歴史・哲学

おすすめの和書

世界を変えたファッションデザイナーの偉人伝『アパレル全史』を読んだら面白すぎた

『「イノベーター」で読む アパレル全史』を読みました。読んだ感想を内容をくわしくレビューします。ファッションデザイナーの歴史を知りたい人には超おすすめの1冊です。
おすすめの和書

国が戦争時に使う「言い訳」に騙されないために『戦争プロパガンダ 10の法則』

過去の戦争国が用いてきた「都合のいいプロパガンダ」がわかる『戦争プロパガンダ 10の法則』を読んだのでレビューします。この本を読めば「あの戦争国の主張には、もしかしたら裏があるのかも?」そんな疑問を持てるようになるはずです。
おすすめの和書

ニューヨークが世界一の都市になった理由『世界史•10の「都市」の物語』

冷静に考えると、なぜニューヨークが世界で1番の都市になったのか。不思議ですよね。そんな疑問に答えてくれるのが『世界史•10の「都市」の物語』という本です。くわしくレビューします。
おすすめの和書

【入門にピッタリ】哲学の歴史と用語をわかやすく解説してくれる本『面白いほどよくわかる哲学の本』

哲学の入門書として『面白いほどよくわかる哲学の本』を読んだのでくわしくレビューします。哲学用語の解説もわかりやすく、レイアウトも読みやすいので最初の1冊としておすすめです。
おすすめの和書

最初の1冊にピッタリ!初めて読書する人におすすめの本【小説、ビジネス書、歴史の本】

初めて読書する人におすすめの小説とビジネス書を紹介します。最初の1冊目に何を読むべきか?わからない人は、ぜひ参考にしてみてください。
おすすめの和書

【きっかけの本】僕が読書にハマったきっかけの本。そして、会社を辞めるきっかけになった本

僕が読書にはまったのは、中学生のときの出来事がきっかけです。そして、新卒で会社を辞めたのも、ある1冊の本がきっかけです。人生の転換点には、いつも本がありました。
おすすめの和書

【最悪の独裁者】なぜヒトラーの演説は国民を扇動できたのか?その理由が凄すぎた

ヒトラーの演説は「感情的」「大げさなジェスチャー」というイメージが強いはず。しかし、そのジェスチャーがじつはプロによる訓練を受けたものだったとしたら…。
おすすめの和書

これ以上わかりやすい世界史の本を他に知らない『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

受験生はもちろん、世界史を学び直す社会人にオススメしたい本が『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』です。世界史の本としては珍しく「なぜその出来事が起きたのか?」という理由が非常にわかりやすく書かれています。
おすすめの和書

【毎日続けられる】不安やネガティブな感情が一発で消える『1日10秒マインドフルネス』

「マインドフルネスを始めてみたい」「マインドフルネスを習慣化したい」という人におすすめなのが『1日10秒マインドフルネス』という入門書です。毎日マインドフルネスを続けることで、不安や怒りがスッと鎮まりやすくなります。
おすすめの和書

【読書感想】『社会人大学 人見知り学部 卒業見込み』はエッセイの仮面を被った自己啓発書だ

わたしは定期的に「人見知りを直したくなる病」にかかるのですが、『社会人大学 人見知り学部 卒業見込み』と出会ったのは、その病を発症し、Amazonで「人見知り」と検索したときのことでした。 オードリーの若林さんは、アメトーークでも披露した「人見知り」で多くの共感を得て、いわば人見知りを武器にしてのし上がった人です。 あくまでもエッセイという体裁をとっている本書ですが、内容を読むと自己啓...