【効果抜群】私がおすすめする英語ライティングの教材4選

【効果抜群】私がおすすめする英語ライティングの教材4選 おすすめ英語教材・本

英会話とちがって、英語ライティングはなかなか勉強がしづらいですよね。

というのも、自分が書いた英文が本当に正しいのか?という正解がわからない現実に向き合う必要があるからです。

大切なのはやはり教材(本)選びです。英語初心者と中級者では、当然選ぶべき本もちがいます。

ここでは英語ライティングの入門〜中級レベルの人におすすめしたい、教材をご紹介します。

念のためお伝えしておくと、わたしは現在TOEIC700点レベルです。一応、中級者レベルに分類されると思います。

これ1冊で十分かも。『英作文が面白いほど書ける本』

英語のライティング本はこれまでに10冊近く読んできましたが、一番おすすめできるのが『英作文が面白いほど書ける本』です。

この本は、大学受験の英作文対策用に作られた教材です。受験対策ではあるのですが、役に立たないいわゆる”受験英語”ではありません。

解説されている英文はいずれもネイティブの監修が入った実践的なものです。

本書が優れている点は、大きく分けて2つあります。

  • ①解答例が2〜3つ掲載されている
  • ②解説が丁寧でわかりやすい

①解答例が2〜3つ掲載されている

英語のライティングを独学でやるときに一番困るのが「自分の書いた英文が本当に正しいのかわからない」ということです。

英文の書き方はいろいろなパターンがあって、1つの日本語訳でもいろいろな書き方があります。

だから、解答例に載っている英文だけが正しいわけではなく、いろいろなパターンがあり得るわけです。

自分の書いた英文が解答例とちがっても、それが正しい可能性もありますよね。

解答例が1つしかないと、自分の英語が正しいのか判断がつかないのでモヤモヤします。

でも、本書は1つの問題に対して2〜3つの解答例があるので、さまざま書き方を知ることができます。

②解説が丁寧でわかりやすい

英語のライティングを独学するうえで、解説のない本は論外です。

しかし、実際に刊行されているライティング本で解説がわかりやすい本は本当に少ないです。

この本は、解説が非常にくわしく書かれていて1文(あるいはよく使うフレーズ)単位で小分けにして解説してくれます。

絶対に避けるべき【日本語訳 + 英文を書いて終わり】という本とは対極にあるわかりやすさと言えるでしょう。

本書の内容のくわしい紹介は以下の記事に書きました。

英語ライティングの超おすすめ本!!『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』
英作文や英語ライティングを身につけたいなら『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』がおすすめ。受験だけでなく、社会人のビジネスメールにもつながります。英語を書けるようになりたいならこの本で決まり。

超定番。初心者ならまずは『瞬間英作文』に取り組もう

英語学習において、超定番かつロングセラーとなっているのが『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』です。

この本は、ページ左側に日本語、右側に英語という構成でつくられています。

瞬間英作文

瞬間英作文2

使い方はシンプルで、左ページの日本語を使って英作文をするだけ。わからないところはどんどん答えを見てしまってOK。

大切なのは、瞬間的に英作文ができる”回路”をつくることです。

どんなに頭でわかっていても、いざ英文をアウトプットするのに時間がかかってしまうのは良くありません。

英会話も英語ライティングも、やはり反射的に文章をつくれることが大切です。

わたしはTOEICが480点くらいのときに瞬間英作文を読み始めました。

最初は文法がわからないところもあったのですが、本書の説明にもあるとおり「わからなかったら答えをスグ見てしまってOK」という教えを守りました。

わたしはこの本をかなり読み込みました。

本書を何度も繰り返すうちに、英語を書くスピードが上がったといいますか、文章の組み立てがすごくスピーディになりました。英会話もラクになった感覚があります。

問題と回答が見開きで読めるので、読みやすいのも本書のウリですね。

いろんな英語教材に浮気するけど、結局は瞬間英作文が最高っていう話
英会話のトライズをやめてからしばらく経ちました。 退会後、2週間くらいは同じペースで学習を続けてこれたのですが、時...

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

ちょっと本格的に英文ライティングをはじめるなら『こなれた英文を書く技術』

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を3周くらい読み終えたら、次は少しステップアップしましょう。

英語ライティングで大切なのは、やはりアウトプットです。本を読んでいるだけでは身につきません。

やはり、実際に英文を書いて、体で感覚的に書けるようにする必要があります。

そこでおすすめなのが、『こなれた英文を書く技術』という本。

英語ライティングにはこなれた英作文を書く技術
この本が良いところはまずレイアウトです。さきほど紹介した瞬間英作文と同じで、ページ左が日本語、右が英語という構成になっています。

まずは日本語を見て英語で文章を書いてみる。そして、すぐに答えを確認するという作業がスムーズにできるので気に入っています。

あと、理屈や単語の使い方(文章のどこに入れればいいか?)を具体的に説明してくれるので理解が進みます。

たとえば、「yet」という単語。これを本書では以下のように解説しています。

一見、「もう」「まだ」「それまで」と三つも意味があって、ずいぶん複雑な単語に思えるyet。でも、根っこが「その現時点までに」という感覚であることをしっかりつかんでおけば、怖いことはありません。

このように、感覚を大切にして解説しているので、理解しやすく、実際のライティングにも活かしやすくなります。

ただし、まったくの英語初心者にはおすすめできない本です。細かい文法の説明はないので、最低限の文法理解は求められます。

「少しだけレベルアップした英語ライティングを勉強してみたいな」という人にはぴったりの教材です。おすすめの目安はTOEIC550〜650点くらいでしょうか。

わたしは、海外向けのブログを英語で書くために、パソコンのテキストエディターを使って本書で英作文を続けています。

「英語はノートに書いたほうが覚えられる」とよく言いますが、わたしはパソコンでの英語ライティングスキルも身につけたいので、キーボードでガシガシと英文を作っています。

増補全面改訂 こなれた英文を書く技術

「about」「around」「approximately」てどう違うの?という人に

 

この本は、単語の使い分けについてくわしく解説した本です。

英単語には同じ意味を持つものが複数存在します。たとえば「約」を意味するabout。じつはabout以外にも「around」「approximately」という「約」を意味する単語があります。

英語のライティングをするときに、どれ使えばいいの?と迷うことがある人におすすめです。

応用的な内容ですので、より正確な英語ライティング技術を身に付けたい人が読むべき本といえるでしょう。

ネイティブが教える 英語の語法とライティング

英作文の添削をしてもらいたい人はidiyがおすすめ

英作文の添削をしてもらいたい人はidiyがおすすめ

いくら独学で上達できるとはいっても、やはり自分の書いた英文が正しいか添削してもらいたくなりますよね。

英会話とちがって、英語ライティングの添削サービスは選択肢が多くありません。

わたしが実際に使ってみて、おすすめできるのはidiy(アイディー)という英語添削サービスです。

以下の記事でもくわしく紹介しているので気になる人は読んでみてください。

英語添削「idiy(アイディー)」で30日間英作文を添削してもらった
英会話を学ぶための方法は非常にたくさんあります。英会話教室はもちろん、などのオンラインもありますし、選択肢は豊富ですよ...

有料ですが、一回あたりの添削料金は166円〜と格安です。1ヶ月添削放題という「定期券プラン」もあるので、継続的に英文添削をしたい人にもおすすめです。

わたしも英語ライティングを習慣にするために毎日1課題ずつ進めています(現在2ヶ月目に突入)。

おすすめ英語教材・本英作文・ライティング
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「毎日の洋書」代表。読みやすい洋書や英語勉強法を紹介する記事を書いています。分厚い洋書を読むことを目標に、毎日英語を多読中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、業界についてのニュースも豊富に扱っています。株式会社ミシェルベース代表取締役。抹茶アイスが好きです。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー