【expensive と high の使い分け】「〜が高い」は expensive だが、主語が price のときは high を使う

形容詞

「なにかの商品が高い or 安い」と表現するとき、expensivecheap を使うのが一般的です。
エクスペンシブやチープという表現は日本語でも使われることが多いですよね。
たしかに、expensive や cheap は 「高い」「安い」という意味で使われますが、英語だと主語によっては expensive や cheap を使うと誤りになることがあります。
それは、主語が price のときです。
くわしい説明のまえに、実際の例文を見てもらったほうが早いかもしれません。

  • 家の価格はとても高い。
  • The prices of houses are so high.
  • ❌The prices of houses are so expensive.

途中まではどちらも同じです。ちがいは high と expensive です。
expensive や cheap には、すでに「価格」の意味が含まれているので、price が主語のときに使ってしまうと意味が重複してしまうわけです。
とはいえ、価格の話をするときに expensive や cheap を使いたくなる場面は多いと思います。その場合には、主語を変えればOKです。

  • 家の価格はとても高い。
  • ⭕Houses are so expensive.

ちなみに、 price 以外にも high や low を使うべき単語はいくつかあります。
たとえば以下のような単語が主語に来るときは、expensive や cheap ではなく、high low を使いましょう。

  • high か low を使うべき単語
  • salary 給料
  • wage 賃金
  • strong>income 収入
  • strong>tax 税金
形容詞英文法
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー