由は、雑誌の読み放題サービスを使っているからです。

僕は dマガジン を使っています。月額400円(税別)で500誌以上の雑誌が読み放題という圧倒的なコスパなので、もはや手放せません。

雑誌1冊の値段で500誌以上が読めるわけなので、2冊ぐらい読むだけでスグ元が取れてしまいます。

ちなみに、初めての人は31日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

31日間無料
dマガジンを試してみる ▶
 

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間100冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

ブックパス 読み放題サービス(サブスク)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

洋書多読と英語学習が好きなライターです。2013年から始めた読書ブログ「コトビー」は、おかげさまで累計読者が400万人を突破しました。年間100冊ほど本を読む読書好きです。以前は書店員と出版社の仕事をしていました。2017年から㈱ミシェルベース代表。趣味は「知らない街を散歩すること」

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB