【誰でも簡単】英語の勉強の仕方がわからない人におすすめの「効果的な勉強法+教材」

【誰でも簡単】英語の勉強の仕方がわからない人におすすめの「効果的な勉強法+教材」英語勉強法

こんにちは、あゆむです。

英語の勉強をしたくても、勉強の仕方がわからない人は多いと思います。

世の中にはいろいろな教材がありますし、そもそも何から手をつけていいのかわからないですよね。

今回は「誰でも簡単に」をコンセプトに、効果的な英語勉強法について、僕の体験談を交えながらくわしくご紹介します。

「何のために英語を学ぶのか?」を決めよう

目標を決める

具体的な勉強の仕方の前に、まずは自分が英語を勉強する目的をハッキリさせておきましょう。なぜなら、英語の勉強は「目的」を決めてから始めたほうが断然効果が出るし、身につくのも早くなるからです。

まずは「なぜ英語を学ぶのか?」という理由を自分なりに決めることから始めましょう。

人によって英語を勉強する理由はさまざまだと思います。

たとえば、

  • ・仕事で必要(TOEIC含む)
  • ・志望校、志望大学に合格したい
  • ・留学を考えている
  • ・海外旅行に行きたい
  • ・洋楽、洋画を視聴したい
  • ・外国人観光客を案内したい
  • ・特に目的はないけど、なんとなく勉強しときたい
  • … etc

こんな感じで、英語の勉強ひとつとってもいろいろな角度から理由を見つけることができます。

「特に明確な目的はないけど、なんとなく英語はやっておきたい」というのも立派な理由だと思います。かくいう僕も、仕事や日常生活で特に英語を使うわけではないのですが「なんとなく英語は使えるほうがいいだろう」という理由で勉強を始めました。

英語を学ぶ目的を決めるメリット

英語を勉強する目的が大事な理由は2つあります。

  • ① 目的が決まると、最適な英語の勉強法が決まる
  • ② 英語を勉強するモチベーションが継続しやすい

英語の勉強といっても、どんな場面で使うか?誰とやり取りするか?などによって勉強方法が変わってきます。

もちろん、いろんな場面で通用するように広い範囲で勉強するのもいいですが、それよりは自分が英語を使う場面を想定して勉強を進めたほうがやる気も出るし、上達スピードも早まります。

また、目的意識を持つと「◯◯のために英語をがんばるぞ」というモチベーションが生まれるメリットがあります。

英語の勉強には終わりがないので、結局のところ「やる気が続くかどうか」が生命線だったりします。やる気を保つためにも、英語を学ぶ目的を持つことは大切というわけです。

ちなみに、僕のように特に目的もなく「なんとなく英語は使えるほうがいいだろう」という人でも、英文記事を読んだり、洋楽のMVを見たり、洋画を見たりして、日常的に英語に触れる機会をつくることでモチベーションはキープできます。

どんな小さなことでもいいので、日常のなかで英語に触れる機会をつくるのがおすすめです。

完全な初心者は英文法から学ぼう

本当に英語の長文が読めるようになりたい人へ。おすすめ教材&アプリ3選【社会人向け】

英語の勉強の仕方は、その人の英語レベルによって変わってきます。

完全な初心者(be動詞がわからないレベル)の場合、まずは最低限の英文法を学ぶところから始めましょう。

英語学習において「英文法なんてやる必要ない」とか「時間の無駄」という声が少なからずありませすが、それはまったくの誤りです。むしろ英文法をやるのが面倒で逃げたいと思っている人の意見なので、惑わされてはいけません。

むしろ、最低限の英文法を学んでからでないと、勉強が非効率になるし、理解度も浅くなるので時間がかかります。

それよりは、多少面倒でも時間を割いて文法を勉強してしまったほうが、結果的に早く英語を身につけることができます。

気になるのは「どんな教材で英文法を学ぶか?」ですよね。じつをいうと、英文法の勉強には”定番書”があって、それを読んでおけば間違いありません。

僕のおすすめは以下の本です。英文法は、薄い本を1冊やればひとまずOK。

やるべきトレーニングは「音読+シャドーイング」

英語ニュース

最低限の英文法を身につけたら、次のステップに進みましょう。やるべきことは「音読+シャドーイング」です。

英語の音読というと「学校の授業でもやったつまらないもの」というイメージがあるかもしれませんが、実際は英語スキルを伸ばすのに非常に効果的なトレーニングです。

音読をすることで「発音」「スピーキング」「リスニング」「リーディング」といった能力を満遍なく鍛えることができます。

シャドーイングというのは、お手本の音声を再生して、それに少し遅れて付いて発音するというもの(影のようについていくから「シャドーイング」と呼ばれます)。これも非常に効果があります。

幸いなことに、英語の勉強の仕方がわからない人にうってつけの本があります。それは『英会話 ぜったい音読』という本です。

この本はまさしく英語の音読のために作られた本で、やさしい英文を音読することで英語力をアップさせることができます。

僕は英語を勉強しはじめたころ、ずっとこの本を繰り返しやっていました。この本と出会えたことで、英語力が格段に伸びたといっても過言ではありません。

他にも英語の音読向け本はたくさんありますので、本屋に行って探してみるといいかもしれません。いずれにせよ、英語の音読+シャドーイングは効果抜群です。英語の勉強法がわからない人はぜひ試してみてください。

以下の記事では音読におすすめの教材、音読をおすすめする理由についてくわしく解説しています。

正直しんどいけど効果抜群!僕が英語音読を強くオススメする3つの理由
英語力を身につけるには音読学習が効果的です。僕は何度も挫折してきましたが、ようやく英語の音読が習慣化できました。英会話や英語リーディングにも高い効果がある音読学習のコツをご紹介します。

英単語帳は1冊に絞って何度もやる

DUOに付箋を貼ってセクションを管理

英語の勉強をするうえで、英単語の勉強は避けて通れません。とはいえ、どの英単語帳を選ぶか?についてはやはり疑問が浮かぶと思います。

結論からいうと、英単語帳は1冊を繰り返し何度もやればOKです。ただし、どの本でも良いわけではありません。自分自身が「この本をやりきれば、英語力は伸びるんだ」と信頼できる本を選ぶべきです。

なぜかというと、英語学習を長く続けていると「本当にこの本で大丈夫だろうか?他の本を買ったほうがいいかな?」という不安が襲ってくるからです。

そして、その不安に負けて他の本を買ってしまうと、結局また同じ不安に襲われて負のループが続いてしまいます。

ですから、最初に「これを信じてやりきろう」という1冊を決めて、それを何周もやるのが本当に効果のある英単語学習です。

肝心の「おすすめの英単語帳」ですが、これは一択でして『DUO』を選びましょう。

『DUO』は多くの英語学習者が選ぶ英単語帳のひとつで、僕はこの本を5周しました(すごい人は20周とか30周とかしてます)。

僕がここまで『DUO』をやりきれたのは、「この本さえやればいいんだ」という信頼があったからです。

【最強の英単語帳】『DUO』の使い方はコレで決まり!効率的に英単語を覚える方法
英単語帳のベストセラー『DUO』をおすすめする理由と実際の評判をご紹介します。私のDUOの使い方を実践していただければ、1ヶ月程度で英単語力は劇的にアップするはずです。DUOで効率的に英単語を覚える方法を解説します。

一番おすすめの英語勉強法は「アプリ」

1ヶ月使ってわかった「スタディサプリ英語 TOEIC対策コース」の良い点&悪い点を正直にレビュー

具体的な勉強の仕方と教材について見てきましたが、僕は最近、勉強のほとんどをアプリでやっています。

「英語の勉強 = 市販の本」というイメージを持つ人も多いと思いますが、最近は優秀なスマホアプリが続々登場しています。

アプリで英語を勉強するメリットはけっこう多くて、

  • ・スマホひとつで勉強できる
  • ・外出先(電車やカフェ)でも気軽にできる
  • ・ゲーム感覚で楽しい

といった利点があります。

アプリならスマホひとつで勉強できるので本を持ち歩く必要がなく、外出先でも手軽に勉強ができます。地味に思われがちですが、スキマ時間の5分だけでも積み重なると大きな勉強時間になったりします。

また、アプリだとゲーム感覚で勉強ができるというメリットもあります。もちろん、ゲーム感覚だからといって内容が薄いということも一切なく、本と同等かそれ以上の効果があると思います。

本だと文字を読んで理解してというインプット中心の勉強になりがちですが、アプリだとスマホに入力したり発音を録音したりもできるので、アウトプット学習も可能になります。

勉強の仕方がわからなくて悩んでいる人は、このあと紹介するスタディサプリENGLISHをぜひ使ってみてください。

まずはスタディサプリENGLISHがおすすめ

スマホ

僕はこれまで長い期間、ずっと参考書で英語を勉強してきました。本には本の良さがありますが、スタディサプリENGLISHというアプリに出会ってからは本では勉強していません。

スタディサプリENGLISHはアプリ1つで英語の4技能を伸ばすことができます。つまり、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングという本来は別々で勉強が必要なものを、1つのアプリで完結させられるということです。

それを可能にしているのは、ディクテーション(書き取り)とシャドーイングです。

ディクテーションは聞こえてきた英文を書き取る練習、シャドーイングは再生される音声に少しだけ遅れて付いて発音することです。

これらの練習は英語の基本能力を底上げしてくれるトレーニングで非常に効果があります。

さらにいうと、スタディサプリENGLISHは有名講師による解説動画も視聴できるので、文法について細かい説明も受けられます。

英語を勉強していると「これってどう訳せばいいの?どんな文法?」と悩むことが多々あります。動画があれば、そういった悩みもすぐに解消できるので心強いです。

また、英単語のトレーニングもアプリ内にあるので、単語力に本当にすべての英語学習が1つのアプリで完結してしまいます。

ですから、英語の勉強の仕方がわからないと悩んでいる人は、ひとまずスタディサプリENGLISHをやっておけば問題ありません。

ちなみに、スタディサプリENGLISHには3つのコースがあります。トレーニング内容は同じですが、学ぶ英単語や表現が違ってきますので、自分の目的に合わせて選んでみてください。

圧倒的なコスパで英会話レッスンを受ける

ネットで交流
英会話レッスンは必ずオンラインで受けるようにしています。その理由は、料金が断然安いからです。

たとえばDMM英会話の場合、月額6,480円で毎日レッスンが受けられます。1レッスンあたり約200円ですから、非常にお得です。

レッスンの質も高いですし、教材も豊富なので、これから英会話を始めたい人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

【2回分のレッスン無料】
DMM英会話を試してみる ▶
 

英語勉強法
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

読書&英語学習ブログ【Readgram / リードグラム】を運営。銀行 → 書店員 → 出版社 → フリーランス。2017年、法人化。本のレビューや読み方・選び方、英語勉強法について発信しています。和書だけでなく洋書にも挑戦中。おかげさまで、当ブログは累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



Readgram / リードグラム