「絵本はネタバレがスタートライン」あたらしい絵本の売り方と情報の見せ方

絵本のネタバレ 書籍

本や映像作品はネタバレが嫌われるコンテンツで、大事なオチを言うと文句を言われます。

しかし、絵本は別だという意見を聞いて、絵本の売り方や情報の見せ方をあらためる必要があると思いました。

「絵本はネタバレがスタートライン」とはどういう意味か?わかりやすく解説します。

絵本という特別なジャンルは、ネタバレを歓迎する

まず「絵本はネタバレがスタートライン」という言葉は西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』に書かれています。

ご存知の人も多いでしょうが、西野さんは『えんとつ町のプペル』という絵本を独自の宣伝手法で30万部以上売りました。

30万部以上という数字もさることながら、もっと話題になったのが「『えんとつ町のプペル』をWebで無料公開する」という異例の行動です。

せっかく売れている本を無料公開するのは、いままでの出版業界が絶対にやってこなかった方法です。

一見すると販売損失になりそうですが、24〜25万部で止まっていた売上が、無料公開によって30万部超まで伸びたといいます。

なぜ絵本を無料公開したのか?それは絵本というジャンルの特殊性にあります。

絵本は子どもに読み聞かせ、何度も何年も読まれる

小説やマンガもそうですが、長年の名作が読みつがれるという意味では絵本は突出しています。

事実、日本で1番売れている絵本は『いないいないばあ』で569万部を売り上げており、いまでも売れ続けています。

『いないいないばあ』の初版は1967年ですから、もう50年以上も売れ続けているベストセラーです。

100万部が続々!絵本の発行部数ランキングTOP50
1年間で、最も絵本が売れる季節をご存知ですか? 答えはズバリ「クリスマスシーズン」です。 プレゼントをするための...

さて、絵本のネタバレに話を戻しましょう。なぜ西野さんが絵本を無料公開したのか、わかりやすく言ってしまえばさらに本を売り伸ばすためです。

それは繰り返し読まれるという絵本の特殊性があったからこそ可能だったのだと私は思います。

絵本はマンガや小説よりもはるかに繰り返し何度も読まれるジャンルです。往年の名曲のように、絵本は繰り返し何度読んでも飽きが来ないのです。

そして、親が子どもに読むという流れが明確にあるため、子どもが小さい頃に面白いと思った本を、自分が親になっても子どもに読み聞かせます。

つまり、なにが言いたいのかというと、絵本を無料公開しても問題ないのです。むしろ、無料公開することで絵本を買ってもらうキッカケにすることができます。

絵本選びで失敗したくない「お母さん」の悩みはネタバレが解決する

わたしが『革命のファンファーレ』の「絵本はネタバレがスタートライン」という理由で最も納得したのは、お母さんの悩みにあります。以下、引用です。

お母さんの悩みを聞くと、お母さんはとにかく朝から晩まで忙しくて、自由に使えるお金も、自由に使える時間もない。なので、「絵本を買う」となると、絶対にハズす(買い物で失敗する)わけにはいかない。そこで、まずは本屋さんで最後まで立ち読みして、面白かったら子供に買い与えるらしい。

つまり、「無料公開したら、お金を出して買ってもらえない!」という指摘は、こと絵本に関しては大ハズレで、絵本を買う決定権を持つお母さん方は、そもそも十分にネタバレしている作品にしか反応していない。

お母さんが子供に絵本を買うまでの悩みや購買行動まで考えたうえで、無料公開が有用と判断しているわけです。

ネタバレは誰もが忌み嫌う言葉だと思われがちですが、こと絵本に限っては例外だということがわかります。

絵本の制作や宣伝、紹介記事の書き方もネタバレが求められる?

このような絵本の特殊性を考えると、これからの絵本の売り方や見せ方も変わってくるかもしれません。

実際にお金を払って本を買ってもらうまで内容がわからない従来の売り方ではなく、大々的にオープンにしてしまったほうが売上が伸びる可能性もあるわけです。

無料公開というのも一つの方法ですし、出版社がネタバレありのプレスリリースを出すのも良いでしょう。

あるいは、絵本のPR記事も内容を事細かに書いてネタバレさせ、お母さんに「いかにこの本は買うに値するか」を訴求する方法もあります。

過去の名作絵本が読みつがれることも大切ですが、絵本業界をさらに繁栄させるには新しい絵本の売り方が必要なのかもしれません。

書籍本の知識・雑学
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー