【ちがいを比較】私がTOEICよりも英検をオススメする3つの理由

英検

英語の勉強方法はたくさんありますが、わたしは英検の勉強しています。
社会人になるとTOEICの点数が必要になる人もいますが、そうでない人は断然、英検がおすすめです。
なぜ英語学習に英検が良いのか?その理由について解説します。

英語学習が目的なら英検を選んだほうが効果が高い

最初に書いておくと、TOEICを受験するのは「スコアが必要」という人だけで良いと思います。
就職や会社の昇進などでTOEICのスコアが必要という人は多いと思いますから、そういう人はTOEICを受けましょう。あと、TOEICは点数で成績が表示されるので、力試しで受けてみるのはいいかもしれません。
しかし、特に会社や学校でTOEICのスコアを求められない(必須ではない)のであれば、TOEICよりも英検を受けたがほうが学習効果は高いと思います。
なぜ英検のほうがおすすめなのか?その理由は大きく分けて3つあります。

  • ①英語の4技能が鍛えられる
  • ②面接試験がある
  • ③出題がおもしろく、教養が身につく

①英語の4技能が鍛えられる

リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能すべてを鍛えられるのが英検の最大のメリットです。
英語を勉強するというと英会話を思い浮かべる人も多いと思いますが、本当の意味で”英語が使える”というのは英会話だけでは物足りません。
たとえば英字新聞や英語でネットニュースを読むのであれば、英語を読む力(リーディング)が必要ですよね。仕事でEメールを作成する人は、英作文(ライティング)ができないといけません。
TOEICは、リーディングとリスニングがセットになっているので、読む力と聞く力しか鍛えることができません。
スピーキングとライティングは、TOEICの別の試験「TOEIC® Speaking & Writing Tests」を受ける必要があります。
つまり、英検なら4技能をまとめて学習できるので、英語を総合的に身につけることができるわけです。これがTOEICにはない、英検の大きなメリットといえるでしょう。

②面接試験がある

英検は一次試験と二次試験に分かれており、二次試験は面接があります(3級〜1級のみ)。
面接は1対1で行われ、英文の音読や質疑応答があります。受け答えはすべて英語です。
英検は単なるペーパーテストだけで合格できるわけではなく、英会話で適切なコミュニケーションが取れないと合格できません。
つまり、英検の試験対策では必然的に英会話やリスニング&スピーキングを実践的に取り組む必要があるということです。
「英検は面接があるから嫌だ」という人の気持ちもよくわかります。でも、負荷をかければかけるほど英語力は伸びていくものです。
面接に向けた勉強が、あなたの英語力をまちがいなく飛躍させてくれるでしょう。

③出題がおもしろく、教養が身につく

英検は文化、環境、テクノロジー、ビジネスなどさまざまな分野から問題が出題されるので、英語のスキルだけでなく、教養知識まで身につけることができます。
特に長文問題ですが、英検の出題テーマは教養を学べるという意味でおもしろいです。受験する級が上がるにつれて、その傾向が強くなります。
TOEICは基本的にフィクション(作り話)や架空の広告やEメールなどをもとに出題されるので、単純な英語スキルしか身につきません。問題を読んだり解いたりする時間は、けっこう退屈です。
英検やTOEICの受験対策は長期間に及びますから、日頃の勉強に飽きにくいという意味でも英検がおすすめです。

英検対策をつうじて英語の勉強をすると、良い目標が生まれる

なにも目標や目的がないまま英語学習をスタートさせるのはおすすめしません。なぜなら、絶対に長続きしないからです。
英語学習は誰でも最初の数日はそれなりにがんばれます。でも、時間が経つにつれてやる気がなくなってきて、飽きてきます。
やがて「なんで自分はわざわざ英語の勉強なんてしてるんだろう?」「こんなツライ思いをする必要なくない?」という心理状態になり、気づいたときには英語の勉強をやめているでしょう。
英語を挫折しないためには、なにか目標や目的が必要です。仕事や趣味で英語を使う必要がある人は、それを目標にできるでしょう。
しかし、わたしのように「特に仕事で使うわけじゃないけど、なんとなく将来のために英語を身につけたい」という人は多いと思います。そういった人は、具体的な目標を見つけるのはきっとむずかしいでしょう。
そんなとき、心の拠り所になってくれるのが英検です。英検を目指すことで、ひとつの目標が生まれるので英語を取り組むモチベーションになります。
もちろん英検合格はあくまでも手段や過程に過ぎません。とはいえ、なにも目指すものがない状態で英語を勉強するよりは、はるかに継続しやすい心理状態になるはずです。
英検を持っていれば、履歴書やプロフィールに書くこともできますから、自尊心を高めることにもつながりますね。

英検対策におすすめの本やアプリ

英検の受験対策をすることで、結果的に英語力のアップにつながります。
むやみに英語を勉強するよりは、英検を目指しながら英語にふれたほうが色んな面で効果が高いと思います。
とはいえ、下手な教材を使って学習をしても期待するような効果は得られないし、挫折の原因にもなります。
ここでは私が実際に使っておすすめできる英検の学習教材を3つ紹介します。

  • ①出る順パス単(英単語帳) or 英単語DUO
  • ②英検総合対策教本
  • ③英検過去問題集

①出る順パス単(英単語帳)

[パス単2級カエレバ]
パス単は級別に販売されています。まずは英単語帳でボキャブラリーを増やしましょう。
たとえ英文法が身についていたとしても、語彙力がないと文章も読めないし、リスニングも厳しいからです。
なにより、単語を知らない状態で英検のリーディングに取り組むと、知らない単語だらけで心が折れます
ちなみに、パス単は英検準1級〜1級を受験する人におすすめです。英検2級までは英単語帳の金字塔とも言える『DUO』を使いましょう。
[DUOカエレバ]
英検だからといってガチガチの英検対策本を読む必要はなくて、効率的に学習できる教材を使ったほうが断然効果は高いです。
DUOはTOEICや英検にも対応していますし、なにより覚える価値のある単語と例文しか掲載されていないので、安心して没頭できます。
https://investocker.com/how-to-use-duo/

②英検総合対策教本

[英検2級総合対策教本]
英検は4技能をバランスよく学習する必要があるので、どこか1つに偏ってしまうと合格できません。
また、問題を解くうえで必要な英文の読み方や、書き方のコツも身につけておいたほうが英語の上達が早くなります。
4技能をバランスよく、なおかつ効率的に学習するためには『英検総合対策教本』がおすすめです。この本も級別に販売されていて、英検問題の解き方と解説が丁寧に解説されています。
英検対策本ではありますが、問題を解くための”悪い意味でのテクニック”を紹介するわけではありません。英文を効率的に読んだり、英作文をキレイに書くためのコツが紹介されています。
英検対策をつうじて英語力を伸ばすという意味では、非常によくできた本だと思います。おすすめです。

③英検過去問題集

[英検2級過去6回全問題集]
それぞれの技能を学習したら、過去問を使ってどれくらい身についたのかチェックしましょう。
単純に英検に合格するために過去問を解くという意味もあります。しかし、英語がどれくらい読めるか、書けるか、聞けるか、話せるかを知るには実際の問題を解くのが一番です。
じつは過去問は英検の公式サイトから無料でダウンロードできます。お金がない人はそれを活用すると良いですが、やはり問題の解説があったほうが断然いいので、市販の過去問題集を買うのがおすすめです。
過去問はいくつかの出版社から発売されていますが、解説のわかりやすさという意味では旺文社の『英検過去6回全問題集』がおすすめです。

英検
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。現在の目標は1日1冊、洋書を読むこと。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー