本が捨てられない!本棚を活用して本を活かす方法とは?

本棚活用術読書

本を毎日のように買っています。
ところが、それを必ず読破しているかといえばそんなことはありません。

ですから、本は本棚に溜まっていく一方。
本を買い続けていけば、いつか床が抜けそうな勢いです。

本を増やさないためには、買う本を吟味する。そしてすでに読んだ本を捨てること。これに尽きます。

読み終わった本が捨てられない…

ミニマリストという言葉が、昨年流行しました。
正確な定義はわかりませんが「最小限のモノで生活する人」といったところでしょうか。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』を読んで、私も感化された1人です。

実践できているかは置いといて、ミニマリストを標榜するからには「捨てる技術」を覚えないといけません。

私は、服や小物は容赦なく捨てられるのですが、唯一捨てられないものがあります。
それが「本」です。

本来であれば読み終わった本をスグに捨てるなり、売るなり処分しないといけません。

しかし、自分の血肉となった本を捨てるのがなかなかむずかしい。
こればかりは染み付いた習性としたいいようがないかもしれません。

しかし、捨てないと本が整理できない

読んだ本と、これから読む「積ん読」が区別できないと大変です。
パッと本棚を見ただけでで読むべき本が判断できたほうが効率的なのは言うまでもありません。

こうした状態を作り出すには、やはり本を捨てないといけません。
ですが、さきほど述べたとおりなかなか本は捨てられません。

ではどうするか?
わたしは覚悟を決めて、本を貯めこむことにしました。

つまり、自分なりに整理をしてスグに本を活用できる体制を構築することにしたのです。

なぜこのような結論になったのか?
これまた『本棚にもルールがある』という本の影響です。

この本のレビューについては、後日記事でくわしく紹介します。
ごくカンタンに触れると、本棚を活用して「本を外付けハードディスクとして使おう」という考えを提唱しています。

自分なりに本棚を分類して、整理をするようになったことで、本が使いやすくなりました。

これからは、捨てるのではなく「上手く整理する」ことを心がけて本をエンジョイしたいと思います。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

読書 読書術
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 散歩好き
書店員および出版社での仕事を経験後、独立。2013年に読書ブログ「コトビー」を開始しました(月間約10万PV)。2017年より株式会社ミシェルベース代表。本と本屋が好きです。このブログでは読書や書評記事を書いています。英語と洋書のブログ「コトビーENGLISH」も運営中。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB