【expensive と high の使い分け】「〜が高い」は expensive だが、主語が price のときは high を使う

英文法・英語フレーズ

「なにかの商品が高い or 安い」と表現するとき、expensivecheap を使うのが一般的です。
エクスペンシブやチープという表現は日本語でも使われることが多いですよね。
たしかに、expensive や cheap は 「高い」「安い」という意味で使われますが、英語だと主語によっては expensive や cheap を使うと誤りになることがあります。
それは、主語が price のときです。
くわしい説明のまえに、実際の例文を見てもらったほうが早いかもしれません。

  • 家の価格はとても高い。
  • The prices of houses are so high.
  • ❌The prices of houses are so expensive.

途中まではどちらも同じです。ちがいは high と expensive です。
expensive や cheap には、すでに「価格」の意味が含まれているので、price が主語のときに使ってしまうと意味が重複してしまうわけです。
とはいえ、価格の話をするときに expensive や cheap を使いたくなる場面は多いと思います。その場合には、主語を変えればOKです。

  • 家の価格はとても高い。
  • ⭕Houses are so expensive.

ちなみに、 price 以外にも high や low を使うべき単語はいくつかあります。
たとえば以下のような単語が主語に来るときは、expensive や cheap ではなく、high low を使いましょう。

  • high か low を使うべき単語
  • salary 給料
  • wage 賃金
  • strong>income 収入
  • strong>tax 税金

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

英文法・英語フレーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。毎日、英語の勉強してます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB