洋書の読み方

洋書の読み方

洋書は「薄い本」に限る!挫折なしでスラスラ洋書を読むための6ステップ

洋書初心者が挫折なく最後まで読むためには「薄い本」を選ぶことが大切です。とにかく最初のうちは「最後まで読み切れた」という自信を重視して本を選ぶようにしましょう。
洋書の読み方

「洋書を読みたい」と思ったら最初にやるべきこと&やってはいけないこと

「洋書を読みたい」と思ったとき、最初にやるべきこと&やってはいけないことを解説しました。挫折なしで洋書を読むコツを知れば、最後まで読むこともできるはずです。
洋書の読み方

洋書でよく見かける Preface、Foreword、Acknowledgements、Author’s note の意味

洋書の前半・後半ページにあるPreface、Foreword、Acknowledgements、Author's note、Introduction、Table of Contentsなどの用語の意味を解説します。これを知っておくと「読み飛ばし」がしやすくなり、洋書の挫折率が下がるはずです。
洋書の読み方

英語で書かれた小説を読むのが難しい理由【海外文学を洋書で読むために】

海外文学を洋書で読みたいけど、挫折してしまった…。なぜ英語で書かれた小説は読むのが難しいのか?その理由と洋書を最後まで読み切るための解決策を考えてみました。
洋書の読み方

効果絶大!英語の本を読むと得られる5つのメリット【洋書多読がおすすめ】

 
洋書の読み方

洋書の「知らない英単語」は読み飛ばそう!ふせんを使った英単語暗記術【+ 辞書の使い方】

洋書のわからない英単語を効率的に覚える方法をご紹介します。洋書を使った英単語暗記術を身につければ、洋書を読みながら単語力アップを図れるのでおすすめです。挫折しない洋書の選び方もあわせて解説します。
洋書の読み方

最低でも手元に2〜3冊あれば挫折は防げる!複数冊の洋書を同時に読むメリット

洋書の挫折を防ぐためには「複数冊の本を同時に読む」のがおすすめです。なぜ複数冊を読むと挫折しにくいのか?実際に僕が洋書を読んできた経験をもとに解説します。
洋書の読み方

【挫折の原因】2〜3文連続で意味が取れない洋書は挫折しやすい

洋書で「わからない英単語は推測して読む」ためには、2〜3文読んでみて意味がとれるかチェックしてみるのがおすすめ。2〜3文読んで意味が取れれば、洋書を挫折せずに読み通せる可能性は高くなると思います。