distance oneself from〜の意味と使い方・例文【distance を動詞として使う】

distance oneself from〜の意味と使い方・例文【distance を動詞として使う】英文法・英語フレーズ

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

distance oneself from〜 は「〜と距離を置く」という意味です。

distance には「距離」という名詞としての意味があります。これは多くの人が知っている単語かなと。

その意味さえ知っていれば、distance oneself from〜を熟語として知らなくても、パッと見た感じでニュアンスだけは掴めるかもしれません。

とはいえ、この熟語で注目したいのは distance が動詞として使われているということです。

distance oneself from〜 が「〜と距離を置く」という意味になっているところからもわかるように、distance には「遠ざける」「距離を置く」といった動詞としての用法があります。

distance = 「距離」という意味の名詞】と覚えている人は多いと思うので、動詞としての使い方も知っておくと役立つと思います。

さて、 distance oneself from〜を熟語単体だけを見ればその意味はつかみやすいかもしれません。が、英語の長文の中に出てくると訳すのに意外と苦戦します。

たとえば、以下の文は英検準1級の過去問に出てくる例文です。

the pachucos  adopted the zoot suit out of a desire to distance themselves from mainstream America, (以下略)

パチューコがズートスーツを着たのは、アメリカの主流派と距離を置きたいと望んだからだ

いきなりパチューコだのズートスーツだの言われても何のこっちゃわからないと思いますが、たとえdistance oneself from〜 という熟語を知っていたとしても、パッと意味を取るのはむずかしいですよね。

やはり”塊”で熟語して読めるかどうかが、英文読解の正確さやスピードに大きく関わってくるということがわかります。

ただ、distance oneself from〜を熟語として知らなくても、to 不定詞の用法を知っていれば、distance が動詞として使われていることが理解できます。

なぜなら、ここでは 直前に a desire という名詞があり、その後ろに to distance と続いているからです。

これはつまり、不定詞の形容詞的用法ということになります。 to distance 以下の文が、a desire を後ろから修飾しているということです。

ちょっとわかりにくい例文が続いてしまったので、ここからはもう少しシンプルでわかりやすい例文を紹介したいと思います。

  • I tried to distance myself from her.
  • 僕は彼女とは距離を置くことにした。
  • He decided to distance himself from his family.
  • 彼は家族と距離を置くことに決めた。

「距離を置く」という意味なので、例文がちょっと悲しい感じになりがちですが(笑)、こんな感じで使うことができます。

ポイントは oneself でしょうか。主語に合わせてきちんと使い分ける必要があるので、英作文のときには注意が必要です。

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

英文法・英語フレーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
読書&英語学習に関するブログです。読書、本の読み方、おすすめの本、英語学習、洋書について記事を書いています。
書店員および出版社での仕事を経験後、独立。2013年に読書ブログ「コトビー」を開始しました(月間約10万PV)。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。本と本屋が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB