DMM英会話の契約期間は1ヶ月ごと!休会や退会方法もカンタンで安心

DMM英会話の契約期間は1ヶ月ごと!休会や退会方法もカンタンで安心 DMM英会話

DMM英会話は契約期間が短いので気軽にレッスンを受けられます。

休会や解約方法もかんたんなので、やめたいときに簡単にストップできます。

DMM英会話の契約期間は1ヶ月単位

DMM英会話の契約期間は1ヶ月で、1ヶ月経過するたびに更新をする仕組みになっています。

つまり、最低でも1ヶ月分の料金は払う必要があります(ただし、初回1ヶ月は無料)。

ですから、DMM英会話は「1日だけ」とか「1週間だけ」という使い方はできません。

もっと激短でオンライン英会話を楽しみたい人には、DMM英会話はおすすめできません。

1ヶ月単位で自動更新なので要注意

DMM英会話は、契約日から1ヶ月が経つと自動的に更新となります。

そのまま継続したい人は特に手続きが不要なので便利ですが、退会を検討している人は退会手続きが必要です。

契約期間の途中で退会した場合でも、日割り計算による返金はありません。契約満了日まで契約は続きます。

休会と退会はなにがちがうのか?

DMM英会話には、休会と退会の2種類があります。ちがいは以下のとおりです。

  • 休会
  • 受講データを残したままレッスンをお休みする
  • (休会中、料金は発生しない)
  • 退会
  • すべての会員情報を削除し、解約する

名前からも想像しやすいと思いますが、休会と退会は「データを残すかどうか」にちがいがあります。

一定期間だけ休みたいときは「休会」

たとえば、「来月は仕事が忙しくてレッスンを受けられそうにない」という場合は、来月の1ヶ月だけ休会するという方法があります。

休会しておけば、これまでの受講データ(レッスンノート)やレッスンの累計時間も残しておくことが可能です↓
DMM英会話の累計時間

DMM英会話を解約するときは「退会」

一方で「もうレッスンを受けることはない」という人は、退会を選びましょう。

退会を選ぶと、これまでのレッスンノートや英会話の時間合計がすべて削除されます。

DMM英会話を今後将来的に再開する予定がある人は「とりあえず休会にしておく」のがおすすめですが、データを残しておくのがなんとなく気持ち悪いという人は退会を選びましょう。

休会の申請や取り消しはとてもカンタン

休会したいと思ったら、DMM英会話のマイページから手続きをしましょう。

手続きといっても、ボタンを押すだけで休会が完了するので非常にかんたんです↓
DMMの休会ボタン

休会を取り消したいときもボタンひとつでOK

休会をしたあとに、「やっぱり契約を更新したい」という場合も簡単です。

休会を取り消すと、次回の更新日以降も契約が継続となります。
DMM英会話の休会取り消し

DMM英会話 オンライン英会話
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。現在の目標は1日1冊、洋書を読むこと。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー