出版社

出版業界ニュース

読み放題サービスの限界?アマゾンが講談社の1000を超える作品すべてを削除

アマゾンは2016年8月3日から、電子書籍の読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」をスタートさせました。月額980...
出版社

つい見ちゃう!本の電車広告でドア横が選ばれる理由とは?

どんなに良い本でも、人目につかないと売れることはありません。 反対に言えば、どんなにヒドい本でも上手に宣伝をすれば売り...
出版業界ニュース

なぜ集英社は雑誌・書籍の売り上げ減でも増収増益を達成できたのか?

集英社が8月25日に平成27年6月1日〜同28年5月31日期の決算を確定しました。 売上高は前年比0.7%増の12...
出版業界ニュース

書店の実売が大幅アップ!小学館が雑誌を100円値引きで販売するワケ

雑誌の売上額が書籍を下回ったことが話題になりました。 紙の雑誌というのは、もしかしたら時代遅れのコンテンツになってしま...
出版業界ニュース

小さな出版社を救う!「自社メディア」という新たな収益源のつくり方

最近、出版業界はさまざまなニュースが飛び交っていますね。 たとえば小学館の赤字決算。あの大御所版元が30億円超の赤...
出版業界ニュース

超有名な英語参考書『Forest(フォレスト)』がまさかの新名称を一般公募

※【追記】公募の結果、Forestは『総合英語Evergreen』に生まれ変わりました。 高校時代、慣れない英文法...
出版社

あの本を担当した編集者の名前を僕たちはまだ知らない【奥付に編集者を!】

本というのは著者のもの。かたちとしては間違いではありません。 しかし、実際のところ(厳密に言えばお金関係)を見れば、本...
出版営業

【出版営業絶滅論】出版営業という仕事は、やがて死に絶えてしまうのか?

わたしは約2年間、出版社の営業として本屋や取次を担当していました。 本屋は大好きですから、趣味と仕事が合わさったよ...
出版営業

食える出版社の営業になるには?上司や先輩から盗んだ「5つの習慣」

新卒で就職をして、アレコレと転職を繰り返してきました。 結果的に、正社員として働いた出版社の営業が最も長い職歴となりま...
出版社

なぜ講談社現代新書のカバーデザインは収集癖を強く刺激するのか?

出典:metrol.co.jp 人は見た目がなんちゃらとよく耳にします。 それと同じで、本も見た目がとっても大事...