英語ライティングの超おすすめ本!!『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』

竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本 おすすめ英語教材・本

英会話の本に比べると、英語ライティングに特化した本は非常に少ないのが実情です。

多くの人がライティングよりも英会話のほうが必要なので、それは当然といえば当然かもしれません。

でも、英語で記事や論文を書いたりメールを送ったりする人にとって、英語ライティングの技術はどうしても必要になります。

数が少ない英語ライティングのなかで、わたしは10冊以上読んで最もおすすめできるのが『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』です。

受験用の英作文参考書だが、すべてのライティング学習者に

まずこの本は大学受験用の参考書という位置づけです。

そのため、本屋に行って語学書コーナーに行ってもおいてない可能性が高いです。ほとんどの本屋では大学受験用のテキストは別の売り場ですからね。

「こちとら良い大人なんだから、いまさら大学受験の参考書なんてクソでしょ」と思う人もいるでしょう。

しかし、この本は受験を想定しながらも、ネイティブに対して使っても違和感のない英作文を学ぶことができるんです。

だから、受験用の英語でライティングを勉強しても、実務で役に立たないという反論は通用しません。

その証拠に、この本のチェックには複数のアメリカ人、オーストラリア人、イギリス人が参加しています。

だから、受験用のテキストだからといって敬遠する必要はまったくないのです。

重要なことは、受験用だからといって避けるのではなく、受験用テキストならではの丁寧でわかりやすい解説をありがたく使わせてもらうことです。

なにが他の英作文の本とちがうのか?

さて、肝心であるこの本が持つ特徴(この本を選ぶ意味)について見ていきましょう。

結論からいうと、この本は「解説が丁寧」で「解答例が複数」あって、「こう書いてはダメ!」という事例が載っているところに素晴らしさがあります。

解説が丁寧で、いろいろな書き方が学べる

英語ライティングの本のなかには、模範解答だけを示して、ろくに解説してくれない本もあります。

それだとなぜ自分のこの書き方がダメなのか、なぜその解答例の英単語を使うのかといった細かい部分が理解できません。

その点、本書はこちらがミスしそうなポイントを想定したうえで、細かい文法解説を載せてくれます。

たとえば enough という単語の使い方について、明快でわかりやすい解説が以下のように書かれています。

英作文をしていて、「名詞と形容詞(副詞)ではenoughの語順が変わるの?」という疑問を持ったときにこの解説を読んで、非常にスッキリしました。

enoughが名詞を修飾する場合、名詞の前でも後ろでもよいが、(中略)enoughが形容詞や副詞を修飾する場合、必ず〈形容詞・副詞+ enough〉の語順になる

Our car is not big enough[ ✖ enough big ] for all of the suitcases.(「うちの車は、そのスーツケースが全部入るほど大きくない」)

英作文の答えはひとつじゃないから、解答例が複数あるのは嬉しい

英会話も同じですが、なにかを伝えるときの表現方法はひとつとは限りません。

わかりやすい例だと、たとえば「駅までの道を教えていただけませんか?」という聞き方も以下のように複数あります。

  • Could you tell me how to get to the station?
  • Would you tell me way to the station?

英作文をしていても、あなたが書いた英文と解答例が同じになるとは限りません。

もしあなたの書いた英文が仮に合っていたとしても、解答例が一つしかないと正解なのかどうかわかりませんよね。

それを踏まえて本書では、1つの問題に対して、解答が2つ以上用意されています。「こんな書き方もあるよ」ということが、明確にわかるわけです。

さらにいうと、文節ごとに解答例があって、その解答例が3つも4つも書かれていることがあります。
たとえば、以下の例題について見てみましょう。

世界には、生きていくのに十分な食物さえ買うことができずに、飢えのため死ぬ人々が何百万人もいます。

この問題に対して、まず「飢えのため死ぬ」という英文の解答例は以下のとおりです。

  • ・starve
  • ・are starving
  • ・die of hunger
  • ・are dying of hunger
  • ・「いま〜しつつあることを強調するなら進行形を用いる」
  • ・starveだけで「死ぬほど飢える」の意味だから、to deathはなくてもかまわない
  • ・また、be starvedという形は、アメリカ英語の口語で、「とても腹が減った」か、be starved of〜で「(愛・お金など)が不足している」の意味
  • ・die of hunger[starvation]の代わりに die from hunger[starvation] も使われることがある
  • ・die from〜ではおもに「〜」に「間接的原因」がくることが多く、「〜がもとで死ぬ」の感じ

いかがでしょうか。「飢えのため死ぬ」という表現ひとつのために、これだけの紙幅を割いて解説をしてくれるわけです。こんな丁寧なライティング本、なかなかお目にかかれません。

特に嬉しいのは、意味したい(強調したい)内容ごとに解説があることです。これは、自分で英作文をするときにも大いに参考になるでしょう。

日本人がやりがちな「こう書いてはダメ!」という誤答例がある

竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本の特徴
この本の最大の特徴といっていいかもしれませんが、誤答例まで記載されています。

これは、受験生の答案として典型的な誤答例だそうで、この誤答を見ることで自分の悪いクセや英文法の捉え方がわかるようになるはずです。

この本が向かない人は?

個人的には非常に強くおすすめしたい英作文の本ですが、向かない人がいるのも事実です。

  • ・ビジネスに特化したライティングを学びたい人
  • ・TOEIC550点以下の人
  • ・あっさりとした解説が好きな人

あくまでも内容は受験生向けなので、実際に大学が出題した文章が多くなっています。

そのため、ビジネスライティング(Eメールの書き方など)をこの本から学ぶことはむずかしいでしょう。

また、文法の解説があるといはいえ、初歩的な文法を理解していないとむずかしいと思います。

ちなみにわたしはTOEIC600点程度、Versant44点というスコアなので、中級レベルに含まれると思います。

構成がわかりやすく、使いやすい

竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本の目次
この本は、各章でなにを学ぶのかが明確でわかりやすいです。

たとえば第一章は以下のような内容となっています。

  • 【第一章 主語の決定】
  • 原則1、〜が増えている
  • 原則2、〜が少ない・少しある
  • 原則3、〜な人が多い・いる
  • 原則4、〜な人/者は
  • 原則5、「一般論」の主語
  • (以下略)

英語のライティングは、ある程度決まった型を覚えて、それを自分の英作文に生かしたほうが効率的です。

だから、ある程度の型(法則)みたいなものを習得したほうが早いし、負担が少ないわけです。

この本なら集中的に同じくくりで英作文の練習を行うので、効率的にライティング力が身につきます。

おすすめ英語教材・本英作文・ライティング
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

読書コーディネーター。1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む、無類の読書好き。書店と出版社での仕事を経験後、読書コーディネーターとしてWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー