【英会話教室は不要です】オンライン英会話で十分。英語を話すための最短ルート

4.5
【英会話教室は不要です】オンライン英会話で十分。英語を話すための最短ルートオンライン英会話

こんにちは、あゆむです。

「英会話を始めよう!」と思ったとき、オンラインにするか教室に通うか迷う人も多いと思います。

僕は現在オンライン英会話を使っていますが、過去には英会話教室にも通ったことがあります。

その経験から言えることは「オンライン英会話で十分」ということです。英会話教室に行く必要はありません。

ということで今回は、英語が話すための最短ルート&オンライン英会話活用法についてお話していきます。

ちなみに、僕はDMM英会話を4年以上使い続けてます。非常におすすめです。

▶ 無料でDMM英会話を試してみる

オンライン英会話で十分な理由

英語が話せるようになるためには、オンライン英会話だけで十分です。英会話教室に通うまでもなく、英語力はアップできます。

なぜオンライン英会話で十分なのか?それには以下のような理由があります。

  • オンライン英会話で十分な理由
  • ・教材が豊富でいろんなニーズに対応している。
  • ・講師の質が高い。いろんな国籍の講師がいる。
  • ・コスパが抜群に良い。
  • ・移動時間がなくなるので、勉強の負担が減る。
  • ・日本人講師のレッスンが受けられる。

教材が豊富でいろんなニーズに対応している

ネット

英会話レッスンにおいて、教材はめちゃくちゃ重要です。

「英会話=フリートーク」みたいなイメージを持っている人も多いと思いますが、初心者の段階でやるフリートークは非常に苦しいうえに英語力のアップも望めません(フリートークは上級者がやるべき)。

つまり、教材の質や種類が英会話レッスンの良し悪しを決めるといっても過言ではないわけです。

最近のオンライン英会話は教材のレベルが非常に高く、教室型の英会話にも負けないくらい(あるいはそれ以上)の高い品質を誇ります。

僕がよく使っているDMM英会話を例にあげると、教材だけで以下のようなバリエーションがあります(すべて無料で使える)。

DMM英会話の教材一覧レベル 1 - 10
キッズ英語1
会話1 - 7
Let's Go1 - 4
Side by Side1 - 7
瞬間英作文2 - 7
スピーキングテスト2 - 8
文法2 - 8
Elementary Reading Series3 - 4
Speak Now3 - 7
Grammar in Use3 - 8
英検対策3 - 9
Passport4
発音4
テーマ別会話4 - 7
IELTSスピーキング対策4 - 8
写真描写4 - 8
健康とライフスタイル5 - 8
旅行と文化5 - 8
デイリーニュース5 - 10
TOEICスピーキングリアル模試6
ビジネス6 - 7
TOEFL iBT スピーキング7
語彙7
Practical Business English7 - 8
ディスカッション7- 9
世界の文学9 - 10

初心者から上級者まで、あらゆるレベルの受講生に対応できる教材になっています。

「仕事で英語が必要」ということであればビジネス英語を選べますし、他にも海外旅行やTOEIC対策まで行える教材が揃っています。

DMM英会話を初めて使ったときは衝撃を受けました。「オンライン英会話でここまで出来るのか…これで十分じゃん…」と感じたことを今でも覚えています。

▶ 無料でDMM英会話を試してみる

こんな活用方法もOK!DMM英会話で劇的に英語力をアップさせる使い方【9選】
DMM英会話は、使い方や教材を上手に選べば、さまざまな英会話レッスンを受けることができます。今回はDMM英会話の活用方法を、僕の経験も踏まえながら紹介していきます。

講師の質が高い。いろんな国籍の講師がいる

英語レベル

「オンライン英会話だと講師がいまいちなのでは…?」と思う人も多いかもしれませんが、まったく心配ありません。

僕も最初のころは半信半疑だったのですが、使ってみて良い先生ばかりだったので一気にレッスンが楽しくなりました。

オンライン英会話によってはフィリピン人講師のみの場合も多いですが、DMM英会話ネイティブキャンプはアメリカやイギリスなどのネイティブ講師のレッスンも受けられます。

また、それ以外にアフリカや東欧諸国(セルビアやボスニア・ヘルツェゴビナなど)の講師もいます。

いろんな国の文化のことが聞けるのは単純に楽しいですし、非ネイティブと英会話ができるのも非常に大きなメリットです。

なぜか?ビジネス英語を例にあげると顕著ですが、じつはネイティブよりも非ネイティブと英語を話す機会のほうが多かったりするからです。オンライン英会話でそれが体感できるのは嬉しいポイントです。

ちなみに、オンライン英会話によって講師の口コミ評価の有無が異なります。

DMM英会話の場合、以下のような感じで予約前に講師の評価を一覧でチェックできます。

DMM英会話の講師評価

DMM英会話やネイティブキャンプは講師の評価が見られるので、口コミ評価が見られるオンライン英会話を選ぶようにしましょう。

ちなみに、DMM英会話の場合【★4.9以上】で【クチコミ件数が1000件以上】であれば良い講師である可能性が高いです(個人的な経験則ですが)。

反対に、★4.5以下の講師は当たり外れがあるので避けるようにしましょう。

オンライン英会話はコスパが抜群に良い

英会話教室は1レッスン40分で5,000円〜6,000円のところが多いです。

一方、オンライン英会話は毎日1レッスン25分受けられて月額6,000円〜7,000円。この差がどれだけ大きいか、すぐにおわかりいただけると思います。

たとえば、有名なマンツーマン英会話【GABA】は以下のような料金がかかります。

GABA英会話レギュラープラン
特徴・全時間帯でレッスン可能

・有効期間が長い
受講回数

(どちらか選択)
45 回

60 回
有効期間6ヵ月(45回)

8ヶ月(60回)
料金 (税込)¥351,450(45回)

¥458,700(60回)
レッスン単価

(40分)
¥7,100(45回)

¥6,950(60回)

一方、オンライン英会話のDMM英会話やネイティブキャンプは以下のとおり。

 DMM英会話ネイティブキャンプ
1レッスン25分25分

(途中退出可)
月額料金【スタンダードプラン】

毎日1レッスン 6,480円

毎日2レッスン 10,780円

毎日3レッスン 15,180円
【プレミアムプラン】

回数無制限 6,480円
【ネイティブプラン】

毎日1レッスン 15,800円

毎日2レッスン 31,200円

毎日3レッスン 45,100円
【ファミリープラン】

1,980円で回数無制限
教材数2114
カランメソッド
TOEIC対策

英検対策
講師の国籍132カ国以上100カ国以上
日本人講師
講師の評価ユーザーによる5段階評価ユーザーによる5段階評価
レッスン

可能時間
24時間24時間
無料期間2回分の無料体験レッスン7日間無料トライアル

▶ 無料でDMM英会話を試してみる

▶ 無料でネイティブキャンプを試してみる

つまり、英会話教室の1日分とオンライン英会話の1ヶ月分がほぼ同じ料金ということです。

なぜこれほど違うのか?それは講師にかかる人件費や教室の家賃が高いからです。

「英会話教室は高い分だけレッスンの質も高くて、サポートも手厚いのでは?」と思われるかもしれませんが、人件費や家賃にお金がかかっていることを考えると、費用とレッスンの質は必ずしも比例しないことがわかると思います。

ひとつ断言できることがあって、英会話のスキルというのは圧倒的な”量”の上に成り立つものです。つまり、英会話は質より量を重視すべきということを意味します。

1日40分の濃密なレッスンを受けたとしても、それが週1〜2回では効果は薄いです。それよりも、1日25分のレッスンを週7回受講したほうが圧倒的に効果があります。

英会話、というより英語力というのは長期的な継続によって少しずつ伸びるものです。よく筋トレに例えられますが、1日の高負荷だけで筋肉は鍛えられません。

英会話もそれと同じで、継続的な負荷を与えることで、少しずつ成長することができるのです。

毎日レッスンを受けても金銭的な負担が少ないオンライン英会話は、この上ないメリットを学習者に提供してくれているとも言えます。

オンライン英会話にすると、使える時間とお金が増える

時間と集中力

僕は以前、渋谷の英会話教室に3ヶ月ほど通った経験があります。

「たまたま見つけた良さそうなスクールが渋谷にあったから」というだけの理由でわざわざ片道1時間もかけて通ってました(いま思えばムダの極み)。

僕の例は極端ですが、どんなに近い場合でも、英会話教室に通うと必ず移動時間や電車の待ち時間は発生します。

たとえ片道10分で行けるとしても、着替えやら化粧やらの準備が必要なので、結局かなりの時間をロスすることになるでしょう。

一方、オンライン英会話なら自宅でレッスンが受けられますから、極端な話、準備時間1分で即レッスンを始めることもできます。

多少の恥ずかしさを捨てれば、すっぴんや寝グセがついたままレッスンを受けても問題ありません。

オンライン英会話なら交通費も節約できる

英会話教室に通えば、交通費もバカになりません(通勤・通学定期券の範囲内なら別ですが)。

オンライン英会話にすれば、移動にかかる費用も0円になりますから、その浮いたお金で英会話テキストを本屋で買うこともできます。

そう考えると「オンライン英会話で十分」というよりも「オンライン英会話のほうが良い」と言えるかもしれません。

僕は、移動にかかる時間を最小限にしたいと思うタイプなので、そういった人にもオンライン英会話はフィットすると思います。

予習と復習の時間を確保しやすい

英作文

移動時間や待ち時間がなくなると、その時間を予習や復習に充てることもできるので、良いことづくめなのです。

正直、英会話レッスンは予習と復習がめちゃくちゃ大事なので、その時間を確保しやすいという意味でもオンライン英会話はメリット大です。

英会話は継続してナンボです。毎日の小さな時間の積み重ねが、1ヶ月積もると大きな時間になっていきます。

日本人講師のレッスンが受けられる

日本人

「オンライン英会話だと日本語が使えないから不安…」と感じる人がいるかもしれませんが、最近のオンライン英会話は日本人講師のレッスンが受けられるので安心です。

オンライン英会話によってシステムがちがいますが、さきほどから取り上げているDMM英会話ネイティブキャンプは日本人講師も常駐しています。

もちろん、レッスン中は基本的に英語で会話をしますが、どうしてもわからないところや言葉が出てこないときは日本語で質問が可能です。

外国人との英会話が初めてのときって、良くも悪くもかなりドキドキするんですよね。でも、日本人講師なら悪いほうのドキドキがなくなるので、平穏な気持ちでレッスンに臨めるようになるはずです。

完全なコーチングを希望する人は…

「レッスン中だけじゃなく、学習プランや目標もサポートして欲しい」という人もいると思います。

そういう人は、日本人コンサルタントがサポートしてくれるコーチング型の英会話がおすすめです。

コーチング型英会話なら、レッスン以外の自習や学習プランの作成までサポートしてくれます。

オンライン英会話にありがちな「モチベーションが続かない…」という悩みも、日本人コンサルタントがいれば解消できます。

じつをいうと、僕も以前コーチング型英会話を試したことがあります。

僕が利用したのはトライズというコーチング型英会話なのですが、「どの教材を使うか」「1日のどの時間に勉強するか」という細かいプランも一緒に考えてくれるので心強かったです。

ちなみに、コーチング型英会話は通学型が多いのですが(僕は銀座のスクールに通ってた)、最近は完全オンラインを採用しているところも増えてきました。トライズも完全オンラインで受講することが可能です。

▷ トライズの無料カウンセリングを受けてみる

英会話教室にもメリットはあるけれど…

英会話

さきほど説明したとおり、僕は英会話教室に3ヶ月ほど通った経験があります。

その経験から言えるのは、「英会話教室にもメリットはあるけど、やっぱりオンライン英会話で十分」ということです。

僕が思う、通学型の英会話教室のメリットは以下のとおり。

  • 英会話教室のメリット
  • ・外国人と”対面で”話す度胸がつく
  • ・ジェスチャーや空気感で意思が伝えられる

英会話をやる目的は人それぞれですが、結局のところ「直接、外国人と対面で話ができるようになりたい」という人が大半だと思います。

ビジネスでも海外旅行でも、外国人と直接会話をするのは楽しいし、「自分、いま英語を話してるんだな…!」という満足感も得やすいですよね。

そういった観点でいうと、教室型の英会話スクールは外国人と”直接対面で話す”という経験ができるメリットがあります。

また、オンライン英会話だと画面に映る情報でしか表情やジェスチャーが読み取れません。

しかし、教室で対面していれば、その場の空気感がダイレクトに感じられるので、意思疎通もしやすくなります。

という感じで、教室型の英会話にもメリットはありますが「オンライン英会話を超えるほどのメリットがあるか?」と問われると、答えはNOです。

やはり費用が高すぎるし、準備や移動に時間がかかるのもデメリットが大きいと僕は思います。

英会話ができるようになる、効果的な勉強法

文章を書く能力が身につく

「オンライン英会話で十分」ということはおわかりいただけたと思います。

ただ、誤解してほしくないのは「オンライン英会話”だけ”で十分」というわけではないということです。

オンライン英会話だけをむやみに受講していても、あまり英語力は伸びません。単語だけで会話する力は伸びるかもしれませんが、それでは意思疎通に限界があります。

英会話ができるようになるには、オンライン英会話をやりつつ、並行して自習を進める必要があります。

「英会話レッスンはいいけど、勉強はいやだな〜」という人も多いと思いますが、最短で英語が話せるようになるためには避けられない道です。

というよりも、むしろ自習に取り組んだほうが英会話がノンストレスで楽しくなるので、結局のところ負荷の総和は小さくなると思います。

さて、肝心の勉強法ですが、僕がおすすめするのは「瞬間英作文」です。

英会話ができるようになりたければ、とにかく瞬間英作文だけを反復してやりましょう。他の勉強は必要ありません。コレだけでOKです。

英作文と英会話の関係性については以下の記事でもくわしく書いているのですが、英作文の力は英会話に直結する密接なものです。

【超密接】英会話と英作文の関係は切っても切れない。英作文の反復が英会話力を伸ばす

非ネイティブが英語を話そうとするとき、最初のうちは基本的に【母語→英語】という順番で文を作ることになります。日本人でいえば【日本語→英語】ですね。

つまり、まずは日本語で言いたいことを頭に思い浮かべて、それを英語に訳すという作業が必ず発生します。

ですから、【日本語→英語】の流れを円滑にすすめることができれば、英語の文がスムーズに作れるようになるので、結果的に言いたいことが英語でスラスラ言えるようになるのです。

瞬間英作文のトレーニングは、まさに【日本語→英語】の変換力を鍛えることができます。

最初のうちはむずかしく感じるかもしれませんが、反復して続けていくうちに英作文のスピードが上がっていくのを実感できます。

僕は瞬間英作文を何度も繰り返した結果、言いたいことが英語でスムーズに言えるようになりました。

オンライン英会話をフル活用する方法

最後に、初めての人向けにオンライン英会話をフル活用するための手順について紹介していきます。

以下の流れでレッスンを進めれば、効果を実感できるはずです。ここではDMM英会話を例にあげています。

  • オンライン英会話の活用フロー
  • ① まずはDMM英会話で無料レッスンを受講
  • ② 教材を選ぶ(おすすめは【デイリーニュース】)
  • ③ 講師を予約する
  • ④ レッスン本番の1時間前から予習開始
  • (教材をもとに、英作文のカンペを作っておく)
  • ⑤ レッスン開始。とにかくしゃべてみる(カンペ見てOK)
  • ⑥ レッスン直後の30分で復習

英会話レッスンで特に大事なのが、予習と復習です。

最低30分〜1時間の予習時間をとったほうが良いと思います。

この予習時間で、レッスン本番で何を言うか英作文をしておきます。英作文はノートに書いて、カンペを用意しておきましょう。カンペがあると、不安と緊張が軽減できます。

そして、レッスン後は間をあけずに即、復習しましょう。記憶が新しいうちに、レッスンで言えたこと&言えなかったことを復習しておきます。

ここで復習しておくと、言えたフレーズは自分の武器になりますし、言えなかったことや聞き取れなかったことは次回のレッスンの課題として役に立ちます。

記事のなかでもおすすめしていますが、最初はDMM英会話が良いと思います。

最初の2回は無料体験レッスンが受けられるので、まずは実際にレッスンを受けてみましょう。

▶ 無料でDMM英会話を試してみる

オンライン英会話
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

読書&英語学習ブログ【Readgram / リードグラム】を運営。銀行 → 書店員 → 出版社 → フリーランス。2017年、法人化。本のレビューや読み方・選び方、英語勉強法について発信しています。和書だけでなく洋書にも挑戦中。おかげさまで、当ブログは累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



Readgram / リードグラム