文芸書

おすすめの和書

「大切な人が死ぬこと」そして「残されて生きていく」ということ【『その日のまえに』重松清】

重松清『その日のまえに』 (文春文庫)を読んだ感想をご紹介します。大切な人や家族の死、あるいは余命宣告で苦しむ人に読んで欲しいおすすめの本です。
おすすめの和書

『アルキメデスは手を汚さない』犯人云々より、タイトルの謎が解けて最高の読後感

あまり推理小説を二度読み返すことってないんですが、『アルキメデスは手を汚さない』は時間を置いて2回も読んでしまい...
おすすめの和書

『我が家のヒミツ』奥田英朗【サクッと読めて、最高の読後感を味わえる】

奥田英朗『我が家のヒミツ』を読んだ感想をご紹介します。短編集なのでサクッと読めて、なおかつ読後感は最高です。小説をスカッとしたい、悩みを晴らしたい人におすすめ。
おすすめの和書

読書が苦手な人に奥田英朗の小説をオススメする3つの理由

小説は非日常を手軽に味わえる最高の娯楽です。 ただ、”本を読む”ということに苦手意識を持つ人はまだまだたくさんいま...
2020.01.29