【もう飽きない】英語の勉強を飽きずに続けるためのコツは3つある

英語勉強法

英語の勉強はすぐに成果が出ないので飽きやすく、挫折しやすいものです。
飽きずに長く学習を継続させるには、ちょっとしたコツがあります。
飽きっぽい私が、英語を続けるために何をやったか?実際の経験をもとに、飽きずに英語を続ける方法を解説します。

①英語の勉強を習慣化する(才能は必要なし)

英語の勉強に飽きたり、嫌になるというのは「頑張らなきゃいけない」という心理があるからです。つまり、意志力がないと絶対にツラくなります。
英語の勉強を頑張る、のではなく「自然と続いてしまう」という状況に持っていくのが、英語学習を長続きさせるコツです。
それを叶えるのはズバリ、「習慣化」です。英語を習慣化しましょう。
習慣化させると、「英語をやらなきゃ」「今日もまた勉強できなかった」というマイナスの意識を持つことがなくなります。なぜなら、頑張ろうと思わなくても英語学習が続くからです。
むしろ「英語をやらない日は気持ちが悪い」と感じるようになれば、英語学習が習慣化したと言っていいでしょう。
どうやって英語学習を習慣化するのか?小さい目標を着実に達成して、それを継続することです。
たとえば、「今日から英語をやるぞ!」といって初日からいきなり3時間もやるのはおすすめしません。それをやってしまうと、「英語=しんどい」という意識が脳にインプットされてしまうからです。
そうではなくて、まずは「本のページを開いてみる」など、この程度の小さい目標からスタートさせましょう。ページを開いたらそれで1日の目標は達成なので、他のことはやらなくてOKです。
一見するとどうしようもなく小さな達成ですが、スモールステップから始めることが大切です。これを少しずつ変えていくことで英語は習慣化します。
英語の習慣化についてくわしく知りたい人は以下の本がおすすめです。英語に限らず、あらゆることの習慣化に役立つことが書かれています。
[自分を変える習慣力カエレバ]

②信頼できる英語教材(本やアプリなど)を見つける

英語の勉強に飽きてしまう = 使っている教材に飽きてしまった、とも言えると思います。
英語学習を続けるうえで「本当にこの教材をやって意味あるのかな?」という疑いは最大の敵です。
つまり、勉強に使っている本やアプリが自分に向いていなかったり、「この教材なら信用できる」と思えないと英語の勉強に飽きやすくなります。
裏を返せば、自分が本当に信頼できる英語教材に出会うことができれば、飽きる可能性は低くなるし、挫折率も低くなります。
そこで気になるのが、どうやって信頼に足る英語教材を見つけるかです。
まず絶対に欠かせないのは自分がどんな目的で、なにを目標にして英語を勉強するのか?を決めることです。
英語とひとことでいっても、読む・書く・聴く・話すといった技能があります。その技能によって、使うべき教材は異なるわけです。
そのため、自分が伸ばしたい技能に合わせて教材を選ぶことで、飽きることなく英語の勉強を続けやすくなります。
とはいえ、正直言って技能別に教材を選ぶのは面倒ですし、「そんなのわからない!」という人も多いと思います。
なので、信頼できる教材を選ぶひとつの目安として、ベストセラー(往年の名教材)を選ぶのがおすすめ。
実際にわたしも使って満足度が高かったのは、『瞬間英作文』『DUO』(英単語帳)です。
この2冊は、どんな目的で英語を学ぶせよ、確実に役立つ英語力が身につきます。信頼に足りるのに、挫折率を下げてくれます。
[瞬間英作文カエレバ]
[DUOカエレバ]

③思い切って英語コンサルタントに依頼してみる

英語を勉強する人の多くは独学です。英会話で講師とふれあう機会はあっても、基本的には座学で勉強をすることが多いでしょう。
独学はたしかにお金もかからず、自分の好きな時間に勉強できるメリットがあります。
しかし、自分一人で勉強をすることになるので、飽きてしまえばそれでおしまい。誰も支えてくれません。
もし自分ひとりでは英語に飽きてしまうという人は、コーチング型英会話(コンサル付き英会話)がおすすめです。
ふつうの英会話スクールは講師とおしゃべりして終わりですが、コーチング型英会話はふだんの学習プランの作成や管理をサポートしてくれます。
たとえば私が通っていた[トライズ]という英会話は、ネイティブ講師と専任の日本人コンサルタントが英語学習をサポートしてくれます。
https://investocker.com/consultant-ec/
「どの教材を使うか」、「1日何時間やるか」、「どのタイミングで勉強するか」、「何ページから何ページをいつまでに進めるか」など相当細かいところまで一緒に考えてくれます。
たしかにお金はかかりますが、短期間で非常に高い学習効果を得られるので、費用対効果は抜群だと思います。
わたしは[トライズ]がおすすめです。3ヶ月間などの短期間が多いコーチング型英会話において、トライズは最長1年間のプランもあります。

順位タイトル著者出版社本体価格
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの
『マネジメント』を読んだら
岩崎夏海ダイヤモンド社1,600
人生がときめく片づけの魔法近藤麻理恵サンマーク出版1,400
9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディ
ズニーの教え方
福島文二郎中経出版1,300
日本中枢の崩壊古賀茂明講談社1,600
エッセンシャル版 マネジメント 基本と原則P.F.ドラッカー
上田惇生 編訳
ダイヤモンド社2,000
働く君に贈る25の言葉佐々木常夫WAVE出版1,400
稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?亀田潤一郎サンマーク出版1,300
憂鬱でなければ、仕事じゃない見城 徹
藤田 晋
講談社 1,300
死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っ
ておきたい100の言葉
千田琢哉かんき出版1,100
10 「20代」でやっておきたいこと川北義則三笠書房1,200

[【無料】トライズのカウンセリングはコチラ]

英語勉強法
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

読書コーディネーター。1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む、無類の読書好き。書店と出版社での仕事を経験後、読書コーディネーターとしてWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー