【英作文に超おすすめ】僕が実践する『ドラゴンイングリッシュ』の使い方&レビュー

4.5
【英作文に超おすすめ】僕が実践する『ドラゴンイングリッシュ』の使い方 おすすめ英語教材・本

こんにちは、アユムです。

英作文(瞬間英作文)に使える教材って意外と少ないんですよね。

僕はアレコレ調べまくったのですが、久々に「これは信頼できる」という英作文の本に出会うことができました。

その本とは、ずばり『ドラゴンイングリッシュ 基本英文100』です。

今日は本書について、僕なりの使い方とおすすめポイントを解説したいと思います。

英作文や英語ライティングの学習に超おすすめしたい1冊です。

受験生はもちろん、大人のやり直し英語学習(ビジネス英会話)にも使って欲しいですね。

『ドラゴンイングリッシュは』見開き1ページで使いやすい

ドラゴンイングリッシュは見開き1ページで使いやすい

この本のメリットはいくつもありますが、僕が特に良いと思うのが見開き1ページのレイアウトで構成されていることです。

上記の画像を見てもらうとわかるように、左ページに和文(日本語)、右ページに英文(英語)が書かれています。

なぜこのレイアウトがいいかというと、

  • ・すぐに答え合わせができる
  • ・瞬間英作文がしやすい

という利点があるからです。

『ドラゴンイングリッシュ』の使い方はこのあとくわしく説明しますが、左ページの日本語を見て英作文をし、そのあとスグに右ページの英語を見て正しいかどうかをチェックできます。

つまり「答え合わせがスグできる=瞬間英作文がしやすい」ということです。

100文を覚えるだけで、英作文や英会話に強くなる

100文を覚えるだけで、英作文や英会話に強くなる

もう一つ、この本には非常に大きな特徴があります。それは、全部で100文しか掲載されていないということです。

こう言うと「そんな少ないんじゃダメでしょ」と思いますよね。

でもこの本は、「この100文さえ覚えておけば英語に強くなれる」という英文が厳選されています。

なので、アレコレいろんな教材に手を出すのではなく、この1冊をキッチリやりきれば相当な英語力アップにつながるというわけなんですね。

事実、本書のまえがきには以下のように書かれています。

この基本英文100は一線を画します。本書は英作文に必要なエッセンスを過不足なく100文に凝縮しているため、これを覚えるだけであらゆる英作文に対応できる基礎がマスターできるようになっています。ですから100文でいいのです。

いかがでしょうか。ここまで明確に「100文でいい」と言われると、信頼できますよね。

たしかにこの本を使っていると「ああ、これは実用的だわ」と思わされる英語表現の数々に出会うことができます。

英語の参考書のなかには「こんな表現、覚えても意味ないでしょ」と疑いたくなる英文が載っていることってありますよね。

ドラゴンイングリッシュにはそれがほとんどないので、「この1冊さえやりきればいいんだ」という信頼感を生み出しているのだと思います。

英作文ができれば英会話もできる

本書は英作文対策として売られている本なので、どうしても「受験用の英作文にしか使えない」というイメージがつきやすいと思います。

でも、まったくそんなことはありません。受験生はもちろんですが、社会人として仕事で英語を使う人にもぜひおすすめしたいです。

ビジネス英会話とかって特別な勉強が必要そうに見えますが、実際そんなことないんですよね。

結局は英作文をする力が英会話力に直結するわけなので、この本で身につけた力は必ず英語力UPにつながります。

なので、大人だからといって『ドラゴンイングリッシュ』を避けて欲しくないと思います。

【プライドは捨てよう】大人の英語学習に「大学受験の参考書」をオススメする理由
大人の英語学習にこそ「大学受験の参考書」をおすすめします。大学受験の英語参考書は「解説がわかりやすい」「値段が安い」というメリットがあります。大人だから…というプライドは捨てて、ぜひ参考書を手にとってみてください。

文法の解説が非常に丁寧でわかりやすい

英語学習の定番書のひとつに『瞬間英作文』という本があります。以下の本です。

左側に日本語、右側に英語が書かれていて、日本語を見て英作文をするという使い方の本です。

非常に人気が高い本なんですが、ひとつ大きな欠点があります。それは「文法的な解説が載ってない」ということです。

『瞬間英作文』はひたすら口頭で英作文を繰り返すのがコンセプトなので、野球でいうノックに近いんですね。だから、文法的な解説を求める人には向かないんです。

それと比べて『ドラゴンイングリッシュ』は解説が非常に丁寧です。

さきほど説明したとおり、見開き1ページで1文という構成なので、それ以外はすべてその英文の解説に充てられてます。

なので、実際に自分で英作文をしてみて「なんでこうなるんだろう?」と疑問に思ったところは、スグに解説を読んで理解することができます。

ちなみに、著者は予備校講師として有名な竹岡広信先生で、解説はかなりわかりやすいです。

僕がやっている『ドラゴンイングリッシュ』の使い方

僕がやっている『ドラゴンイングリッシュ』の使い方

さて、ここからは僕が実際にやっている『ドラゴンイングリッシュ』の使い方について説明したいと思います。

具体的な流れは以下のとおりです。

  • 【 1日10文ずつ進める 】
  • ① まずは日本語を見て、英作文してみる
  • ② 解答を見て、自分の英作文を照らし合わせる
  • ③ 文法および英単語についての解説を読む
  • ④ 右ページの英文を音読する
  • ⑤ 日本語を見て英作文を5回連続で行う(できるまで続ける)
  • ⑥ 英作文が口に馴染んだら、次のページで進む

僕は1日10文ずつ進めて、10日間で1冊を終えるスケジュールで進めています。

人によっては1日5文に減らしたり、あるいは1日20文に増やしてもOKです。自分のペースに合わせて量を調節しましょう。

1周を終えたら、2周目に入ります。2周目をやってみるとわかりますが、1周目に覚えたはずの英文もけっこう忘れているはずです。

英作文はとにかく反復をこなして「体に覚えさせる」ことが大事なので、何周も繰り返すようにしましょう。

必ず「前回の範囲の復習」から入ること

僕が『ドラゴンイングリッシュ』をやるうえで特に意識しているのが復習です。

実際にやってみるとわかるのですが、自分のなかでは「よし、この英文は覚えたな」と思うものがあっても、時間が経つとあっさり忘れているんですよね。

せっかく時間をかけて英作文を身につけても、忘れてしまっては意味がありません。

なので、必ず前回やった範囲の復習から入るようにしましょう。

僕は毎日10文ずつ進めているので、復習を加えると厳密には1日20文(前回の10文+今回の10文=20文)やることになります。

解説を読まずに丸暗記するのはおすすめしない

『ドラゴンイングリッシュ』は暗記をして英作文力をUPさせる本ではありません。

なかには暗記をして受験を乗り切るという使い方をする人もいると思いますが、それは英語学習の本質ではないと思います。

僕はあくまでも「自在に操れる英語力」を身につけるために『ドラゴンイングリッシュ』を使っているので、暗記はおすすめしません。

解説を読んで英単語や構文を理解したうえで「自由に英作文ができる」という状態を目指すようにしましょう。

ただし、回数をこなしていると自然と覚えてしまう英文は出てきますが、それは気にしなくてOKです。

英作文対策ならノートに書くのがおすすめ

この本は英作文対策ができる内容なので、受験や英検の筆記テストにも有効です。

もしライティング対策用に本書を使うのであれば、口頭だけでなく手書きで英作文を行いましょう。

手で書くことで脳を刺激できるため、より効果的な英作文対策が行えます。

なにより「英語を書く」ということに慣れることができますよね。

「この1冊をマスターすればいい」という信頼感

英検準1級に合格するための英語学習本は2冊。「文単」と「ドラゴンイングリッシュ」

僕はこれまでにいろいろな英語教材に手を出してきました。同じように「いろんな本を買ったはいいけど全然身についてない…」という人はたくさんいると思います。

僕も同じような経験をしてきましたが、いろいろな本を買う中で「あ、この本は本気で信頼できるやつだ」と確信を持てる本が何冊かありました。

具体的には以下の本です。

今回紹介した『ドラゴンイングリッシュ』もこれらの本に匹敵する信頼度があります。

僕は英検準一級の英作文対策に本書を使いましたが、英語ライティング全般を身につけたい人や英会話を身につけたい人など幅広い英語学習者におすすめできます。

「大学受験用の本だから…」といって除外するのではなく、ぜひあらゆる英語学習者に読んで欲しい1冊です。

ちなみに、本屋で買う場合は学習参考書コーナーに置かれているので探してみてください(語学書コーナーには置いてない可能性が高いと思われます)。

おすすめ英語教材・本 英作文・ライティング
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー