『速読速聴・英単語 Core 1900』を使った効果的な英語勉強法【音読&シャドーイング】

4.5
『速読速聴・英単語 Core 1900』を使った効果的な英語勉強法【音読&シャドーイング】おすすめ本・書評

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

最近は英検を意識して英語学習に取り組んでいるんですが、過去問ばかり解いていたら飽きてしまいました。

やっぱり英語学習は自分の興味が持てる教材でやらないと続かないよなぁと改めて痛感した次第です。

「興味が持てる」という点でいうと、『速読速聴・英単語 Core 1900』(以下、「速読速聴・英単語」)は素晴らしい教材です。

というわけで今回は、「速読速聴・英単語」をレビューしつつ、本書を使った効果的な英語勉強法について考えていきたいと思います。

僕が「速読速聴・英単語」を選んだ理由

以前、こんなツイートをしました。

英検準一級の過去問を解いていると、英語学習における最強の敵である「飽き」が出現。

これはマズイと思って「やっぱり興味が持てる教材で勉強しないとね」と過去問をやめて、『Core 1900』に切り替えた。

飽きて英語やめちゃうくらいなら、非効率でも他の本にスイッチしたほうが良い。という持論。

最初にも説明したとおり、英語を勉強してると「飽きる」「嫌気が差す」というのが日常的に発生します。

そこであっけなく挫折するくらいだったら自分の好きな教材に切り替えたほうがいいよね、ということです。

自分が興味の持てる教材というのは、人それぞれ異なると思います。

僕が「速読速聴・英単語」を選んだのは、内容がおもしろいからです。

「速読速聴・英単語」には、英語教材にありがちな無味乾燥な作り話は一切ありません。大人が読んでも楽しく、教養まで身につくニュース記事が掲載されています。

具体的には以下のような内容で構成されています。

  • ■ 環境
  • ■ 教育
  • ■ 社会
  • ■ 政治・国際情勢
  • ■ 経済・ビジネス
  • ■ 司法
  • ■ 科学・テクノロジー
  • ■ 医療・健康

The Japan Times、AP通信、ロイター、The Economist といった本格的なニュース記事が掲載されているのがポイントです。

具体的なトピックを少しだけ拾ってみましょうか。

  • 日本の若者、留学先として米国やヨーロッパを避ける
  • PTAがFacebookと協力してインターネットの安全性を向上
  • 霊長類の父親が子育てに関わると寿命が伸びる
  • 台湾がアジアで初めて同性婚容認へ
  • 音楽療法はきわめて効果の高い手段である

どうでしょうか。タイトルを見ただけで興味が湧くものばかりではないかと思います。

「速読速聴・英単語」が英語も勉強しつつ、教養も身につけることができる格好の教材であることがおわかりいただけるはずです。

ちなみに、本書はパートⅠとパートⅡに分かれていて、パートⅠは全部で64のニュース記事が掲載されています。

「速読速聴・英単語」の使い方・学習方法

紙の読書ノートより、見やすく書けるようになった

さて、ここからは具体的な学習方法について紹介していきます。あくまでも僕が個人的に試してるだけなので、参考程度に見てください。

いずれも、1つのトピックごとに行います。

  • ① なにも見ないで英語の音声だけ聴く(2〜3回)
  • ② 1文ごとに聴いて、聞き取れなかった文・単語を丸で囲む
  • ③ 日本語訳と照らし合わせて、全体の意味を確認する
  • ④ 音声を聴いて、テキストを見ながら音読する(オーバーラッピング) 3回
  • ⑤ 音声なしで、テキストを見ながら音読する 3回
  • ⑥ 音声のみ、テキストなしで音読(シャドーイング)3回

ちょっと項目が多いのでギョッとするかもしれませんね。

最初のうちはこの手順を踏むのが面倒に感じると思いますが、慣れてくると自然とできるようになります。

リスニングにおける自分の弱点を把握する

リスニング

①と②のステップでは、自分が聴き取れない文や単語を把握します。

テキストを見ずにいきなり音声を聴くということは、なにも事前情報がありませんから純粋に自分のリスニング能力が問われるわけです。

そこで聴き取れなかった箇所に丸をつけて印をつけておきましょう。

そうすることで、次にどこかでその文や単語が出てきたときに「あ、これ前に聴いたやつだ」と対応できるようになります。

聴き取れない理由としては、

  • ・そもそも、英単語を知らない
  • ・リエゾンで発音が変化している

などの理由が挙げられます。

最初の段階で自分の弱点を把握しておけば、英語の学習効率が上がるはずです。

ちなみにリエゾンというのは、単語と単語が結びついて音声が変化することです。

たとえば got it (わかった)というのは、続けて発音すると「ガァリット」という音声になります。これがリエゾンです。

とにかく声に出して英語を発音する

④〜⑥のステップは、音読がメインの学習になります。

④のオーバーラッピングというのは、英語の音声にかぶせながら発音する方法です。これによって、正しい発音方法やリエゾンを理解します。

⑤の音読は、自分のなかに発音やリズムを落とし込む作業になります。

最後に⑥の仕上げとして、なにも見ずに音声だけでシャドーイングをします。

シャドーイングは発音やリエゾンが身についてないと上手くできません。もしシャドーイングがスムーズにできない場合は、④と⑤を繰り返しましょう。

正直しんどいけど効果抜群!私が英語音読を強くオススメする3つの理由
英語力を身につけるには音読学習が効果的です。わたしは何度も挫折してきましたが、ようやく英語の音読が習慣化できました。英会話や英語リーディングにも高い効果がある音読学習のコツをご紹介します。

「速読速聴・英単語」の難易度に注意

英語レベル

「速読速聴・英単語」はシリーズ化されていて、難易度別に本が分かれています。

TOEIC版を除くと6つのレベルに分かれているので、自分の英語レベルにあったものを選びましょう。

僕が買ったのは Core 1900です。これは英検2級〜準1級、TOEIC 600〜800点に相当するレベルになります。

僕はTOEIC655点のときにスタートしましたが、「難しいけど、やりごたえがある」という感覚でした。

Amazonのレビューなどを見ると「思ったより難しくて挫折した」という声もあるので、選ぶときは注意しましょう。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

おすすめ本・書評 おすすめ英語教材・本 リスニング・多聴 リーディング・多読 英単語帳
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
本と英語のブログ「コトビー」(月間10万PV)を運営。書店員および出版社での仕事を経験後、独立しました。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。本と本屋が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / 本と英語のブログ