【au以外の端末もOK】ブックパスのWow!ID登録はかなり面倒なので注意

スマホアプリブックパス

auブックパスは、雑誌やマンガが読み放題のサービスです。

auという名前が付いていますが、au以外の端末でも使うことができます。つまり、ソフトバンクやドコモ、さらには格安スマホを使っている人でも、ブックパスに登録可能です。

ただし、au以外の端末を使っている人はWow! IDに会員登録しなければいけません。

au以外の端末で使うために必要なWow! IDの登録方法と注意点について見ていきましょう。

au以外の端末を使ってる人は、Wow! IDに登録が必要

ブックパスは、auの端末を使っている人(au IDを持っている人)しか使えなかったのですが、いまでは携帯キャリアに関係なく使えるようになりました。

そこで登場したのがWow! IDです。

Wow! IDとは、Wowma!(ワウマ)という通販サイトなど、各種サービスを使うために必要な会員IDです。

わかりやすくいえば、auが運営するサービスをau以外の人でも使えるようにするための会員登録ですね。

ブックパスをau以外の端末で使うのであれば、Wow! IDの登録が必須ですので、早速登録のやり方をご説明しましょう。

あらかじめお伝えしておくと、Wow! IDの登録とブックパスのお試し利用までの流れはなかなか面倒です(笑)

そして、正直なところブックパスは雑誌定額サービスとしては出来が良くありません

その理由は、「料金の高さ」「アプリの使いにくさ」にあります。

そのため、もし「自分はブックパスじゃなきゃダメなんだ!」という人以外は、dマガジン楽天マガジンのほうが断然おすすめです。

【dマガジンと楽天マガジンを比較】僕が圧倒的にdマガジンをおすすめする理由
雑誌読み放題サービスの「dマガジン」と「楽天マガジン」を実際に使って比較してみました。料金、読める雑誌数などをくわしくレビューします。使った感想から言うと、dマガジンが断然おすすめです。

Wow! ID登録の流れ

それではブックパスを使うために必要な、Wow! IDの登録について見ていきましょう。

まずはブックパスの公式サイトにアクセスしてください。

【総合コース】と【マガジンコース】があるので、どちらか好きな方を選びます(あとで変更も可能)↓

【総合コース】と【マガジンコース】

 

すると、ログイン画面が出てきますので、下部【Wow!IDをお持ちでない方 新規会員登録】を選びましょう(すでにau IDやWow!IDを持っている人はログインしてください)。

ログイン画面

【メールアドレス】の欄に自分のメールアドレスを入力して、【確認メールを送信】というボタンを押します。確認メール送信

すぐにメールが届くので、メール内容を確認して【確認コード】を入力しましょう(コピペがおすすめ)。そのあと【パスワード】【生年月日】【性別】を入力します。

すると、会員登録が完了しますので【次へ】進みます↓

会員登録完了

 

【規約に同意して読み放題プラン(総合コース)に入会する】というボタンを押しましょう↓

【規約に同意して読み放題プラン(総合コース)に入会する】

「決済規約のご利用にあたって」という画面になるので、確認のうえ【同意する】ボタンを押します↓

「決済規約のご利用にあたって」という画面

パスワードの確認画面になりますので、さきほど設定したパスワードを入力してください。

「お客さま情報登録」へと進みます。必要事項を入力し、次へ進みます。

【パスワード】、【生年月日】、【性別】を入力

支払い方法について設定します。クレジットカードであれば、自分のクレジットカード情報を入力しましょう。

支払い方法の登録が終わると、晴れてブックパスへの入会が完了となります↓

晴れてブックパスへの入会が完了

ブックパスは手続きが多すぎて面倒なのでおすすめしません

いかがでしょうか。これだけでもかなり大変なのがわかると思います。

ブックパスは初回30日間無料お試しができるのですが、気軽に試そうにも最初のハードルが高すぎます。

Wow!IDの登録もそうですし、入力項目が多すぎて途中で挫折しそうになります。

さきほども少し説明しましたが、私はブックパスにメリットを1つも感じていません。

あまり否定的なことを言い過ぎるのは良くないと思いますが、ブックパスを使ってみた結果、けっこう本気で「これはないわ」と思ってしまいました。

dマガジンや楽天マガジンが使いやすいというのも大きな理由ですが、ブックパスひとつだけを見ても出来が悪すぎると思います(会員登録大変だし、料金は高いし、アプリは使いにくいし…)。

散々言ってしまいましたが、もしこれからブックパスの登録を考えている人は、一度立ち止まってよく考えてみることをおすすめします。

特にau以外の端末でスマホを使っている人は、ブックパス以外に選択肢はたくさんありますよ。

個人的におすすめなのは断然dマガジンです。使い勝手もいいですし、雑誌の種類も豊富なのでかれこれ4年近くずっと使ってます。

31日間無料でdマガジンを試してみる

雑誌定額サービス10個を完全比較
雑誌定額サービスの料金、使いやすさ、雑誌数などを比較。国内の雑誌読み放題サービスを完全網羅していますので、このページを読めば「どの雑誌定額サービスが1番いいか?」がわかるはずです。

大量の雑誌を読んでるのに、雑誌代が安いワケ

僕は毎月50冊ほど雑誌を読んでいますが、雑誌を買うのにお金はほとんどかかっていません。

その理由は、雑誌の読み放題サービスを使っているからです。

僕は dマガジン を使っています。月額400円(税別)で450誌以上の雑誌が読み放題という圧倒的なコスパなので、もはや手放せません。

雑誌1冊の値段で450誌以上が読めるわけなので、2冊ぐらい読むだけでスグ元が取れてしまいます。

ちなみに、初めての人は31日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

31日間無料dマガジンを試してみる ▶ 

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

ブックパス 定額サービス(サブスク)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 散歩好き
書店員および出版社での仕事を経験後、独立。2013年に読書ブログ「コトビー」を開始しました(月間約10万PV)。2017年より株式会社ミシェルベース代表。本と本屋が好きです。このブログでは読書や書評記事を書いています。英語と洋書のブログ「コトビーENGLISH」も運営中。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB