読書術

読書術

あなたの「積ん読」を劇的に減らす3つの読書術!

読書好きの永遠の悩み。それが「積ん読(つんどく)」です。 本が好きだから、本屋に通う。Amazonをチェックする。 欲しくて買ったけど、結局読まないで部屋に積んでしまう。 こんなサイクルで積ん読はどんどん増えていきます。 しかし、どこかで必ずこのサイクルは食い止めないといけません。 なぜなら、放っておくと家の床が抜けてしまうからです! さて、どうすれば積ん読は解消できる...
読書術

【超簡単】本を開いたまま止められる「ブックストッパー」は300円で自作できる

みなさんは普段、どんな体勢で本を読みますか? イスに座って姿勢よく読む人もいれば、決まってベッドに寝転びながら読む人もいるでしょう。 私はというと、デスクに本を開きながら読むことが多いです。 小説はもちろん読みますが、参考書や大判の本を開きっぱなしにして勉強をする機会も少なくありません。 そのときにいつも困るのが「本をどうやって固定するか?」ということ。 書き物をするときに、何と...
読書術

おすすめ!便利な読書グッズ6選で快適に本を読もう

ふとした瞬間に「こんな読書グッズがあればいいのに…」と思うことはありませんか? 本を読むのは楽しいですが、読書は疲れるものでもあります。 少しでも楽しく快適に読書を楽しみたい人におすすめしたい「読書グッズ」をご紹介します。 手を使わずに本を読む!「ブックスタンド」 本を読んでいて「手を使わずに開きっぱなしにしたいな〜」と思った経験はありませんか? 本を開いた状...
読書術

快適に本を読む!読書にオススメの場所ランキングTOP10

本を読む「場所」は非常に重要です。どこで読むかによって集中力も変わってきますし、得られる読書効果にも大きな差が生じます。というわけで、僕がおすすめする読書に最適な場所をランキングでご紹介します。
読書術

本を貸す人の心理・本を借りる人の心理とは?

「この本、チョー面白いから読んでみて!」 なんて言って、本を人に貸すことがあります。 貸す側も借りる側もノリ気ならまだいいのですが、貸し手のテンションが一方的に高いだけの場合も。 そのあと本を返してもらって、あなたは愕然とするのです。 「ちょ…本がめっちゃ傷んでいる!」 今回は本を貸す人の心理と借りる人の心理について考えてみたいと思います。 貸すから読んでみて!は断りづらい...
読書術

はじめての「読書会」超入門!意外な本との出会いを楽しもう

本を読むのはすごく個人的な行為ですが、そこに社会とのつながりを持たせることができる読書会。 名前を聞いたことはあっても、実際に参加したことはないという方も多いのではないでしょうか。 実はいま、この読書会がジワジワと広がりつつあります。 読書会とは一体なんなのか?そして、日本にはどんな読書会があるのか? 興味はあるけど、よく知らない方のための「読書会」超入門をお届けします。 そもそも読...
読書術

読めない本を解消する!積ん読に別れを告げる方法

本屋ほど、人に購買欲を掻き立てる空間はありません。 そんな空間が災いしているのでしょうか。本が好きな人にとっては積ん読が永遠の課題となっています。 積ん読とは、読んでない本が部屋にどんどん積まれていくこと。 これ以上、積ん読で悩む人を生まないためにはどうすればいいのでしょうか? 今回は積ん読の悩みを解消するために知っておきたい「読まない本と出会わない方法」をご紹介。 これであなた...
読書術

本がもっと楽しくなる!おすすめのブックカフェと読書イベント

本は一人で楽しむもの。 それがいわゆる本の在り方です。 とはいえ、読んだ本の感動や面白さ、時にはつまらかった話を共有したいときだってあります。 でも、読んだ本について一緒に盛り上がれる仲間というのはなかなか見つからないもの。 どんなに仲の良い友人であっても、同じジャンルの本が好きとは限りません。 ですから、日常の中で共通の本の話題で盛り上がる機会は意外と少なかったりします。 ...
読書術

なぜ読書アドバイザーという資格は広まらないのか?

「読書アドバイザー」という資格は、業界にいる人なら一度は聞いたことがあるでしょう。 でもどうでしょう。業界外にはまったくと言っていいほど知られていません。 もっと広まればいいのにと思っている、読書アドバイザーという資格。 どんな資格?仕事はなにをするの?など、こまかく見ていきたいと思います。 せっかく良い資格なのに、コンセプトがわかりにくい 個人的にこの資格自体はとてもいいと思う...