本当に役に立つビジネス書9冊。僕のおすすめ本【自宅でゆっくり読書しよう】

習慣、教養、心理学。僕がおすすめしたい5冊のビジネス書【自宅でゆっくり本を読もう】おすすめの和書
画像:https://www.artpedia.asia/andy-warhol/

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

ビジネス書の良いところは、自分が持ってないスキルや知識を効率的に習得できることだと思います。

もちろん、書いてあることをそのまま実践するのもいいですが、僕はそれを自分なりのやり方や考え方に応用するのが好きです。

さて、僕はこれまで数多くのビジネス書を読んできましたが、なかにはイマイチな本もありました。

せっかく貴重な時間を割くのだから、失敗は減らしたいですよね。

というわけで今回は、僕が実際に読んで「コレはおすすめできる」と本気で思ったビジネス書をまとめてご紹介します。

① 自分を変える習慣力

ビジネス書って、数珠つなぎみたいにいろんな考え方が連結していく気がするんですよね。

要するに、あるビジネス書で目にしたキーワードに触発されて、他の本を読んでみる。さらにその本で出てきたキーワードに触発されて…みたいなループです。

最初に紹介する『自分を変える習慣力』は、”習慣力”というキーワードが気になって手にとった本です。

みなさんにも「これを毎日継続したいなぁ」ってことありませんか?

筋トレ、読書、ランニング、英語の勉強などなど習慣化しないと身につかないことってたくさんありますよね。

でも、人は変化を嫌うので、なにか新しいことを始めようとしてもスグにやめようとします。

どうすれば習慣を身につけることができるか?本書では「意志の力に頼らない」ことを解説しています。

つまり「よし、今日も勉強するぞ!」という意志で頑張るのではなく、「あ、気づいてたら勉強してたわ」という状態にもってくのがベストということです。

習慣力を身につける方法を細かく紹介してくれているので、物事に挫折しやすい人には非常におすすめ。

絶対に挫折しない!読書の習慣をカンタンに手に入れる5つの方法
こんにちは、アユム(@kot_book)です。 いきなりですが、人の気持ちなんてアテになりません。 気が向い...

② 3週間続ければ一生が変わる

これまた習慣に関係してきますが、日々の心がけについて細かく解説されています。

よくある「精神論」というか、物の見方を変えましょう!的な本ではありません。至極、実践的で生活に溶け込んでいるのが本書の素晴らしいところです。

たとえば、睡眠についての説明では以下のようなアドバイスが書かれています。

  • ① ベッドに横たわって眠ろうとしているとき、1日の活動を頭のなかで再現しないこと
  • ② 午後8時をすぎたら、食べないこと(どうしても食べたくなったらスープを飲む)
  • ③ 寝る前にニュースを見ないこと
  • ④ ベッドの中で本を読まないこと

どうでしょうか。非常に具体的ですよね。

これなら今日からでもスグに実践できるし、心身に良いことしか起こりません。

ちなみに、この本はポケット版なので持ち運びもできるし、デスクの引き出しに入れといてサッと目を通すのにもうってつけです。

仕事が嫌になったとき、この本を読むことで気持ちがスッと軽くなるのを実感できます。

③ 教養としてのアート 投資としてのアート

ここ数年でアート(芸術)にまつわるビジネス書が増えました。

僕なんかは「どうせ金持ちがアートの教養をひけらかしたいだけでしょ」とか思ってたんですが(すみません)、実際に読んでみるとコレがおもしろい。

この本が他書と一線を画すのは「投資」という目線で解説されていることです。

つまり、株式と同じように値上がり目的でアートを買うことを本書では提唱しています。

こう聞くと「いやいや、そんなの金持ちにしかできない遊びでしょ」と思われるかもしれませんが、【10万円以内で買えるおすすめアーティスト20】という銘打って、今後値上がりが期待できるアーティストの作品も紹介されています。

10万円なら貯金で買えますし、自宅のインテリアとしてアートを愛でながら、将来的にはちゃっかり儲かるという美味しい経験ができるかもしれません。

ちなみに、本書で紹介している「評価の上がる作品の大きな特徴」は以下の2つです。

  • ・発明品
  • ・インパクトの大きさ

発明品というのは「これまでにない手法やコンセプト」の作品であること。

インパクトの大きさというのは、「見る人に衝撃を与え、社会を動かす」ような作品であること。

この2つを満たしているのが、「キャンベルスープの缶」で有名なアンディ・ウォーホルです。

アート作品を投資目的で買うのは最高かもしれない『教養としてのアート 投資としてのアート』
アートを投資目的で買おうと考えているなら、絶対に読んでおくべきおすすめの1冊です。「どんなアートが値上がりするのか?」「買ってはいけないアートとは?」など、アート初心者でもわかりやすく読めます。

④ 嫌われる勇気

僕は天の邪鬼なので、ベストセラーは読まない人間です。でも、そのせいで大きな損をすることがあります。それを痛感したのが、累計200万部を突破したこの本です。

読後は「素晴らしい映画を一本観たあとのような充足感」があり、「この本をあと3年早く読んでいれば、確実に人生が変わっていただろう」と思いました。それくらい強烈でインパクトがあります。

この本は哲学者と青年の対話形式なので、苦手な人も多いと思います。僕も対話形式のビジネス書は苦手です。

でも、『嫌われる勇気』は対話形式だからこそ、ここまで売れたんだろうなと思います。

ビジネス書を読んでいるはずなのに、ちょっとした舞台作品を目の当たりにしている感覚にもなります。

対話する青年の感情の浮き沈みが激しすぎて(笑)、哲学者に対して暴言に近い発言をするのが読んでて面白いです。年配の哲学者に対して、ふつうに激昂しますからね。

かといって、過激なだけじゃない。ちゃんと僕たち読み手が思っていること(反論)を青年が哲学者にぶつけてくれるので、青年にも感情移入できるんですよね。

読んで損はないので、ぜひ手にとってみてください。人生観がちょっとだけ変わります。

⑤ 世界の心理学50の名著

名著を解説した本を読むことに対して嫌悪感を抱く人がいます。

たしかに、原書を読まずにエッセンスだけ手に入れるのはちょっと抵抗感がありますよね。なんだか、ズルをしてる気分になるし。

でも僕は、名著を解説したサブ本(副読本)を参考にしながら原書を読むというのは大いに賛成です。

昔に書かれた本は内容や言い回しが難しくて、なにを言っているのかわからないことが多々あります。でも、読書が好きな人ほど難しい本を読んでみたいと思うはず(僕もその一人)。

そんなときに副読本として、本書を読んでおくのはかなり良い選択だと思います。

世界で読まれてきたちょっとむずかしい心理学の本を、非常にわかりやすく解説してくれます。

難しくて手が出なかったあの心理学の本も、これを読んでからなら少しは読みやすく感じるはずです。

ちなみに、本書で取り上げられている作品の一例は以下のとおり。

  • 『水平思考の学習』
  • 『人間知の心理学』
  • 『暴力から逃れるための15章』
  • 『青年ルター』
  • 『夢判断』
  • 『服従心理』
  • 『大衆運動』
  • 『世界でひとつだけの幸せ』
  • 『脳のなかの幽霊』
  • 『人間女性における性行動』
  • 『影響力の武器』
  • 『ビジネスEQ』
  • 『愛する二人別れる二人』
  • 『言いにくいことをうまく伝える会話術』
  • 『いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法』
  • 『見える暗闇』
心理学の有名作品50冊をたった1冊で学べる『世界の心理学50の名著』
心理学の古典作品をザッと学べる『世界の心理学50の名著 エッセンスを学ぶ』がとても良かったので読書感想をレビュー。心理学の名作品を読みたい人には、非常におすすめできる1冊です。

⑥ ジョブ理論

ジョブ理論をひとことで言うならば「お客さんがモノを買う理由や目的をハッキリさせる」ということです。

これは企業の商品開発やマーケティング、さらには営業の仕事でも役に立つ考え方です。

これだけだと分かりづらいと思うので、もう少し掘り下げましょう。

たとえば、あなたがドラッグストアで栄養ドリンクを買うとします。

このとき、栄養ドリンクを買う理由はなんでしょうか?

  • ・残業で疲れたのでシャキッとしたい
  • ・大事な取引先との商談があるので、気合を入れたい
  • ・仕事が終わらないので、休憩がてらゴクッと飲みたい
  • ・飲み会で飲みすぎたので、肝臓を休めたい(ヘパリーゼとか)

という感じで、栄養ドリンクを買う理由はたくさんあります。

ジョブ理論では「お客さんはその商品を買って、どんな悩みを解決したいのか?」と考えます。

つまり、自分たち企業がつくる商品はお客さんのどんな悩みを解決できるか?という視点に立つのがジョブ理論というわけです。これはマーケティングの分野で使われる考え方といえるでしょう。

仮に「残業続きなので栄養ドリンクで気合を入れたい」という需要に応えるのであれば、商品開発ならびに宣伝活動でも「やる気マックス!」的な熱量の高い打ち出し方をする必要があるでしょう。

あるいは、営業の仕事でも同じです。自分が提案する商品やサービスが、相手のどんな悩みを解決できるか?その視点に立って営業トークをすれば、成約率は上がるでしょう。

一見すると当たり前すぎる話にも思えます。ただ、商品を買うお客さんの心理をよく分析することは、モノを作ったり、商品を提案するうえで非常に大切だということを掘り下げて教えてくれます。

ちなみに、ジョブ理論はクリステンセン教授の本が有名ですが、ちょっとむずかしいと感じる人は副読本として『実践 ジョブ理論』を読んでみるのがおすすめです。

「ジョブ理論」ってなんだ?! 営業やマーケティングで超役立つ知識を入門書で読み解く
【ジョブ理論】の意味や定義についてくわしく解説します。ジョブ理論をひとことでいうと「お客さんが商品やサービスを買う理由を考えること」です。マーケティングや営業など、ビジネスで大いに活かせるのでマスターしちゃいましょう。

⑦ 武器になる哲学

僕はこれまで、哲学に関する本を何冊も読んできました。

にもかかわらず、以下のような疑問がどうしても拭えませんでした。

  • ・哲学って結局、実生活の役に立つのか?
  • ・哲学書って、なんでわざわざ難しい言い回しするんだよぉ…

つまり「哲学がなんの役に立つのかわからない」「そもそも難しすぎる」という問題に直面していたわけです。

そんな問題を一挙に解決してくれるのが、『武器になる哲学』です。

文字通り「武器」として哲学的な考え方を身につけようというのが本書のコンセプト。

「仕事やプライベートでも哲学は役に立つんだよ」という内容に落とし込んでいるのが大きな特徴です。

本書のまえがきには、以下のような一文があります。

本書と、いわゆる「哲学入門」とで大きく異なる二つ目の点は、本書で取り上げるコンセプトが、哲学史上の重要性よりも、筆者という個人にとっての有用性を元に編集されている、ということです。ぶっちゃけて言えば、筆者にとって「使えるか、使えないか」というだけの評価で編集している、ということです。

著者が生活での中で感じた「この哲学は使える」と感じたものだけを解説してくれています。

つまり、哲学の歴史を最初から紹介するような内容ではなく、日常生活で役に立つことを重視しているということです。

ちなみに、本書はKindle Unlimitedで読み放題の対象なので、お得に読むことができます。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

『武器になる哲学』は圧倒的にわかりやすい哲学の本。仕事でもプライベートでも役立つ1冊

⑧ 未来をつくる起業家

仕事における最大の悩みのひとつがモチベーションの維持です。

やる気が起きないことには、どんな仕事も良い結果は得られません。

では、どうやってモチベーションを高めるか?僕は、仕事をバリバリやって成果を上げてきた人の経験談を読むのが良いと思っています。

本書は日本国内でイチから起業をし、事業を拡大させた成功者のインタビュー本です。

STORES.jpの光本勇介氏、Lancersの秋好陽介氏など著名な起業家のリアルな実体験を垣間見ることができます。

これを読むと「よし、俺も負けてられないな」という気持ちが沸き起こるのでおすすめ。

ただ、メンタルが弱いときに読むと「この人たちとは住む世界がちがいすぎる…」と逆効果になることもあるので注意が必要かも(笑)

ちなみに、この本はKindle Unlimitedの対象作品なので、読み放題でお得に読めます。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

⑨ 1日10秒マインドフルネス

マインドフルネスというと、あやしい印象を持つ人もいるかもしれません。

しかし、実際には非常に有用なテクニックで、まったくあやしいものではありません。

これを知るか知らないかでは人生が変わると言ってもいいレベル。

僕はそれくらい影響されました。

マインドフルネスとは、ひとことでいえば「客観視することで気持ちを落ち着ける方法」のこと。

たとえば、コンビニで店員の態度が悪かったとき、ついイラッとしますよね。そのイラッとした感情に身を任せていると、ずっと嫌な気持ちが続きます。

マインドフルネスではその怒りの感情を客観視します。つまり「あ、いま自分はコンビニの店員に対してイラついてるな」と。

たったこれだけ?と思われるかもしれませんが、こうして客観的に自分を見ることで怒りの感情がスッと鎮まります。

これは怒りの感情だけではなく、漠然とした不安や心配事などあらゆる負の感情に応用可能です。

他の例でいうと、職場で上司に「おはようございます」と言ったのに無視されてしまった。このとき「どうしよう…嫌われているのかも?」という負の感情が生まれます。

そのとき「あ、いま自分はネガティブな感情を持っている」と気づくのがマインドフルネスです。

マインドフルネスで客観視する

マインドフルネスは「ネガティブ思考をやめて、ポジティブになろう!」というものではありません。ネガティブ思考はそのままで、ただそれを客観視するだけ。

つまり、自分を無理に変えるのではなく、自然体のままで負の感情を手放すことができます。

本書の特徴は「1日10秒で始められるマインドフルネス」を紹介しているところです。

誇張ではなく、本当に10秒で始められるので、マインドフルネス入門者にとってはベストな1冊だと思います。

【毎日続けられる】不安やネガティブな感情が一発で消える『1日10秒マインドフルネス』
「マインドフルネスを始めてみたい」「マインドフルネスを習慣化したい」という人におすすめなのが『1日10秒マインドフルネス』という入門書です。毎日マインドフルネスを続けることで、不安や怒りがスッと鎮まりやすくなります。

おすすめしたいビジネス書【まとめ】

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

おすすめの和書 ビジネス書
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。車とキャンプのYouTubeもやってます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB