【Wi-FiなしでもOK】dマガジンをモバイル回線やオフラインで使う方法

【Wi-FiなしでもOK】dマガジンをモバイル回線やオフラインで使う方法 dマガジン

こんにちは、アユムです。

僕がdマガジンを使い始めてから4年以上経ちますが、紙の雑誌はめっきり買わなくなってしまいました。

やっぱり、読みたいときに読みたい雑誌をスグに読めるのは最高です。

「dマガジンはWi-Fiがないと使えない」と思っている人も多いですが、Wi-Fiなしでもサクサク読むことができます。

とはいえ、やはり通信量が気になると思いますので、自宅にWi-Fiがない人が心おきなくdマガジンを使い倒す方法をご紹介したいと思います。

無料でdマガジンを試してみる

dマガジンはWi-Fiなしでも使える。モバイル回線もOK

Wi-Fiなしでも読める

あらためて説明しておくと、dマガジンのアプリはWi-Fiに接続していなくても使うことができます。

いいかえれば、4Gや5Gなどのモバイル回線(スマホの通信)でも使えるということです。

家にWi-Fiがないという人も多いと思いますから、モバイル回線のみでOKというのは助かりますね。

モバイル回線が使えるということは、外出先でもdマガジンを閲覧できるということです。

電車内はもちろん、カフェや旅行先でもdマガジンを読むことができます。

ただし、ひとつ注意したいのがdマガジンの使いすぎ(読み込みすぎ)による通信制限です。

dマガジンの通信量は1冊あたり100MB前後

dマガジンのデータ通信量

dマガジンは普通のネット通信よりもデータ量が多いため、スマホのモバイル通信だけで読み込みを続けていると通信制限を食らうことがあります。

どの雑誌を読むかによって通信量に差がありますが、だいたい1冊あたり100〜150MBの通信量が発生します。

カラーページが多い雑誌だと容量はさらに増えていきますので、雑誌によっては300MB近い通信量が必要となる場合もあります(ファッション雑誌などは特に通信量大)。

とはいえ、読みたい雑誌があるのに通信量が心配だからといって読まないのではdマガジンを契約している意味がありません。

どうすれば通信量を節約しつつ、なおかつWi-Fiなしでdマガジンを楽しめるのでしょうか?

無料でdマガジンを試してみる

無料Wi-Fiを使って、ダウンロードしよう

dマガジンの無料お試し

結論からお伝えすると、無料のWi-Fiスポットを活用してdマガジンを読み込むのがおすすめです。

スマホやタブレットを無料のWi-Fiにつなぐことで、dマガジンを楽しむことができます。

方法はいたってシンプルでして、外出先にある無料のWi-Fiスポットに登録し、Wi-Fi通信でdマガジンを閲覧するというもの。

知らない人のために説明しておくと、最近はコンビニや商業施設、さらには電車内などで無料で使えるWi-Fiが提供されていることがあります。

これらの場所ではちょっとした登録作業をおこなうだけで、無料で誰でもWi-Fiが使えます。

ですから、通信量が大きいdマガジンの読み込んでも、自分のモバイル通信量を食うことなく通信が可能になります。

【感想&評判】dマガジンを使い倒す僕がメリット&デメリットを本気でレビュー
雑誌読み放題のdマガジンを使ってみた感想を正直にレビューします。評判はいろいろ聞きますが、dマガジンと楽天マガジンを比較するとメリットとデメリット両方あるかな、というのが率直な感想です。

無料Wi-Fiを使ってダウンロードしておけばオフライン閲覧も可能

dマガジンの欠点・デメリット

無料Wi-Fiが使える場所でずっと滞在していれば特に問題ないのですが、その場所にずっといるとは限らないですよね。

たとえば空港の待ち時間にWi-Fiでdマガジンを読んでいたとしても、飛行機の離陸時間になったらその場を離れないといけません。

そんなときは、dマガジンのダウンロード機能を使って、アプリ内に雑誌データをダウンロードしておきましょう。

そうすれば、Wi-Fiはおろか、オフライン(電波なし)でもdマガジンを読むことができます。

dマガジンのアプリにはダウンロード機能が最初から備わっていますから、誰にでも簡単にダウンロードが可能です。

ダウンロード機能については以下の記事でもくわしく解説しました。

dマガジンのダウンロード方法は超簡単!オフラインでも雑誌を読む方法
dマガジンのダウンロード方法をくわしく解説。dマガジンはスマホやタブレットに記事をダウンロードできるので、電波が通じないオフラインでも雑誌を読めるので便利です。

dマガジンのダウンロードを活用しよう

Wi-Fiなしの環境でもdマガジンを読むために、まずはダウンロード方法を見ていきましょう。

スマホでdマガジンアプリを開きます。そして、自分が読みたい雑誌(ダウンロードしたい雑誌)をタップして表示させましょう↓

Wi-Fiなしでdマガジンを読む方法

画面の下に【雑誌紹介】というアイコンがありますので、こちらをタップします。

すると、以下のように緑色のボタンで【一冊すべてダウンロード】というのがありますので、こちらをタップしてください↓

Wi-Fiなしでdマガジン

これでダウンロードは完了です。この作業をしておくだけで、Wi-Fiなし(オフライン)の環境でも雑誌を読むことができます。

ダウンロード済みの雑誌を読みたいときは、雑誌を普通に開くだけで読めます。

無料のWi-Fiスポットでこの作業をしておくだけで、自分のモバイル通信容量を使うことなくdマガジンのダウンロードができちゃうわけです。

ですから、外出先のWi-Fiスポットで読みたい雑誌のダウンロードを済ませておけば、あとは家でゆっくりと通信容量を使うことなくdマガジンが読めてしまいます。

無料でdマガジンを試してみる

無料Wi-Fiが使える場所をチェックしておこう

結局重要なのは無料Wi-Fiスポットです。というわけで、ここではちょっと範囲を広めにして、無料のWi-Fiスポットをご紹介したいと思います。

いずれも料金は発生しませんが、会員規約への同意やメールアドレスの登録が必要な場合があります。

全国にチェーンがあるカフェの無料Wi-Fi

  • ▷ スターバックスコーヒー
    ▷ タリーズコーヒー
    ▷ ドトールコーヒー
    ▷ 上島珈琲店
    ▷ PRONTO
    ▷ ルノアール
    ▷ コメダ珈琲
    ▷ マクドナルド(厳密にはファストフード)

コンビニの無料Wi-Fi

  • ▷ セブンイレブン(イトーヨーカドー、デニーズも可)
    ▷ ファミリーマート
    ▷ ローソン

公共交通機関の無料Wi-Fi

  • ▷ 羽田空港
    ▷ 成田空港
    ▷ 都営地下鉄
    ▷ 都営バス
    ▷ 新千歳空港
    ▷ 中部国際空港
    ▷ 伊丹空港
    ▷ 関西国際空港
    ▷ 福岡空港
    ▷ Nishitetsu Bus Free Wi-Fi

こんな感じで、カフェやコンビニ、さらには交通機関まで幅広い場所で無料Wi-Fiが使えます。

ただ、メールアドレスの登録がけっこう面倒だったりするので、そこがネックですね。

スタバとタリーズのWi-Fiは利用規約の同意だけで使えるので、他と比べるとラクです。カフェでコーヒーを飲みながら優雅にdマガジンをチェックするのも良いですね。

1番身近なコンビニのWi-Fiはいずれも会員登録が必要なので、ちょっと面倒。

ただ、一度登録しておけば次回以降はすぐにWi-Fiにつなげるようになるので、最初だけ頑張ればOKです。

こんな感じで、無料Wi-Fiを活用すれば、自宅にWi-Fiがなくてもdマガジンをサクサク楽しめちゃいます。

無料でdマガジンを試してみる

  • ○ 読める雑誌が400誌以上と豊富
  • ○ 記事別ランキング読める
  • ○ 独自の特集がおもしろい
  • ○ 月額400円(税別)で読み放題
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ dポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 操作しづらいと感じる人も多い
  • ✕ 読み込みが遅い
  • ○ 雑誌定額サービス最安の月額380円(税別)
  • ○ 年額プランなら960円値引き(年額3,600円)
  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ 楽天ポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブック放題
  • ○ 雑誌200誌以上、マンガ20,000冊以上が読み放題
  • ○ 旅行ガイド「るるぶ」が100冊以上読める
  • ○ 月額500円(税別)と料金が安い
  • ○ 1ヶ月の無料お試し期間あり
  • ✕ コミックのラインナップがイマイチ
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
dマガジン 雑誌定額サービス
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー