おすすめの和書

おすすめの和書

【うさんくさい速読とは決別】今度こそ本が速く読める!おすすめの速読本

「速読はうさんくさい」と思っている人に読んで欲しい、これまでの速読術とは明らかに違う本の読み方が書かれた1冊をご紹介。本を速く読みたい読書好きや、読書が苦手な初心者にもおすすめの本です。
おすすめの和書

【読んだ本を忘れない読書術】記憶に残る本の読み方を試して感じた3つのポイント

「読んだら忘れない読書術」を読んだ感想をレビューします。読書を記憶に残りやすくするための方法がわかりやすく書かれています。読書を記憶に定着する方法を知るのにおすすめの1冊です。
おすすめの和書

仕事をする人は知っておかないとヤバい事実『アフターデジタル』【デジタル化された社会で生き残るための本】

『アフターデジタル』を読んだ感想をレビューします。要約すると「個人データに基づいて社会システムが構築される未来」が描かれてます。この本を読むと日本が中国よりもだいぶ遅れていることを痛感します。
おすすめの和書

「地理」の雑学が面白く読める『人生が変わるすごい地理』

『人生が変わるすごい「地理」』の書評&レビューをご紹介します。雑学的に読む本としてはおすすめですが、タイトルがちょっと大げさかな…というのがリアルな感想です。
おすすめの和書

東京の「変な外国人」から語学を学ぶメンタルの強さ『異国トーキョー漂流記』

高野秀行著『異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)』を読んだ感想をレビューします。おもに「外国人から外国語を学ぶ話」を中心としたエッセイなんですが、笑えるエピソードも盛り盛りです。おすすめの1冊。
おすすめの和書

世界中の珍しい国が超面白い!知らない国が楽しく読める『国マニア』

『国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ! (ちくま文庫) 』を読んだ感想をレビュー。世界情勢や地理が好きな人、あるいは国についての雑学に興味がある人にはおすすめの1冊です。
おすすめの和書

「大切な人が死ぬこと」そして「残されて生きていく」ということ【『その日のまえに』重松清】

重松清『その日のまえに』 (文春文庫)を読んだ感想をご紹介します。大切な人や家族の死、あるいは余命宣告で苦しむ人に読んで欲しいおすすめの本です。
おすすめの和書

これはおもしろい!会社の数字を”経営者目線”で学べる本『コーポレートファイナンス 戦略と実践』

会計とファイナンスについて経営者目線で学べる『コーポレートファイナンス 戦略と実践』をレビュー。会社の数字を実践的に知りたい人におすすめの1冊です。
おすすめの和書

アート作品を投資目的で買うのは最高かもしれない『教養としてのアート 投資としてのアート』

アートを投資目的で買おうと考えているなら、絶対に読んでおくべきおすすめの1冊です。「どんなアートが値上がりするのか?」「買ってはいけないアートとは?」など、アート初心者でもわかりやすく読めます。
おすすめの和書

カラスはマヨネーズが好き。天敵はフクロウ。カラスの生態が凄すぎた『カラスの教科書』

『カラスの教科書』の書評、レビューです。カラスといえば嫌われる鳥の代名詞で、ゴミ漁り問題に悩まされる人は多いでしょう。カラスの生態について知るだけで、カラス嫌いが少しだけ和らぐかもしれません。