「fail = 失敗する」は間違い?たった1つの訳し方で fail の意味と使い方は最速で理解できる

「fail = 失敗する」は間違い?fail の意味と使い方を最速で理解する、たった1つの訳し方英文法・英語フレーズ

こんにちは、あゆむです。

fail という英単語には「失敗する」「(試験などに)落ちる」といった意味があります。

また、fail to do という不定詞の形になると「〜をしない、怠る」という意味にもなったりします。

訳し方がいろいろあるので混同しやすいのですが、じつは fail の意味をたった1つのシンプルな捉え方で訳していけば、迷うことはありません。

fail はすべて「〜できない」で訳せばOK

結論からお伝えすると、fail という動詞はすべて「〜できない」と訳せばOKです。

最初に説明したとおり、fail は文脈や文の形によって細かい意味は変化します。

ただ、どんな文であっても「〜できない」という”イメージの核”さえおさえておけば、意味は必ず取れます。

例文でくわしくみていきましょう。

「失敗する」=「上手くできない」

まずは「失敗する」という意味で使われる fail について見ていきます。

fail at Afail in A という形をとると【A(という行為や試み)に失敗する】という意味になります。

  • I have tried and failed at every diet.
  • いろんなダイエットをしてみたけど、ことごとく失敗した。

この文ではダイエットに”失敗した”と訳すのが自然です。

しかし、「ダイエットに失敗した=ダイエットが上手くできなかった」と訳しても意味は十分わかりますよね。

ですから、文法や文脈に合わせて fail を訳し分ける必要はなく、「fail = できない」というイメージさえおさえておけば問題ないことがわかります。

「試験に落ちる」=「合格できない」

fail には「(試験に)落ちる、不合格になる」という意味もあります。

  • “Did you pass the exam?”
  • “No, I faild.”
  • 「試験、合格した?」
  • 「いや、不合格だった」

個人的な感覚ですが、fail という単語は「試験で不合格になる」というイメージが1番強いので、この文は多くの人が自然に訳せるのではないかと思っています。

とはいえ、ここでも fail を「不合格になる」と訳し分ける必要はありません。なぜなら「(合格)できない」という訳で十分意味がわかるからです。

ですから、ここでも fail は「できない」というイメージさえ理解できていればOKというわけです。

「〜しない、怠る」=「できない」

fail は単体で使われるときに「失敗する」などの意味を持ちますが、to不定詞を伴って fail to do という形になると「〜しない、怠る」という意味になります。

  • fail to do
  • ▶ 〜しない、怠る

しかし、実際のところ「〜しない、怠る」というのも、結局は「〜できない」という意味になりますよね。

もちろん、厳密には意味が違うわけですが、文の大意を理解するうえでは「〜できない」という訳で十分なはずです。

  • Scientists have failed to find a cure for the disease.
  • 科学者はまだその病気の治療法を発見できていない。

【failed to do という不定詞の形になると、訳し方が変わる】という文法知識を知らなくても、「fail = できない」というイメージさえわかっていれば「発見できない」というニュアンスはつかめるはずです。

fail に限らず、英単語には「その単語が持つ中心的なイメージを理解しておけばだいたい意味が取れる」というものがたくさんあります。

単語を覚えるときは、日本語訳で覚えるだけではなく「単語が持つイメージ」も一緒にインプットしておくようにしたいですね。

圧倒的なコスパで英会話レッスンを受ける

ネットで交流
英会話レッスンは必ずオンラインで受けるようにしています。その理由は、料金が断然安いからです。

たとえばDMM英会話の場合、月額6,480円で毎日レッスンが受けられます。1レッスンあたり約200円ですから、非常にお得です。

レッスンの質も高いですし、教材も豊富なので、これから英会話を始めたい人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

【2回分のレッスン無料】
DMM英会話を試してみる ▶
 

英文法・英語フレーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

英語学習と読書について発信しています。銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。ビジネス書を読むことが多いです。英会話学習と洋書多読も継続中。おかげさまで、当ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



コトビー / KOTB