【無料あり】英語上達に音読は効果バツグン!おすすめの教材ベスト6選

【無料あり】英語上達に音読は効果バツグン!おすすめの教材ベスト6選 おすすめ英語教材・本

英会話や英語リーディングを上達させるには、音読が効果的です。

とはいえ、音読に適した教材を使わないと、思ったような効果が得られないのも事実。

英語の音読学習が大好きなわたしが、満を持しておすすめする教材をご紹介します。

ちなみに、一部無料の教材もあるので参考にしてみてください。

おすすめ音読教材①英会話ぜったい音読

英文の音読によって、英会話のみならず、英語のスキル全般を伸ばすための教材です。

名前のとおり、音読をするために作られている教材で、本の前半には「音読によってなぜ英語力がアップするのか?」について、非常にわかりやすく書かれています。

じつは、教材の内容はすべて中学校や高校の教科書に使われた文章です。とはいえ、読んでて勉強になるテーマも多いので、教養も身につきます。

ぜったい音読は入門編から挑戦編までレベル別に教材が分かれているので、音読初心者から中級者レベルまで使えるのもおすすめポイントです。

音声CD付きなので、シャドーイングにも使えます。

ちなみに、森沢先生の「音読パッケージ」という音読教材として有名な本もありますが、個人的には内容がつまらなく感じたので、あまりおすすめできません。

おすすめ音読教材②究極の英語リスニング

音読教材に使いたいのは、英語の長文です。しかし、あまり長すぎると1回あたりの学習負担が大きすぎて、挫折の要因になります。

究極の英語リスニングは長すぎず短すぎず、というちょうど良い長さの文章が収録されているのがポイント。

これのおかげで、適度な負荷をかけながら、音読学習をすすめることができます。

肝心の内容についても、一部つまらないチャプター(特に意味のない会話分)も含まれていますが、おおむね関心を持って読み進めることができるはずです。

究極の英語リスニングは、レベル別に4冊に分かれていて、初級者におすすめなのがVol.1です。

レベルが上がるほどむずかしくはなりますが、教養知識としては面白い内容になってくるので、レベルアップが楽しくなる音読教材でもあります。

ちなみに、音声ダウンロードは無料で、キンドル・アンリミテッド会員ならすべて無料で音読学習が可能です。

無料でKindle Unlimitedを試してみる

おすすめ音読教材③ヒアリングマラソン(English Journal)

ヒアリングマラソンは語学系出版社のアルクが運営している通信講座です。

毎月テキストと課題が送られてきて、自分の英語力を総合的に伸ばすことができます。

ヒアリングマラソンは1日3時間、1年で1000時間の英語学習時間をコンセプトに掲げていて、けっこくハードです。

でも、毎月教材が変わるので新鮮な気持ちで取り組めるし、なにより、やった分だけ確実に英語力がアップします。

わたしもヒアリングマラソンを1年間受講しましたが、英語力が上がったのを実感しています。

1ヶ月に1回送られてくる教材の量がけっこう多いので、すべては消化するのがむずかしかったですが、内容は非常に充実しているのでおすすめです。

おすすめ音読教材④文で覚える単熟語(文単)


『文で覚える単熟語』(文単)は、英検の単語を覚えるための教材として使われる本です。

英検対策ではあるんですが、内容は音読学習にドンピシャ。

わたしは英検の勉強をはじめるまで存在を知らなかったのですが、もっと早く知りたかったと思うほど英語の音読に使える教材です。

内容は英検の過去問からつくられているのですが、英検の過去問ってアカデミックなテーマが多いので、教養知識として読んでも十分に面白いんですよね。

「英語の友」というスマホアプリを使えば音声も無料で再生できますので、効率的な学習ができるとお思います。

英検3級〜1級に合わせて、教材のレベルが分かれているので、ご自身の英語力に合わせて使えるのも高ポイントです。

英検を蔑んでいる人も、TOEICを受ける人も関係なく、音読をする英語学習者すべてにおすすめしたい本です。

【英検対策】文単がおすすめ!『文で覚える単熟語』の使い方&学習法
英検の単語対策には『文で覚える単熟語』(文単)がおすすめです。ただし、文単は正しい使い方で勉強しないと効果が得られません。英単語を効率的に暗記する文単の使い方をわかりやすく解説します。

おすすめ音読教材⑤ポリグロッツ(スマホの無料英語アプリ)

音読教材⑤ポリグロッツ(スマホの無料英語アプリ)
本を読む習慣がない人は、紙の本や電子書籍の教材ではなく、スマホアプリを使いましょう。

ポリグロッツという英語のスマホがあります。英語の記事が読める無料アプリなのですが、内容が多岐にわたっているのが特徴です。

ニュース、ビジネス、音楽・映画、グルメ、ライフスタイル、ゴシップ・セレブなどさまざま。

よくある英語記事が書かれているアプリではなく、あくまでも英語学習者向けにつくられているのがポイントです。

日本語訳がある記事を選んで読んだり、ペースメーカーに合わせて自動スクロールする機能が付いていたりと、英語音読やリーディングをしたい人にはうってつけです。

ポリグロッツ

番外編おすすめ音読教材:映画のスクリーンプレイ


英語の音読は”勉強”っていう感じがして苦手という人もいると思います。

そんな人は、海外の映画のスクリプト(脚本)を使って音読をするという方法もあります。

映画の脚本をそのまま本にしてくれているのが、スクリーンプレイという教材です。

有名な洋画のセリフ(台本)が書かれていて、内容は映画のストーリーとまったく同じ。

これがあれば、自分の好きな映画を使って音読学習ができちゃいます。「いつか洋画を字幕なしで読みたい!」という人にもおすすめの教材です。

ちなみにわたしは、「プラダを着た悪魔」のスクリーンプレイを持っています。内容はけっこうむずかしいですが、読んでて楽しいですよ。

おすすめ英語教材・本英語の音読
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー