「読みたい本がない…」→ おもしろい本がスグに見つかるオススメの探し方5選

「読みたい本がない…」おもしろい本がスグに見つかるオススメの探し方 本の選び方

本を読みたいのに、自分的にグッとくる本が見つからないときってありますよね。

僕は週4〜5で本屋に行ってるんですけど、それでも「これは面白そうだ…!」と本気で思える本にはなかなか出会えません。

そんなときは意図的に面白いと思える本に出会うための”旅”に出るのがおすすめ。

というわけで、読みたいと思える本をスグに見つける方法をご紹介します。

① 本屋のランキング or 売れ筋コーナーに注目する

有名な本屋の「本店所在地」をまとめてみた①【書店チェーンの本店5選】

まずは王道の「本屋で探す」という方法です。僕は本屋で読みたい本を見つけるパターンが1番多いです、結局。

本屋に通いまくってると、不思議なもんで自分がいま欲しているジャンル(いま解決したいこと)の棚へと無意識に足が向かっていることがあるんですよね。すごい。

ただ、欲しい本が見つからないときはそんな無意識も働きませんから、意識的に面白い本を見つけに行く必要があります。

そんなとき役に立つのがランキングコーナーや売れ筋書が並んでいる棚をチェックすることです。

たいていはベストセラーが並んでいますが、関連書などが並んでいることも多いため、面白い本が見つかる可能性が高いです。

一つ注意したいのは、本屋の一等地(店内の良い場所)は出版社がお金を払って「売り場を買っている場合がある」ということ。

つまり、まだ世間的な評価がわからないけども「この本、面白いです!」的な顔をして本屋に並ぶ本もたくさんあるわけです。それを見分けるのはハッキリ言ってむずかしいんですけどね…。

ただ、【お金をかけてでも売り出したい=出版社が全力で売り出している本】という図式も成り立つので、面白い本である可能性は高いです。

本屋ではランキングや売れ筋書のコーナーをチェックしてみよう

② Amazon「本」ジャンルのトップページを見てみる

本屋に行く時間がない人は、Amazonで面白い本をさがしてみましょう。

僕がおすすめしたいのは、Amazonの「本」ジャンルのトップページを見てみる方法です。

Amazonでなにかを買うときって、だいたい商品を検索してその商品ページに直接飛ぶことが多いですよね。

そうではなくて、意図的に「本」ジャンルのトップページを開いてみてください。

そうするといま話題の本だとか、売れている本がピックアップされているのがわかります。

Amazonの本ジャンル

このチョイスは本屋とかぶっていることもありますが、Amazonならではの選書が見られることも多いので新しい発見があります。

Amazonで売れている本のランキングを見ることもできますから、手っ取り早く面白い本を見つけることができるはずです。

「ふだんAmazonを使ってないんだけど…」という人は楽天でも同じです。あるいは、メルカリで

Amazonの「本」ジャンルのトップページを見てみよう

③ 書評サイトを見る(読書の中級者向け)

好書好日

画像:book.asahi.com

新聞社や出版社が運営している書評サイトをチェックしてみるのもおすすめです。

たとえば朝日新聞の「好書好日」、新潮社の「ブックバン」などがあります。

有名な著者やジャーナリストなど、知識豊富な人が紹介している本は「ハズレ」が少ないので狙い目。

ただし、依頼されて書評を書くケースも多いため「本気でこの本を面白いと思って紹介しているのか」については、書評の文章を読んで見極めるしかありません。

また、書評サイトで紹介されている本はむずかしい本が多いため、読書初心者には向きません。

書評サイトをチェックしてみよう(中級者向け)

④ 読書系YouTuberの動画をチェックしてみる

コトビーのYou Tube

コトビーでもYou Tubeやってます

You Tubeには本に特化したチャンネルを持つYouTuberも多く、面白い本が見つかる可能性大です。

お気に入りのYouTuberを見つけて、その人がおすすめする本をひたすらチェックしてみるというのもアリです。

有名なのは文学YouTuberベル【ベルりんの壁】メンタリスト・DaiGoさんのチャンネルですかね。僕も時折チェックしては面白い本探しに活用させてもらってます。

お気に入りの読書系YouTubeをさがしてみる
コトビーのYou Tubeはコチラ(チャンネル登録お待ちしております💁)

⑤ 好きな本のなかで紹介されている本を読んでみる

【書評】ファクトフルネスで思い込みを消す

今まで自分が読んだ本のなかで本が紹介されていることはなかったでしょうか?

僕は面白いと思った本のなかで紹介されている本は、ほぼ100%読むようにしています。

実際、それで読書体験が信じられないくらい広がったからです。

原体験は中学2年生のときでした。

人生で初めてちゃんと読破した『青の炎』(貴志祐介著)のなかで、「心理試験」(江戸川乱歩著)や『罪と罰』(ドストエフスキー著)が紹介されていて、それを読んだことで倒叙推理小説が大好きになりました。

こんな感じで小説でも読書の連鎖は起こりますし、実用書や人文科学書でも同じことが言えます。

もしいま、面白い本が見つからないという人は「過去に読んだ面白い本のなかで紹介されている本」をチェックしてみましょう。

要するに、過去の読書を振り返ってみることで新しい本との出会いが生まれるということです。

過去に読んだ面白い本のなかで取り上げられた本を読んでみる
本の選び方 読書
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー